佐野秀光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さの ひでみつ
佐野秀光
生誕 (1970-09-30) 1970年9月30日(47歳)
日本の旗東京都大田区
出身校 日本大学経済学部卒業
職業 実業家政治活動家
公式サイト 佐野秀光の日常
第24回参院選で使用された選挙運動車。助手席で演説しているのが佐野秀光である。
2016年7月9日東京都渋谷区にて)

佐野 秀光(さの ひでみつ、1970年9月30日 - )は、日本実業家政治活動家株式会社情報通信ネットワーク(JTN)グループ代表、政治団体「支持政党なし」及び「安楽死党」代表。漫画でわかりやすく自身の政治理念を表現している[1]

来歴[編集]

政治家になるための活動資金の確保を目的として実業家を志す[2]1989年日本大学在学中に同附属高校生向け家庭教師派遣会社「日統一ゼミナール」を設立。学生時代は選挙のノウハウを得るために自民党学生部にいたが、本人は「(自分は)自民党の支持者でもなんでもない」「(自分は)保守でも革新でもない」と述べている[3]1991年3月、自身を代表取締役とする株式会社情報通信ネットワークを設立[4]2008年8月、自身のダイエット体験に基づく著書を発表[5][6][7]

2009年6月、「どうせ自殺するなら臓器提供を」をキャッチフレーズとした[8]政治団体「新党本質」を結成。第45回衆議院議員総選挙比例北海道ブロック[9]に義母の本藤昭子[10]とともに立候補し落選。2010年第22回参議院議員通常選挙東京都選挙区から立候補し落選。

2012年11月、安楽死制度を創設することにより、臓器提供や自殺防止に繋がり、国民の将来への不安を軽減すると主張する「安楽死党」に政治団体の名称を変更[11]第46回衆議院議員総選挙東京4区から立候補し落選。

2013年7月、政策を持たず個別の議案ごとにインターネット投票に基づく結果を議決権として行使することで直接民主制による民意を国政に反映させると主張する政治団体「支持政党なし[12]を結成。第47回衆議院議員総選挙で再び比例北海道ブロックに本藤昭子[13]ともども立候補し落選。

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙比例区から本藤昭子ともども立候補したが、選挙区に出馬した8名を含む、支持なし公認候補は10人全員落選。しかし一部報道では支持政党なしの代表の佐野に当確を出したところもあり報道各社も佐野の事務所に詰めかけ中継をしている。多数の電報や花が開票日翌日には佐野の事務所に届いている。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙で比例東京ブロックに他3人とともに立候補をし落選。しかし政党要件のない政治団体ながら政党要件のある政党の得票を上回る事からマスコミ各社は開票日には佐野の所属する支持政党なしの本部には各社が詰めかけ開票状況を見守る佐野を中継している。

選挙結果[編集]

いずれの国政選挙においても落選しており、供託金は没収されている。

投票日 選挙内容 政治団体 候補者 得票数 得票率 順位
2009年8月30日 第45回衆議院議員総選挙比例北海道ブロック 新党本質 佐野秀光、本藤昭子 7,399票 0.2% 候補を擁立した8党中最下位
2010年7月11日 第22回参議院議員通常選挙東京都選挙区 新党本質 佐野秀光 3,662票 0.1% 立候補者24人中21位
2012年12月16日 第46回衆議院議員総選挙東京都第4区 安楽死党 佐野秀光 2,603票 1.1% 立候補者6人中最下位
2014年12月14日 第47回衆議院議員総選挙比例北海道ブロック 支持政党なし 佐野秀光、本藤昭子 104,854票 4.2% 候補を擁立した9党中6位
2016年7月10日 第24回参議院議員通常選挙比例区 支持政党なし 佐野秀光、本藤昭子 646,393票
[14]
1.2% 候補を擁立した12党中8位
2017年10月22日 第48回衆議院議員総選挙比例東京ブロック 支持政党なし 佐野秀光、本藤昭子
中村治、大槻文彦
125,019票 2.1% 候補を擁立した10党中7位

闘病[編集]

佐野が、安楽死を実現させるための活動に立ち上がったきっかけは、深刻な病魔に襲われたことだった。

1型糖尿病患者であり、最低でも一日3回はインスリンを注射しなければならない。血糖測定は一日5~6回行っていた。それらは自己管理ノートに記録している。合併症で最も危険なのは、網膜症による失明であり、次が腎疾患である。足を切断したり、人工透析をしなければならなくなる可能性もある。幼少期に発病し、毎日どこかに転移する可能性があり、決して良くなることはない。そのことを持って佐野は、正に「爆弾付きの不治の病」と表現している。また、2型糖尿病と違って生活習慣は関係ないのに、贅沢病と誤解されかねないという。

東日本大震災の時は、入院しており、手術が翌日に控えていた。目の手術中に再び地震が起きはしないか不安だったという。

2015年12月には、病院で膵臓移植の相談をしている。

2016年の参院選前後には、ばね指になってしまった。原因は不明だが、佐野と同じ持病を抱えている者に多いという。左手の薬指だけ曲がっているので、間違ったキーを押してしまうこともある。そのせいかブログには誤字脱字がままある。5年前に患った際にはバネ指リングというものを購入。これで不思議と完治したが、佐野曰く医学的根拠はないという。

2016年9月には、24時間血糖値を測定するため針を体内に埋め込まないといけなくなった。ジムに通っている間もトレーニング中もシャワーを浴びる際も邪魔になる。今後はこれと似たようなものを長期間装着しなければならない。針が体内にずっと入っているのが一番嫌だという。

安楽死党を糖尿病党に変えようかと考えていたこともある。

他党・政治家との関係[編集]

  • 元都議会議員の中谷祐二(練馬区選出、健康上の都合を理由に一期で引退)は、佐野の情報通信ネットワーク社に勤務していたことがあり、その頃から持ち前の明るさで周囲を楽しませていたという。都議に当選後、新党本質の事務所を訪れ、和やかな雰囲気の中、佐野とお互いの選挙活動について話をした。
  • 衆議院議員の松原仁には何度か献金もしている[15][16][17]
  • 日本未来の党東京3区支部長で、松原の公設第一秘書だったこともある池田剛久は、2016年の参院選で佐野陣営に深く関与していた。しかし、同じく旧未来の党に所属していた元衆議院議員の三宅雪子は、何度も佐野を小バカにしており[18]、池田が支持なしの広報マンを買って出ていることにも疑問を投げかけた。池田はそれに答える形で自身の立場を説明[19]。なお三宅は、金曜アンテナにルポを書いたり、ツイキャスでも支持なしに言及したりしていた。
  • 参議院議員の有田芳生は、公営掲示板に「支持なし」のポスターがズラリと並んでいたことについて、選管は機敏に対応すべきと主張。これに対し佐野は、名誉を毀損していないかと問い質し、返答を求めた[20]
  • 友人で元船橋市議の立花孝志に誘われ、作家の大下英治が主催する会合に出席したこともある。これには衆議院議員の野間健や、武道総本庁総裁の朝堂院大覚も参加していたという。
  • 選挙 (映画)で知られる山内和彦とも意気投合し、山さんの選挙ウォッチ第6回に出演している。
  • 好きな政治家は、叩き上げの田中角栄浜田幸一亀井静香小泉純一郎のブレない姿勢も高く評価し、日本共産党については筋が通っていることもある[21]と認めていた。
  • 参院比例で最下位だった園田修光の当選が無効となれば、自民党が一議席減る[22]ことになる。そのため、野党に協力を求めた。

橋下・小池百合子などに対する批判[編集]

  • 橋下徹については、「余りに横暴すぎ」、「あの鼻をへし折りたい」、「上から目線で言うのが嫌」、「彼は瞬間湯沸かし器」、「ロクな事はない」などと厳しく批判している[23]
  • 長島昭久に対しても批判的である[24]
  • 都民ファーストの会と小池百合子に対しては、「このオバサンは本当にどうしようもない」「決められない知事の代表で今まで私が見てきた政治家の中で最悪」「どちらにも良い顔をしようとしているのがミエミエ」「都民ファーストの会が議席を取ることが腹立たしい」「バカな代表に、政策無く風に任せて都議会議員になりたい輩の集団で本当に嫌」「小池のババアの会見を見ていて怒りが治まりません」「このババアと付いていく都民ファーストの候補者の将来にロクな事がない事を祈る」[25]などと厳しく批判している。

安楽死・直接民主制以外の主張[編集]

  • 自公政権、特にテロ等準備罪を厳しく批判している。
  • 庶民にとってはデフレのほうが望ましいのではないかという。
  • 公共事業を増やすことで、景気回復を図るべきだという。
  • 消費税の軽減税率には反対で、上げたり下げたりするほうが、先を見越した投資や駆け込み需要を喚起させる効果があるのではないかという。
  • 遺産相続をなくせば、生前に使い切ってしまうだろうから、景気回復につながるのではないかという。
  • 法人税こそ累進課税にすべきであり、また東京から離れれば離れる程、税率を安くすれば、企業が地方に分散されて一極集中が是正されるのではないかという。
  • 同一労働同一賃金になれば、企業は安いほうに合わせるだろうから、結果として賃金水準が下がってしまうのではないかという。
  • 医師は公務員とし、医療保険の自己負担割合は一律にせず収入・貯蓄に応じて決定し、低所得者は無料にすべきという。
  • 公務員には、その職務遂行の中で無駄な支出を削減出来たなら、その削減額に応じた年俸を支給すべきという。
  • 水害に備えて、防波堤より低コスト(1500円前後)のライフジャケットを家庭・職場・公共施設・街角に置き、電信柱にもぶら下げておくべき。企業の広告を入れれば予算をかけずに、命を救えるのではないかという。
  • 仮設住宅を壊してしまうのはもったいないので、トレーラーハウスを作ったほうがよいという。
  • 義援金を拠出したとしたら全額経費として認めたうえで、翌期はそれに相当する額を利益計算から外すことを可能にすればよいという。
  • 専用の部屋や車や警備などの費用もかかり過ぎるので、復興担当大臣は置かなくてよいという。
  • オリンピックは東京で開催するより、東北の被災地や貧しい国で行うほうがよいという。
  • パラリンピックもオリンピックと一緒に行い、競技に「障害者級」と名付け、電車の優先席のように障がい者を優先させたほうがよいという。
  • 高速道路無料化には反対で、通行する人だけに料金を負担してもらうほうがよいという。
  • 安保関連法に反対する動きについては(安全保障上の危機を高めている)中国に抗議するのが先、戦いになってしまったとしたら親が行くべきであるという。
  • 北朝鮮情勢の悪化については、なるだけ戦争は避けるべきであるという。
  • 国内総生産(GDP)は、政府がどうにかしなければならないものというより、世の流れの結果が現れている数値だという。
  • 毎日13人ほど交通事故で亡くなっていても、話題性がなければあまり報道されないため、政府が死亡事故や殺人事件専門のニュースサイトを運営すべきという。
  • 国会議員の定数削減を言うなら、補欠選挙はやらなければいいという。
  • 国や自治体が仕事を発注したり引き受けたりする場合は、大臣や知事が個人保証するようにすれば、責任を持って運営するようになるのではないかという。
  • 自民党・宮崎議員の育休取得については批判的で、子供は生まれたばかりで父親に仕事を休んでもらいたいとは思わないだろうと指摘。
  • 都議会議員の報酬を削減するより、報酬の20%を都内の企業や飲食店で使うようにして還元したほうが良いという。
  • 偽証罪になるかもしれない証人喚問より、無礼講委員会を設置すべき。証言したことは全て水に流すかわりに、そこで話さないと罪に問われるような仕組みにすれば真相解明に近づくという。

アンケート[編集]

新党本質時代にもアンケートを実施していた。主なものは以下のとおり。カッコ内の日付は実施期間。

  • 「(選択的)夫婦別姓」と「嫡出子と非嫡出子の相続平等化」について、どう思うか(2009年11月17日~2009年12月9日)
  • 年金制度は破綻したら、詐欺と言われても仕方ないが、どうしたらよいか(2009年10月12日~2009年10月18日)
  • 「警察官・消防官・救急隊員の待遇引き上げ」について、どう思うか(2009年9月27日~2009年10月11日) 

著書[編集]

  • 『日本初!好きなお酒でヤセられる ガマンしないダイエット』青萠堂、2008年。ISBN 978-4-921192-55-6

脚注[編集]

  1. ^ 生きるも死ぬも自分で決めれる
  2. ^ 「衆院選出馬で話題集中『新党本質』代表 佐野 秀光さん」『北方ジャーナル』2009年10月号、120-125頁。
  3. ^ 供託金3千万円ドブに捨てても勝算あり 「支持政党なし」あくなき野望
  4. ^ 日本初! こだわり企業の挑戦! 株式会社 情報通信ネットワーク」 情報通信ネットワーク
  5. ^ 「著書」参照。二日酔いによって朝昼の食事を抜くことを中心とするもの。これを半年間続けることで100kg以上あった体重の40kg減量に成功したとしている。
  6. ^ ザ!世界仰天ニュース【秋のビューティー祭り直前SP】番組概要ページ
  7. ^ 日本初!好きなお酒でヤセられる「日本初!」ビジネスクリエイター 佐野秀光 著
  8. ^ 『新党本質』→『安楽死党』→『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常 2014年12月04日
  9. ^ 『北方ジャーナル』掲載のインタビュー記事において佐野は、地元ではない北海道から立候補した理由として、新しい主張を受け入れてもらいやすい土地柄であると考えたこと、仕事の上で支店のある札幌市に行く機会が多いこと、定数が少ないため二人だけで比例区に出馬できることをあげている。
  10. ^ 同年8月時点で佐野は本藤について「母は末期がんに冒されて積極的な安楽死を望む身」と語っている。ど派手改造車でユニーク選挙戦「新党本質」を直撃! ZAKZAK 2009年8月27日
  11. ^ 大川豊は現代における「注目すべきインディーズ政党」の一つとして、佐野の安楽死党をあげている。
    大川総裁が注目するインディーズ政党「安楽死党」 日刊SPA! 2012年12月13日
  12. ^ その特異な名称からTwitter上で話題となった。
    ツイッターで話題 謎の政党「支持政党なし」って…政策一切なしスポニチアネックス 2014年12月10日
    「支持政党なし」という名の政党が登場 比例北海道から出馬、特徴は「政策なし」 Jcastニュース 2014年12月10日
  13. ^ 同年12月時点で佐野は本藤について「確かに以前はガンを患っておりましたが、末期ガンではありません。今は治療をして普通に暮らしております」と語っている。『新党本質』→『安楽死党』→『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常 2014年12月04日
  14. ^ 佐野の得票数は31,107票
  15. ^ 収支報告書平成26年分開催分
  16. ^ 収支報告書平成25年分開催分
  17. ^ 収支報告書平成24年分開催分
  18. ^ 受け皿でないでしょ(失笑)発案者は、ベンチャーの成功者にでもなったと勘違いしているようだ。政党「支持政党なし」。認めた北海道の選管は何を考えているんだか
  19. ^ これといった立場はございません。大田区に居を構える佐野代表は以前からの知己ですが、それ以上に「支持政党なし」そのものが素晴らしい
  20. ^ ポスターがズラリと貼られていて、「選管に機敏に対応すべき」とはどういう事ですか?違法だという事ですか?人の名誉を毀損していませんか?返答願います
  21. ^ 『新党本質』⇒『安楽死党』⇒『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常
  22. ^ 『新党本質』⇒『安楽死党』⇒『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常
  23. ^ 『新党本質』⇒『安楽死党』⇒『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常
  24. ^ 『新党本質』⇒『安楽死党』⇒『支持政党なし』代表 佐野秀光の日常
  25. ^ このババアが頭に来る

関連項目[編集]