会津若松 - 新潟線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
会津若松 - 新潟線(会津乗合自動車)
会津若松 - 新潟線(会津乗合自動車)
会津若松 - 新潟線(新潟交通)
会津若松 - 新潟線(新潟交通)

会津若松 - 新潟線(あいづわかまつ - にいがたせん)は、福島県会津若松市新潟県新潟市を結ぶ高速バス路線。

当項目では、同路線と福島県耶麻郡西会津町までほぼ同一の経路を運行する会津若松 - 野沢線(あいづわかまつ - のざわせん)についても併せて掲載する。

概要[編集]

新潟県・県外高速バス路線図。右側の橙色の路線が本路線である。

新潟線は、磐越自動車道が全線開通した1997年10月、4往復で運行を開始した。新潟市を発着する県外線高速バスで唯一、運賃精算時に新潟県内高速バス共通カードが使用できる。また先着順の座席定員制で、事前予約は不要である。

野沢線は2004年、2往復で運行を開始した。数年前に廃止された国道49号経由の一般路線バスを補完する形で開設されたものである(なお、前掲の高速バスカードは使用できない)。

運行会社[編集]

停車停留所[編集]

▼…会津若松発は乗車のみ、野沢・新潟発は降車のみ扱い
▲…新潟・野沢発は乗車のみ、会津若松発は降車のみ扱い
◆・▽…西会津インター前:新潟線は両方面とも乗降可能、野沢線は会津若松発のみ停車、降車のみ扱い
∥…通過または他経路経由
#…休憩停車を行うパーキングエリア
停車停留所
休憩箇所
所在地 新潟線 野沢線 備考
竹田病院 福島県 会津若松市  
米代二丁目  
鶴ヶ城・合同庁舎前  
三の丁  
神明通り  
会津若松駅 会津若松発は駅前バスターミナル発
北柳原  
山見町  
郷の原  
会津アピオ入口  
磐越道 西会津インター前 耶麻郡西会津町 野沢線は会津若松発のみ停車、降車のみ扱い
(野沢発は通過
石川屋商店前  
野沢郵便局前  
町営駐車場前  
公民館前  
かわちや前  
よりっせ前 道の駅にしあいづ
蒲生館前  
野沢駅  
磐越道 上川パーキングエリア 新潟県 東蒲原郡阿賀町   10分間
※希望者がいなければ通過
津川インター前    
三川BS    
安田インター前 阿賀野市    
川口BS 新潟市 秋葉区    
新潟駅 中央区   新潟発は万代口・東大通14番バスのりば発
会津若松発は帝石ビル前着
万代シテイバスセンター   新潟発は5番線(構内ロータリー)発
会津若松発は11~13番線(東港線沿いバスベイ)着

運行経路[編集]

新潟線

会津若松市内 - 国道118号国道49号国道121号 - (会津若松インターチェンジ) - 磐越自動車道 - (新潟中央JCT) - 日本海東北自動車道 - (新潟亀田IC) - 国道49号亀田バイパス - 紫竹山インターチェンジ - 国道7号栗ノ木バイパス明石通 - 新潟県道33号新潟停車場線 - 国道7号

野沢線

会津若松市内 - 国道118号・福島県道64号会津若松裏磐梯線・国道49号・国道121号 - (会津若松インターチェンジ) - 磐越自動車道 - (西会津IC) - 西会津町内

歴史[編集]

  • 1997年10月2日 - 前日の磐越自動車道の全通により運行開始。当初は会津若松駅前発着であった。
  • 199x年 - 津川インター前バス停新設。
  • 200x年 - 鶴ヶ城合同庁舎前まで延伸。
  • 200x年 - 北柳原にて客扱い開始。
  • 2004年 - 野沢線開設。
  • 2005年春 - 西会津インター前バス停新設。
  • 2006年2月 - 野沢線、西会津インター前での降車扱い開始。
  • 2007年 - 野沢線、山見町経由にルート変更。
  • 2015年 - 野沢線、若松市内の発着を竹田病院前に変更。

使用車両[編集]

会津若松 - 新潟線は両社ともハイデッカー4列シート補助席付き・化粧室なし車両で運行する。

新潟交通は車両を他の新潟県内高速バスと共通運用しているが、会津バスはバスカードリーダー装備の都合上、会津若松 - 新潟線へは専用車両を用いている。

外部リンク[編集]