伊藤裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いとう ゆういち
伊藤 裕一
生年月日 (1984-03-25) 1984年3月25日(33歳)
出生地 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
身長 178cm
血液型 A型
職業 俳優脚本家演出家モデル
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 2003年 - 現在
事務所 オリオンズベルト
公式サイト オフィシャルサイト

伊藤 裕一(いとう ゆういち、1984年3月25日 - )は、日本俳優脚本家演出家モデル神奈川県横浜市出身。オリオンズベルト所属。劇団お座敷コブラ主宰。

略歴[編集]

小学校のうち5年間をシンガポール台湾と海外で過ごす。 帰国後、中学生の頃に「自分は他の人とは違う」ということを痛感し、俳優を志す[1]。 「劇団つみつみニャー」、日本大学商学部演劇サークル「劇団おいおい」を経て、2003年8月、「劇団おいおい」のメンバーとともに「劇団お座敷コブラ」を旗揚げ。以来、上演全作品の脚本演出・出演を担当。 また、俳優活動の他、ラゾーナ川崎プラザソルの企画スタッフとして、様々なイベントをプロデュースしている。

人物[編集]

  • 公式サイズでは、身長178cm、チェスト85cm、ウエスト72cm、ヒップ92cm、靴のサイズ27cm[2]。体重は2015年9月時点で61kg[3]であり、かなり細身である。
  • 左利きである。
  • デジカメエキスパート3級、普通救命技術認定[4]、パンシェルジュ検定3級[5]の資格を持っている。
  • ニックネームは「いとちゅう」。一説では、シンガポール・台湾からの帰国子女である伊藤に対して中学の同級生が発した「伊藤って中国人じゃなかったんだ!」が短くなったものといわれている[6]
  • 役者・脚本・演出の他にも多種多様な活動を行っている。戦隊ヒーロー、ウルトラヒーロ等のスーツアクター、キャラクターショー[7]の他、自身の劇団やその他活動において動画の編集を行うこともある。
  • 学生時代にホテルマンのアルバイト経験があり、結婚式でのサービスも多数行っていた[8]他、現在もウェディング関係のモデルの仕事を行う等、ブライダル業に多く携わっている。また、劇団でも「お座敷コブラハッピーマネジメント部」として、披露宴・2次会司会や余興出演など、結婚式に関わるあらゆるサポートをするサービスを実施している。
  • 閉暗所恐怖症であり、スーツアクターの仕事をこなす際は闘うような気持ちで臨んでいる[9][10]
  • 食物アレルギーを複数持っている。キウイやマンゴーを食べると喉が痒くなる、桃を食べると瞼が重くなる等。ただし、全て嫌いなものでは無いため翌日が休みの場合は食べる[11]。また、「卵と鶏肉を同時に食べると蕁麻疹が出る」というアレルギーを持っているが、幸せ!ボンビーガール片岡愛之助 (6代目)役で出演した際、親子丼を食べるシーンがあり、スタッフに体質のことを話したところ、ロケ地のなか卯が特別に卵どんぶりを調理してくれた。しかし、その後のシーンで卵どんぶりを食べたことを失念し、焼き鳥を口にした結果、深夜に全身の痒みに悩まされた[12]
  • 好きな食べ物はサーモン[13]。嫌いな食べ物は生牡蠣。しかし先輩に生牡蠣を勧められた際は、著書『おいし「そう」に食べる方法』にあるような良いリアクションを取ることができる[14]

出演[編集]

舞台[編集]

※お座敷コブラの公演では、全作品において作・演出も担当。

  • お座敷コブラ1畳目公演『荒野のマンガン』(2003年8月5日 - 7日 吉祥寺櫂スタジオ) - 満俺 役
  • お座敷コブラ2畳目公演『刃刃愚』(2004年3月16日 - 18日 中板橋新生館スタジオ) - 雲上 役
  • お座敷コブラ2畳半公演ムック』(2004年7月7日 ウエストエンドスタジオ) - ムック 役
  • お座敷コブラ3畳目公演『ロマンスの神様』(2005年1月7日 - 10日 江古田ストアハウス) - 七曲カケル 役
  • はぶ談義 Vol.7 『ヒキガネ』(2005年5月19日 - 22日 ウエストエンドスタジオ)
  • お座敷コブラ3畳半公演『お前ら表へ出ろ!』(2005年8月31日 - 9月3日 スタジオ・スパーク1) - 店長 役
  • お座敷コブラ4畳目公演『プラマドンナ』(2006年11月17日 - 19日 麻布die pratze) - 朝倉 役
  • お座敷コブラ4畳半公演『レロレロアクション』(2007年5月18日 - 20日 シアターグリーンBASE THEATER) - LBJ 役
  • お座敷コブラ5畳目公演『28』(2007年12月6日 - 9日 ラゾーナ川崎プラザソル) - 七海 役
  • お座敷コブラ5.25公演 アワーズ♂組『マカロニ』(2008年5月9日 - 11日 池袋小劇場) - ヨシヒロ 役
  • お座敷コブラ6畳目(5周年第10回記念)公演『A!MAZE』(2008年10月10日 - 13日 ラゾーナ川崎プラザソル) - マルソー 役
  • 劇団夢現舎 エディンバラ国際演劇祭 東京凱旋公演 『蟻のごちそう〜The feast of the Ants』(2008年11月8日 - 9日 紀伊國屋サザンシアター)
  • FLAME&Lead『ZIPANGU〜遥かなる道〜』(2008年 - 2009年 新宿コマ劇場、御園座、楽楽楽ホール、シアターBRAVA!)
  • お座敷コブラ7畳目公演『伍〜five〜』(2009年12月16日 - 20日 ラゾーナ川崎プラザソル) - じゃみる 役
  • お座敷コブラ7畳半公演『マカロニ』(2010年3月20日 神奈川県立青少年センター) - オーリオ 役
  • お座敷コブラ8畳目公演『ハコモノ』(2010年11月3日 - 7日 ラゾーナ川崎プラザソル) - 藤村 役
  • はぶ談義 Vol.13 『時泥棒 〜昭和歌謡短編集〜』(2011年5月31日 - 6月5日 新宿ゴールデン街劇場)
  • お座敷コブラ9畳目公演『Reverse Play Ground』(2011年9月15日 - 19日 ラゾーナ川崎プラザソル) - 豹役
  • お座敷コブラ10畳目公演『&1night』(2012年11月28日 - 12月2日 ラゾーナ川崎プラザソル) - アリババ役
  • お座敷コブラ10畳半公演『マカロニ』(2013年4月17日 - 21日 神奈川県立青少年センター多目的プラザ) - 軽部 役
  • お座敷コブラ10周年大実験公演『WWW』(2014年1月8日 - 13日 カフェレストランメルヘン) - 藤原 役
  • お座敷コブラ11畳目公演『RUN』(2015年1月22日 - 25日 KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ) - 江角蘭丸 役
  • 聖地ポーカーズpresents 『HOLD THEM』(2016年1月27日 - 31日 笹塚ファクトリー) - 保安官 役 ※作・演出も担当。
  • 『〜崩壊シリーズ〜『九条丸家の殺人事件』』(2016年4月8日 - 24日 俳優座劇場、4月27日 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール、4月29日 シアターBRAVA!、4月30日 - 5月1日 イムズホール) - 鳥場明 役[15]
  • 聖地ポーカーズpresents Vol.2『Dice or Scythe ダイスオアサイズ 〜賽か死か〜』(2016年8月5日 - 11日、ラゾーナ川崎プラザソル)- 灰祢 役[16]
  • お座敷コブラ12畳目公演『RUN ver.2.0』(2016年11月3日 - 13日 ラゾーナ川崎プラザソル)- 江角蘭丸 役
  • 斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い(2017年2月3日 - 12日 天王洲銀河劇場、2月17日 - 19日 梅田芸術劇場シアタードラマシティ)- 黒田官兵衛
  • 『〜崩壊シリーズ〜『リメンバーミー』』(2017年4月13日 - 30日 俳優座劇場、5月3日 - 4日 松下IMPホール、5月11日 日本特殊陶業市民会館 ビバレッジホール、5月13日 - 14日 都久志会館)- 鳥場明 役
  • 斬劇『戦国BASARA』小田原征伐(2017年8月11日 - 30日 AiiA 2.5 Theater Tokyo、8月25日 - 27日 立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール)- 黒田官兵衛

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

その他のテレビ番組[編集]

モデル[編集]

  • プラザ・アペアホームページモデル(2006年)
  • リクナビNEXT 期間限定トップページモデル(2009年)
  • ウェスティンホテル東京 専属ブライダルモデル(2009年〜)
  • BEAMメディカル・カタログモデル(2011年)
  • Da Noi ホームページモデル(2013年)
  • 居酒屋チェーン「ヨシックス」モデル(2013年)
  • ロイヤルホールヨコハマ セントパトリック・チャーチ プロジェクションマッピング モデル(2015年7月)
  • おしゅし写真集「海と空のあいだには」(2016年7月)

ゲーム[編集]

プロモーションビデオ[編集]

MC[編集]

  • ラグーナ蒲郡「消えたコナンを探せ!」プレショーMC・MC原稿執筆(2007年)
  • 「うえの夏祭りパレード」メインMC(2009年)
  • オークロンマーケティング「shark隊のおそうじレッスン」東京代表(2011年)
  • SONY「SONYタブレットマスターセミナー」(2012年)
  • 六本木ヒルズ「ハリーポッター展」 キャスト(2013年)

インターネットラジオ[編集]

ネット配信[編集]

  • 演劇動画配信アプリ「観劇三昧」 - お座敷コブラの作品が配信されている。

書籍[編集]

  • 『おいし「そう」に食べる本』(2011年9月、文芸社[19]

受賞歴[編集]

  • ディズニー・テイルズ・オブ・イマジネーションコンテスト優秀賞
  • ダジャレ怪獣王銀賞
  • 東京ドラマフェスタ優秀賞
  • 第一回ルナティック演劇祭優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇団公式プロフィールより。
  2. ^ 劇団公式プロフィールより。
  3. ^ Twitterより
  4. ^ Lancersプロフィールより
  5. ^ パンシェルジュ検定公式サイトインタビュー
  6. ^ 劇団公式LINEメッセージより。
  7. ^ [ http://www.orionsbelt.co.jp/wp/wp-content/uploads/ito_yuichi_20151119.pdf 所属事務所プロフィール]
  8. ^ 過去ブログ「仮説の仮設住宅」より。
  9. ^ Twitterより
  10. ^ オフィシャルブログより
  11. ^ Twitterより。
  12. ^ オフィシャルブログより。
  13. ^ 劇団公式LINEメッセージより。
  14. ^ Twitterより。
  15. ^ 本作が初の商業演劇メインキャストデビュー。
  16. ^ 『HOLD THEM』大千穐楽終了時に発表された。これが初の主演となる。
  17. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月17日閲覧。 
  18. ^ InternetArchive
  19. ^ 絶版になっていたが、2016年Baseにて電子版が発売した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]