伊号第五十八潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第五八潜水艦から転送)
移動: 案内検索
伊号第五十八潜水艦
公試中の伊58
公試中の伊58
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 横須賀海軍工廠
クラス 伊五十四型潜水艦
計画 昭和17年度計画(マル追計画
起工 1942年12月26日
進水 1943年10月9日
竣工 1944年9月7日
除籍 1945年11月30日
最後 1946年4月1日海没処分
要目
基準排水量 水上:2,140t
水中:3,688t
全長 108.7m
全幅 9.3m
吃水 5.19m
主機 艦本式22型10号ディーゼル機関×2(2軸、水上4,700HP、水中1,200HP)
最大速力 水上:17.7kt
水中:6.5kt
航続距離 水上:38,850km(21,000海里)/16kt
水中:194km(105海里)/3kt
乗員 兵員約94名
兵装 25mm連装機銃1基
53cm魚雷発射管6基、魚雷19本
水上偵察機1機
テンプレートを表示
伊58(最終時)の模型

伊号第五十八潜水艦(いごうだいごじゅうはちせんすいかん)[1]。は、大日本帝国海軍潜水艦で、巡潜乙型潜水艦である伊五十四型潜水艦の一隻。この名を持つ日本海軍の潜水艦としては2隻目。

艦歴[編集]

横須賀海軍工廠で建造され、1944年9月7日竣工。同年12月4日第十五潜水隊に編入、先遣部隊に配備された。これより先の11月、日本海軍は人間魚雷回天を戦線に初めて投入し、第一陣である菊水隊の回天がウルシー環礁で給油艦ミシシネワ(USS Mississinewa, AO-59) を撃沈する戦果を挙げていた。伊58 も回天作戦に2回目から起用される事となった。

金剛隊[編集]

金剛隊は伊58 を含む6隻の潜水艦、24基の回天を以って編成され[2]、伊58 の攻撃目標はグアムアプラ港と指定された[2]。12月30日、伊58 は大津島を出撃[3]。アプラ港はウルシー環礁と違って大型艦船は期待できなかったものの、彩雲の偵察に基づいて攻撃目標等が整理されていった[4]。伊58 は攻撃予定日の前日である1945年1月11日にはグアム近海に到達したものの、アメリカ軍の警報を傍受して攻撃を繰り上げる事とした[5]。伊58 はグアムから約32キロ離れた海上[5]に近接して4基の回天をすべて発進させた。1月12日の夜明けごろに橋本以行艦長(海軍兵学校59期)が潜望鏡で観測したところ、アプラ港の方角から黒煙が2筋たなびくのを目撃した[6]。伊58 は潜航したまま西方へ避退した後浮上して、1月16日に戦果速報を打電[6]。1月22日、伊58 はに帰投した[6]

この攻撃の際、日本海軍はアメリカ側の夥しい交信記録を傍受したが、戦果は確認されていない[7]

神武隊[編集]

金剛隊の後、日本海軍は硫黄島に上陸したアメリカ軍に対して回天特攻・千早隊を編成して投入したが、伊368伊370の二艦を失い、生還した伊44 は、「作戦は無謀」と意見具申した川口源兵衛艦長(兵66期)が、命令違反を理由に解任されるなど無益の結果に終わった[8]

伊58 は、菅昌徹昭艦長(兵65期)の伊36 とともに、千早隊に続いて編成された神武隊に加わり、3月1日にを出撃[9]。回天発進地点に予定していた硫黄島北西海域に向かったが、3月6日に神武隊に対して作戦中止が指令された。伊36 は3月9日に大津島に帰投し[10]、伊58 は沖ノ鳥島西方海面に移動して、ウルシー特攻に向かう第七六二海軍航空隊の陸上爆撃機「銀河」24機で編成された「菊水部隊梓特別攻撃隊」(丹作戦)の電波誘導を行うようとの指令を受信した[10]。回天2基を海中に投棄して沖ノ鳥島と南大東島の間に設定された予定地点に急行した伊58 は[11]、3月11日に電波誘導の任を果たした。3月17日、伊58 は呉に帰投した。

多々良隊[編集]

硫黄島を占領したアメリカ軍は、3月末から4月1日にかけて慶良間列島および沖縄島に上陸を開始。日本海軍はこれに抗するため、回天搭載潜水艦と回天を搭載しない通常の潜水艦合わせて11隻を投入[12]。伊58 は回天搭載潜水艦で編成された多々良隊の一艦として4月1日に光を出撃[13]東シナ海を経由して沖縄島西方に出て、一時は戦艦大和水上特攻に合流してついて行く腹で[14]、慶良間列島沖のアメリカ艦隊を目標に進撃したものの悪天候に悩まされて突入が果たせなかった[15]。橋本艦長は4月10日に状況を打電し、これを受けて第六艦隊司令部は作戦を変更し、沖縄とマリアナ諸島間の航路を狙うよう指令を出した[16]。伊58 も当該海域に移動したが、4月25日に駆逐艦と遭遇した以外は全く会敵せず、作戦中止指令を受け取って4月29日に光に帰投した[17]

この後、伊58 は航空機搭載設備(格納筒、射出機、クレーン)を撤去して、空いた前甲板に回天2基を搭載し、合計6基搭載となった[18]。また、シュノーケルも装備された[18]

多聞隊・インディアナポリス撃沈[編集]

インディアナポリス(メア・アイランド沖 1945年7月10日)

7月16日、伊58 は多聞隊の一艦として呉を出撃[18]平生に寄港して回天を搭載し、「非理法権天」と「宇佐八幡大武神」のを掲げ、7月17日に沖縄、レイテ湾、マリアナ諸島を結ぶ海域に向かったが、豊後水道で訓練中に1基の回天の特眼鏡に異常が見られたため平生に引き返し、交換の上7月18日に改めて出撃した[19]

7月28日、グアムとレイテ湾を結ぶ航路に出た伊58 は、輸送船と駆逐艦を発見。魚雷戦と回天発進両方の準備を行ったが、目標までの距離が遠かったため回天のみの攻撃に決した[20]。小森一之 一飛曹(甲飛13期)艇と伴修二中尉(兵科3期)艇を発進させ[21]、やがて爆発音が聞こえたものの、雨のため何も見えなかった[22]

7月30日、伊58 はテニアン島原子爆弾を搬送し帰路に着いていた重巡洋艦インディアナポリス (USS Indianapolis, CA-35) を発見し、魚雷による通常攻撃で撃沈した。この時、橋本艦長は魚雷のほかに白木一郎 一飛曹(甲飛13期)艇と中井昭 一飛曹(甲飛13期)艇の発進準備も行っていた[23]。インディアナポリスに魚雷を命中させた後、白木艇からは「敵が沈まないなら出してくれ」と発進を催促していた[24]。しかし、橋本艦長はインディアナポリスに魚雷を3本命中させた時点で、この攻撃での回天使用を止めていたのである[24]。止めの魚雷の装てんを終えて潜望鏡深度に戻った伊58 ではあったが、観測、次いで浮上しても周囲には何も見えなかった[24]。橋本艦長はアイダホ型戦艦撃沈と判断し、大物撃沈ということで乗員の士気はいやがうえにも高まった[25]。しかし、これとは対照的に回天乗員は悔しがり、特に林義明 一飛曹(甲飛13期)は「戦艦の如き好目標になぜ回天を使用しなかったのか」と涙を流していた[26]。インディアナポリス撃沈は、日本海軍の潜水艦としては最後となる大型戦闘艦の撃沈であり、第二次世界大戦で敵の攻撃により沈没した最後のアメリカ海軍水上艦艇である[27]。回天乗員に不満の種を残しつつ、伊58 は北上していった。8月1日から2日ごろにかけて、伊58 は大和田通信所から「敵重要艦船遭難、捜索中らしき敵信多数あり」との情報を受信した[28]。8月7日ごろには、新聞電報によって広島市への原子爆弾投下を知ることとなった[28]

8月9日、伊58 は輸送船団と思しき集団を発見し、橋本艦長は回天の発進を命じたが、白木艇および林艇は故障発生のため発進できず[29]、中井艇と水井淑夫少尉(兵科4期)艇を発進させ、やがて爆発音が聞こえた。この回天攻撃では、護衛空母サラマウア (USS Salamaua, CVE-96) を基幹とするハンターキラー・グループの一艦として補給路の間接護衛と対潜掃討に従事していた護衛駆逐艦ジョニー・ハッチンス英語版 (USS Johnnie Hutchins, DE-360) が、僚艦とともに爆雷攻撃と砲撃を行って、何とかしてジョニー・ハッチンスへの体当たりを試みた回天を撃沈した[30]。8月12日、伊58 は水上機母艦と思しき艦艇を発見して林艇を発進させ、潜望鏡で観測した結果、水上機母艦から大水柱が吹き上がって撃沈と判断した[31]。この頃、ドック型揚陸艦オーク・ヒル英語版 (USS Oak Hill, LSD-7) は護衛駆逐艦トーマス・F・ニッケル英語版 (USS Thomas F. Nickel, DE-587) を伴ってレイテ湾に向かっていた。伊58 が林艇を発進させてからしばらくして、トーマス・F・ニッケルはオーク・ヒルに並走する魚雷を発見[32]。この「魚雷」はトーマス・F・ニッケルの艦底をかすめ去って、しばらくたってから爆発した[33]

8月15日、沖縄方面から豊後水道に向けて航行していた伊58 は、終戦の詔勅を載せた新聞電報を受信[34]。橋本艦長は新聞電報一通だけですべてを決める事を却下した上で、乗員の思わぬ行動を防ぐため終戦の詔勅の事は、とりあえずは一般の乗員に対しては伏せる事とした[35]。8月17日、伊58 は平生に到着して残った回天と白木 一飛曹および整備員を降ろし、ここで橋本艦長が一般乗員に対して終戦の詔勅を奉読[36]。翌8月18日に呉に帰投した[37]

終末[編集]

伊58 は11月に入って佐世保に回航され[38]、1946年4月1日にアメリカ軍の手によって五島列島沖に沈められた。この際、奇しくも初代伊58改め伊158も共に沈められている。

2015年8月7日に海上保安庁の測定船「海洋」が本艦と見られる船影を発見したという。

兵装[編集]

  • 22号電探1基、逆探1基を新造時より装備、竣工時期が遅かったため航空機の搭載は無いと思われる。
  • 回天搭載に備え、14センチ砲は新造時より装備していなかった。回天2基を搭載の予定していたようだが出撃時には4基を搭載する[39]
  • 13号電探の装備は、1945年3月の出発前の時期と推定される[40]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』416頁による。

艤装員長[編集]

  1. 橋本以行 少佐(兵59期):1944年6月5日 -

艦長[編集]

  1. 橋本以行 少佐(兵59期):1944年9月7日 -

脚注[編集]

  1. ^ Ref.C12070170300「昭和17年1月~4月 内令)」
  2. ^ a b 小灘、片岡, 100ページ
  3. ^ 小灘、片岡, 125ページ
  4. ^ 小灘、片岡, 126ページ
  5. ^ a b 小灘、片岡, 127ページ
  6. ^ a b c 小灘、片岡, 129ページ
  7. ^ 小灘、片岡, 133ページ
  8. ^ 小灘、片岡, 176,177,178ページ
  9. ^ 小灘、片岡, 178ページ
  10. ^ a b 小灘、片岡, 180ページ
  11. ^ 小灘、片岡, 181ページ
  12. ^ 小灘、片岡, 195ページ
  13. ^ 小灘、片岡, 206ページ
  14. ^ 橋本(ソノラマ版。以下同じ), 264ページ
  15. ^ 小灘、片岡, 207,208ページ
  16. ^ 小灘、片岡, 208ページ
  17. ^ 小灘、片岡, 208、209ページ
  18. ^ a b c 小灘、片岡, 311ページ
  19. ^ 小灘、片岡, 312ページ、橋本, 283ページ
  20. ^ 小灘、片岡, 313ページ、橋本, 287ページ
  21. ^ 小灘、片岡, 312、313、314ページ
  22. ^ 小灘、片岡, 314ページ、橋本, 288ページ
  23. ^ 小灘、片岡, 312、314ページ
  24. ^ a b c 小灘、片岡, 315ページ
  25. ^ 小灘、片岡, 315ページ、橋本, 299ページ
  26. ^ 小灘、片岡, 315ページ、橋本, 300ページ
  27. ^ 艦種を問わなければ、これより後の1945年8月6日に、潜水艦ブルヘッド (USS Bullhead, SS-332) がロンボク海峡九九式軍偵察機の爆撃により撃沈されている
  28. ^ a b 橋本, 301ページ
  29. ^ 小灘、片岡, 317ページ
  30. ^ 小灘、片岡, 317,318,319ページ
  31. ^ 小灘、片岡, 321ページ、橋本, 307ページ
  32. ^ 小灘、片岡, 322ページ
  33. ^ 小灘、片岡, 323ページ
  34. ^ 小灘、片岡, 326ページ、橋本, 308,309ページ
  35. ^ 橋本, 309ページ
  36. ^ 橋本, 310ページ
  37. ^ 小灘、片岡, 326ページ
  38. ^ 橋本, 311ページ
  39. ^ 『写真日本の軍艦 潜水艦』の解説より
  40. ^ 小灘、片岡, 179ページ

関連項目[編集]

  • 日本への原子爆弾投下
  • 雷撃深度一九・五(伊58潜水艦による重巡洋艦インディアナポリス撃沈をモデルにした池上司原作の戦記小説)
  • 真夏のオリオン(上記の池上司原作の小説「雷撃深度一九・五」をベースにした戦争映画作品。ただし、史実、ならびに、原作小説「雷撃深度一九・五」で描かれた伊58に相当する潜水艦は、伊77と伊81の2隻の架空の番号の潜水艦に分けて描写されている)

参考文献[編集]