橋本以行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本 以行
1909年10月14日 - 2000年10月25日
Mochitsura Hashimoto.jpg
海軍中佐 橋本以行
生誕 京都市
軍歴 1931年1945年
最終階級 海軍中佐
除隊後 梅宮大社名誉宮司
大神宮社宮司
テンプレートを表示

橋本 以行(はしもと もちつら、1909年明治42年)10月14日 - 2000年平成12年)10月25日)は、大日本帝国海軍の軍人、第二復員省および復員庁の事務官。京都市出身。最終階級は海軍中佐。戦後は梅宮大社名誉宮司、大神宮社宮司。

潜水艦伊58』艦長時、原子爆弾テニアンまで運搬したアメリカ海軍重巡洋艦インディアナポリス』を撃沈した事で知られる。

年譜[編集]

『インディアナポリス』雷撃[編集]

橋本が指揮する『伊号第五十八潜水艦』(以下、『伊58潜』とする)は神潮特別攻撃隊『多聞隊』を乗せ、1945年(昭和20年)7月18日平生基地を出撃しフィリピン東方海域へ向かった[29]パラオ島北方250カイリ付近を哨戒任務中の7月29日午後11時35分頃、水平線上に敵大型艦らしき物を確認し急速潜航を行い、潜望鏡深度を保ったまま敵艦に近づいて行った。潜望鏡で敵艦艇を戦艦クラスと確認した橋本は、回天搭乗員に出撃命令を下すと共に魚雷戦用意の命令を下した。

最初は回天による特攻攻撃も考えた橋本であったが、敵艦を完全に捕捉しているので魚雷による攻撃でも充分と判断し、回天での攻撃は取り止めた。前日に2基の回天を出撃させてはいたが、回天の特眼鏡は性能が悪く夜間(当日は月が出ていて、潜水艦の夜間用潜望鏡では視認可能であったが、雲が多く天候自体はよくなかった)の攻撃は非常に困難であった。回天搭乗員は橋本に対し何度も出撃の催促を行う場面もあったが、「通常魚雷で沈められるときは通常魚雷で攻撃する」と述べて却下している[30]。後年の回顧によると、無駄な特攻による戦没者をこれ以上出したくなかったとも述べている。

明けて7月30日午前0時2分に、距離1500mから6本の魚雷を深度4m、速力48kt、それぞれ3度の角度で扇状に3秒間隔で発射し、その内の3発が(アメリカ軍によると2発)命中した。インディアナポリスは大きく右舷に傾き、僅か15分ほどで沈没した。これは橋本の「唯一の戦果」とも言われており、日本海軍最後の大戦果とも言われている。また、一説によればインディアナポリスは5分で沈んだとも云われる。インディアナポリスはSOSを一回打信した直後に電気系が水没、アメリカ海軍はたった一回のSOSを受信しながら組織内の齟齬により司令部に連絡が伝わらず、インディアナポリス乗組員は悲惨な漂流を強いられた。

橋本は「アイダホ型戦艦撃沈確実」と報告したが、自らが沈めたこの艦が『インディアナポリス』であったこと、そしてその艦が広島・長崎に投下された原子爆弾をテニアン島に輸送したのちに、レイテ島に移動中だった事を知ったのは戦後のことであった。

アメリカ軍側は、インディアナポリスが潜水艦による魚雷攻撃で撃沈されたという事実を確認すると、原爆の輸送情報が事前に日本軍側に漏洩していたのではないかと疑い、戦後橋本に対しアメリカにまで呼んで数日間に渡り尋問を行ったとも言われている。しかしインディアナポリス撃沈は全くの偶然であった。米海軍は「適切なジグザグ運動をしていたら、インディアナポリスの撃沈は防げた」と考え、状況確認を行ったが、橋本は「あの位置関係ならばジグザグ運動をしていても撃沈できた」と証言している。またこの尋問は、正常な情報管理があったら、より早くインディアナポリスの沈没を知ることができ、584名もの兵士が死ぬことは無かった。その罪をインディアナポリスの艦長であったチャールズ・B・マクベイ3世に全責任を負わせるために、橋本以行に「インディアナポリスが適切な回避行動をとっていたら、撃沈できなかった」と証言させたいが為に、わざわざアメリカにまで呼んで証言させたと言われ、実際に橋本に対する尋問内容もこの説の内容に沿ったものになっている[31]。結局、予備尋問のみで橋本は帰国し、マクベイは有罪判決を受けて自殺に追い込まれた。

橋本自身は、マクベイの名誉回復に最も熱心だったと言われている。アメリカでマクベイの名誉回復の動きが始まったことを日本のジャーナリストから知らされたのを受け、1999年11月に上院軍事委員会委員長ジョン・ウォーナー電子メールを送り、マクベイの名誉回復を訴えている[32]。しかし、マクベイの名誉が回復されたのは橋本が亡くなった五日後(2000年10月30日)のことであった。

鎮魂の日々[編集]

橋本と『伊58潜』はその後も作戦を続け、無事に終戦を迎えた。

戦後は川崎重工造船事業部に勤務。後に神職の資格を取り、梅宮大社の神職となる。図らずも回天特攻隊員を運送する任を負っていた事、回天搭乗員を出撃させ戦死させた事、もっと早く哨戒海域に着いていれば広島と長崎への原爆投下を防げたのでは(テニアン島入港前の『インディアナポリス』を撃沈できたのではないか?)、インディアナポリス撃沈後に海上捜索していれば、捕虜から原爆存在の秘密が聞き出せたのではないか?と云う様々な自責の念から、太平洋戦争で亡くなった全ての御霊の鎮魂を祈る日々を送ったと云われる。

橋本はアメリカでの尋問中「日本兵の蛮行」について言及している。また生存中、1937年の南京事件時のことも、客観的に話をしていたという。現在防衛研究所戦史部には橋本の「橋本以行手記第2編 揚子江遡江作戦」が保存されているが、この史料は非公開である。

子息である橋本以裕は梅宮大社の宮司、そして孫は梅宮大社の権宮司となり、毎年3月に回天記念碑で慰霊祭を執り行っている[33]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和12年11月15日付 海軍辞令公報 号外 第91号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  2. ^ 昭和12年12月1日付 海軍辞令公報 号外』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  3. ^ 昭和13年12月15日付 海軍辞令公報 号外(部内限)第273号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  4. ^ 昭和14年5月20日付 海軍辞令公報(部内限)第338号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  5. ^ 昭和14年6月1日付 海軍辞令公報(部内限)第342号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075900 
  6. ^ 昭和14年12月1日付 海軍辞令公報(部内限)第408号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077100 
  7. ^ 昭和15年3月20日付 海軍辞令公報 (部内限) 第453号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077800 
  8. ^ 昭和15年10月15日付 海軍辞令公報(部内限)第543号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079100 
  9. ^ 昭和16年7月15日付 海軍辞令公報(部内限)第673号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 
  10. ^ 昭和16年10月31日付 海軍辞令公報(部内限)第736号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082900 
  11. ^ 昭和17年2月2日付 海軍辞令公報(部内限)第805号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084200 
  12. ^ 昭和17年6月1日付 海軍辞令公報(部内限)第870号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085600 
  13. ^ 昭和17年6月30日付 海軍辞令公報(部内限)第891号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085900 
  14. ^ 昭和17年7月20日付 海軍辞令公報(部内限)第904号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086300 
  15. ^ 昭和17年11月1日付 海軍辞令公報(部内限)第974号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087700 
  16. ^ 昭和18年3月17日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1072号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090000 
  17. ^ 昭和18年7月27日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1177号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092200 
  18. ^ 昭和18年9月13日付 海軍辞令公報(部内限)第1214号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093000 
  19. ^ 昭和19年5月15日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1472号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072098200 
  20. ^ 昭和19年6月7日付 海軍辞令公報(部内限)第1508号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099500 
  21. ^ 昭和19年9月12日付 秘海軍辞令公報 甲 第1591号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100900 
  22. ^ 昭和20年9月11日付 海軍辞令公報 甲 第1908号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072147800 
  23. ^ 昭和20年11月29日付 海軍辞令公報 甲 第1994号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072108400 
  24. ^ 昭和20年12月12日付 第二復員省辞令公報 甲 第10号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072157700 
  25. ^ 昭和20年12月21日付 第二復員省辞令公報 甲 第18号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072158200 で閲覧可能。
  26. ^ 昭和20年12月8日付 第二復員省辞令公報 甲 第7号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072157700 
  27. ^ 昭和21年3月6日付 第二復員省辞令公報 甲 第76号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072158700 
  28. ^ 昭和21年6月11日付 第二復員省辞令公報 甲 第155号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072159300 
  29. ^ 『海龍と回天』、p.180。
  30. ^ 『伊号58帰投せり』
  31. ^ 参考文献: 巡洋艦インディアナポリス撃沈,リチャード・ニューカム著,平賀秀明訳,ソニーマガジンズ,ISBN:4789718379)
  32. ^ Mochitsura Hashimoto, ussindianapolis.org (インディアナポリスの生存者らによるホームページ)
  33. ^ 伊58潜慰霊祭・回天記念碑

参考文献[編集]

メディア[編集]