パシフィック・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パシフィック・ウォー
USS Indianapolis: Men of Courage
監督 マリオ・ヴァン・ピーブルズ
脚本 キャム・キャノン
リシャール・リオンダ・デル・カストロ
製作 リシャール・リオンダ・デル・カストロ
マイケル・メンデルソーン
製作総指揮 パトリシア・エヴァリー
ティモシー・パトリック・カヴァナー
キャム・キャノン
ウィリアム・ウィルソン3世
ウィリアム・V・ブロミリー・Jr.
シャノン・ベッカー
ネス・サバン
ショーン・リー・ハート
フレデリコ・ラペンダ
リンジー・ロス
ディラン・マクギンティ
マイク・ナイロン
ロバート・ナウ
レイモンド・ハムリック
マーティン・J・バラブ
出演者 ニコラス・ケイジ
音楽 ロラン・エケン
撮影 アンジェイ・セクラ
編集 ロバート・A・フェレッティ
製作会社 USSインディアナポリス・プロダクション
ハンニバル・クラシックス
配給 アメリカ合衆国の旗 サバン・フィルム
日本の旗 クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年10月14日
日本の旗 2017年1月7日[1][2]
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $739,696[4][5]
テンプレートを表示

パシフィック・ウォー』(原題: USS Indianapolis: Men of Courage)は、2016年製作のアメリカ合衆国戦争映画

太平洋戦争末期に戦争終結の極秘任務を命じられたアメリカ海軍巡洋艦インディアナポリスとその艦長チャールズ・B・マクベイ3世の数奇な運命を描く。マリオ・ヴァン・ピーブルズ監督、ニコラス・ケイジ主演[6]

あらすじ[編集]

太平洋戦争末期の1945年、アメリカは日本との戦争を終結させるため原子爆弾の使用を決断、巡洋艦インディアナポリスに原子爆弾をテニアン島の基地へ運搬するという極秘任務を与える。

チャールズ・B・マクベイ3世艦長の指揮のもと、艦は日本軍との激しい戦いをくぐり抜けてテニアン島に到着、任務を遂行した。

艦は次の目的地へと出発するがその途中、日本海軍伊号第五十八潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没してしまう。

マクベイをはじめ生き残った乗組員たちは漂流するが、やがて飢えと喉の渇き、さらに獰猛なサメの襲撃により、次々と命を落としていく。

マクベイは部下を1人でも多く生きて家族の元へ帰そうと尽力する。しかし、マクベイにはその後、さらに過酷な運命が待っていた。

キャスト[編集]

橋本以行を演じた竹内豊は当時41歳で橋本より年上だったが、面会時に若く見られたため別な役を割り当てられそうになった。しかしプロデューサーに直談判して役を獲得した[7]

※括弧内は日本語吹替[8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]