京都府立南陽高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
京都府立南陽高等学校
Nanyo Junior High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 京都府の旗 京都府
学区 山城通学圏
校訓 進取・敬愛・雄健
設立年月日 1985年11月15日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
サイエンスリサーチ科
学期 3学期制
高校コード 26156E
所在地 619-0224
京都府木津川市兜台六丁目2番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

京都府立南陽高等学校(きょうとふりつ なんようこうとうがっこう)は、京都府木津川市兜台六丁目に所在する公立高等学校

設置学科[編集]

  • 普通科
    • 難関国公立大学・私立大学への進学を目指す学科。
      • かつて、南陽スタンダード(NS)(旧第Ⅰ類を継承したコース)と南陽アドバンス(NA)(旧第Ⅱ類を継承したコース)が存在したが、2014年度入学生よりフラット化され、普通科の類型は存在しなくなった。
  • サイエンスリサーチ科
    • 学習内容を応用し、探究活動を行うことを特色とした学科。理系だけでなく、文系進学にも対応したカリキュラムが組まれている。

概要[編集]

府立高校の中でも比較的新しい学校だが、山城通学圏の中では最も進学実績の良い進学校と位置づけられる[1][2]。普通科に加えて、専門学科のサイエンスリサーチ科を設置している。

奈良県に程近い、京都府最南端の高等学校である。この地域は関西文化学術研究都市(学研都市)に位置し、研究施設が多く見られる。 木津川市立木津第二中学校が隣にある。近隣のイオンモール高の原は南陽高校生がよく利用する施設である。 公式マスコットキャラクターであるくまなん[3]は、生徒が考案し、創り出された。鼻が校章になっていることが特徴である。

沿革[編集]

  • 1985年9月 - 高校名が南陽高校に決まる。
  • 1985年11月 - 条例により京都府立南陽高等学校が設置される。
  • 1986年4月 - 開校、全日制普通科(第I類・第II類文理系・第II類英語系)を設置する。
  • 2004年4月 - 学区統合により、山城南通学圏から山城通学圏へ変更。総合選抜から単独選抜へ移行[1]
  • 2005年4月 - 第II類英語系の募集を停止。20周年を迎える。
  • 2006年4月 - 専門学科のサイエンスリサーチ科を設置。制服、研修旅行先が沖縄から北海道に変更(普通科)。 地元業者による弁当販売開始。
  • 2011年4月 - 類型制度を廃止し、名称を「南陽アドバンス(NA)」と「南陽スタンダード(NS)」に変更。[4]SR科2クラス、普通科7クラスの編成となる。
  • 2012年4月 - 京都サイエンスネットワーク校に指定。[5]
  • 2015年4月 - 30周年を迎える。
  • 2018年4月 - 附属中学校を開校する予定。

部活動[編集]

男子ソフトボール部となぎなた部はインターハイの常連である[6]

体育系
  • 陸上競技部
  • サッカー部
  • 硬式野球部
  • 男子テニス部
  • 女子テニス部
  • バドミントン部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • 男子ソフトボール部
  • 女子ソフトボール部
  • 男子バレーボール部
  • 女子バレーボール部
  • 卓球部
  • なぎなた部
  • 剣道部


吹奏楽部は関西吹奏楽コンクールに出場。 マジック部は珍しい部活である。

文化系
  • 演劇部
  • 書道部
  • 吹奏楽部
  • 美術部
  • 文芸部
  • マジック部
  • ESS部
  • 放送局

出身者[編集]

交通[編集]

詳細は[1]を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]