ヴィルモス・スィグモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いジグモンド・ヴィルモシュと表記することもあります。
ヴィルモス・スィグモンド
Vilmos Zsigmond
Vilmos Zsigmond
生年月日 (1930-06-16) 1930年6月16日
没年月日 (2016-01-01) 2016年1月1日(85歳没)
出生地 セゲド
国籍  ハンガリー

ヴィルモス・スィグモンドVilmos Zsigmond, ジグモンド・ヴィルモシュ、またはヴィルモシュ・ジグモンド、1930年6月16日 - 2016年1月1日[1])はハンガリーセゲド生まれの映画キャメラマン撮影監督

プロフィール[編集]

父親は著名なサッカー選手兼コーチ。10代半ばで写真、絵画について興味を持ち、その延長で映画の道へと進む。ブダペストの国立映画演劇アカデミーに入学後は、映画撮影で修士号を取得、その後、5年間の実地の後に、撮影監督の地位につくが、ハンガリー動乱に巻き込まれ、その様子を撮影したフィルムを持ってアメリカへ亡命することとなる。

亡命後はユニオンの規制が激しく、また語学面での問題もあったため、なかなか映画の仕事にとくことができず辛酸をなめるが、当時隆盛であった低予算映画に活路を見出し、その分野のカメラマンとして活躍、ホラーからドキュメンタリーなどあらゆるジャンルの映画を担当する。

やがて、効率のよさと芸術や撮影技術に長けた面がブライアン・デ・パルマロバート・アルトマンマイケル・チミノスティーヴン・スピルバーグといった新進気鋭の若手監督の注目を集め、彼らの『ギャンブラー』、『スケアクロウ』、『続・激突!/カージャック』などといったアメリカン・ニューシネマの傑作を数多く担当し、一躍、新世代のアメリカ映画を代表する名カメラマンへとなった。

低予算で鍛えた効率のよさに加え、ズームレンズや高感度フィルムといった当時の最先端の技術を駆使し、芸術的な映像美を作り出すことで知られ、『未知との遭遇』では、徹底したリアリズムとファンタシズムの融合という難題をこなし、見事アカデミー撮影賞に輝いた。また、現像処理についても、撮影前にごく少量の光を未感光のフィルムにあて、潰れがちな暗部階調を見え易いように操作する「フラッシング」という手法を開拓するなど技術革新や表現に多大な貢献を果たしている。

70歳を過ぎても現役で、『ブラック・ダリア』ではデジタル処理を取り入れるなど意欲的に活動していた。

2003年、ICG(国際撮影監督協会)は映画撮影史上最も影響を与えた人物としてビリー・ビッツアージョーダン・クローネンウェスコンラッド・L・ホールジェームズ・ウォン・ハウヴィットリオ・ストラーログレッグ・トーランドハスケル・ウェクスラーフレディ・ヤングゴードン・ウィリス、と並んでヴィルモス・スィグモンドを選出した。

主な担当作品[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]