クラウディオ・ミランダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クラウディオ・ミランダ
Claudio Miranda
生年月日 1964年
出生地  チリ サンティアゴ・デ・チレ
国籍 チリの旗 アメリカ合衆国の旗(二重国籍)
職業 撮影監督

クラウディオ・ミランダClaudio Miranda)は、チリ出身でアメリカ合衆国で活動する撮影監督である。デヴィッド・フィンチャーの『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を撮影したことにより、デジタル式映画撮影の作品としては初めてアカデミー撮影賞全米撮影監督協会賞にノミネートされた[1][2]

フィンチャーとの係わりは1995年の『セブン』で照明を務めて以来である。『ゲーム』、『ファイト・クラブ』でも同様の役割を務め、『ゾディアック』では追加撮影を行った。

フィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]