ヴィマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィマナ(船の形で描かれている)に乗ってアヨーディヤーに帰還したラーマ王子

ヴィマナ(vimana)とは、古代インド最古の古典リグ・ヴェーダ』の叙事詩ラーマーヤナ』および叙事詩マハーバーラタ』に登場する、自在に空を飛ぶ乗り物のことである。

現代の航空機のようにさまざまな形式があり、多くは叙事詩に登場する英雄たちによって戦争などに使用されている。大気圏または、大気圏外への航行が可能な幾種類のヴィマナがあったとされ、インドにおいてはこの故事からジェット機のことも「ヴィマナ」と呼んでいる。

概要[編集]

Vaimanika Shastraは、おおよそ紀元前10世紀頃にサンスクリット語で書かれた科学書又は技術解説書であるとされ、他の文献と異なり、神々の話などは一切記されず、ヴィマナに関しての記述のみが記されている。

ただし、この書物は一種のチャネリングによって20世紀初頭に口述されたものらしい。現存するテクストは1952年にG. R. Josyerにより発見されたが、彼によれば、この書物は1918-1923に、あるスッバラヤ・シャストリ師(Pandit Subbaraya Shastry)が口述したもので、ヒンドゥー語訳が1959年に、英訳が1973年に出版された(英語版en:Vaimanika Shastra参照)。この点から、この書物の信憑性には、歴史的にも科学的にも疑問がある。

もっとも本書自体が「ヴァラドヴァージャ」が書いたとされる、現代においては現存しない幻の『ヤントラ・サルヴァスパ』(「機械装置の百科事典」の意味)全40章からなる大聖典から、ヴィマナに関する1章を抜粋して書かれたものとされており、その情報量は原典より劣るものと、本書の著者(ら)が断りを入れている。

この文献には詳細な機体解説と操縦方法が載っており、レーダー探知、ジグザグ飛行、翼の展開と収縮、敵機内透視、煙幕カモフラージュ、太陽光線利用等の能力が解説されており、ヴィマナはその用途によって三角形デルタ翼型、円盤型、など数十種類のヴィマナがあったといわれる。

このほかにも本書にはヴィマナの構造や材質、飛行能力の各種別やパイロットの訓練といった運用面に至るまで、100ページ以上を割いて細部に渡る記述が見られる。

またヴィマナは通常、アシュヴィンと呼ばれる御者(パイロット)により動かされ「あたかも若い鷹であるかのように素早く」天空車を動かし、「天界へと上昇させることができる最高位の御者」であるとしている。天空車は通常2人で操縦し、アシュヴィンは常に航法手を伴っていたという。

(『ヴィマニカ・シャストラ』英訳より引用。太字は引用本文)

ヴィマナの構造[編集]

最初にヴィマナの定義が書かれている。それによるとヴィマナとは

「飛行術の専門家によれば、空中を国から国へ、島から島へ、世界から世界へ飛行して移動できる機械」

とされる。次にパイロットが精通していなければならないヴィマナの機能に関する32の“秘密”、これらは機体の構造、離着陸と飛行の性能、操縦の方法の3種類に大別され、どの装置をどう使えば能力を発揮できるかが説明されている。続いてヴィマナの能力、パイロット候補者に必要な服装と食事法が論じられたあと、冶金学の解説に移る。材質に関しては、ヴィマナは金属構造であることが強調されており、ヴィマナには“熱吸収力”の強い特別の金属しか適さないと述べられている。その後、ヴィマナの特殊装備と動力源についての記述が続く。

そして本書の末尾近くには、著者「マハリシ・バラドヴァージャ」の言葉が記されている。

「(本書の内容は)私が古代の著作物を参照しつつ、貧しい能力をふりしぼって叙述したものである」

ヴィマナの種類(航空機種別)[編集]

「ヴィマニカ・シャストラ」の記述による多種に渡るヴィマナの種別から代表的なものを抜粋。(詳細は外部リンクを参照されたい)

  • シャクナ・ヴィマナ(Shakuna Vimāna)
  • スンダラ・ヴィマナ(Sundara Vimāna)
  • ルクマ・ヴィマナ(Rukma Vimāna)
  • トリプラ・ヴィマナ(Tripura Vimāna)
  • アグニ・ヴィマナ(Agnihotra Vimāna)(サンスクリット語で「火」を意味する。)
  • プシュパカ・ヴィマナ(Pushpaka Vimāna)(サンスクリット語で「花のような」の意味。)
  • ガジャ・ヴィマナ(Gaja-Vimāna)(サンスクリット語で「のような」の意味。同時に多発機の意。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]