ローラン・シュワルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Laurent Schwartz
人物情報
生誕 1915年3月5日
パリ, フランス
死没 2002年7月4日(87歳)
パリ, フランス
国籍 フランス
出身校 エコール・ノルマル
学問
研究分野 数学
研究機関 ストラスブール大学
グルノーブル大学
エコール・ポリテクニーク
パリ第7大学
博士課程
指導教員
ジョルジュ・ヴァリロン英語版
博士課程
指導学生
モーリス・オーダン英語版
ベナード・ビューザミ(Bernard Beauzamy)
アレクサンドル・グロタンディーク
ジャック=ルイ・リオン英語版
ベナード・マルグランジュ英語版
アンリ・ヌレンド英語版
ジャイルス・ピジェ英語版
フランソワ・トレヴェス(François Treves)
主な業績 超関数
シュワルツの核定理英語版
シュワルツ空間
シュワルツ=ブリュア関数
ラドン化作用素英語版
柱状集合測度
影響を
与えた人物
パー・エンフロ英語版
主な受賞歴 フィールズ賞 (1950)
テンプレートを表示

ローラン・シュワルツロラン・シュヴァルツLaurent Schwartz, 1915年3月5日 - 2002年7月4日)は、フランス数学者である。

終生のトロツキストを自称していた[1]。またブルバキのメンバーの一人である。

略歴[編集]

ミシェル・ドブレとは親戚。1915年にパリドイツ系フランス人の家庭に生まれた。

エコール・ノルマルとパリ大学を卒業[2]。戦前(第二次大戦前)はナチスにフランスが無条件降伏して占領軍がやってくると、ユダヤ人であったシュワルツや彼の家族も身分証明書を偽造するなどサバイバルのためにあらゆる手段を用いたた[1]。あるホテルに占領軍がやってきて危うく暗殺されそうになるが、なんとか危機を凌いだこともある[1]

配偶者も数学者であり大学時代の友人でもあったが、病弱であり、結核で致命的状態になったが奇跡的に復活している[1]。当時は結核は不治の病で隔離され、現代におけるエイズ患者のような取り扱いであったと述べている[1]

戦後はナンシー大学でブルバキのメンバーとともに教育や研究にあたり[1]、後にエコール・ポリテクニク教授に就任している[2]。ナンシー大学時代はブルバキ主要メンバーが集結するなど優れた環境であったが、ナンシー大学時代二流大学であり、優秀な学生が少ない事に嘆いていた[1]ベトナム戦争では反戦運動を行い、実際にベトナムに赴いて数学を教えたりしてた[1]。そのとき電気も使えないベトナム人が電磁気学を理解できるのかどうか疑っていたが実際にベトナム人は理解していたようである[1]。ポリテク時代は反抗的な学生が悪ふざけで教室に象を連れてくるなどと批判している[1]

一切ノートを取らない主義で有名であり学生時代も数学関連の内容など全てを記憶していたが、後に考えを改め晩年はパソコンすら用いていた[1]。また幾何学的直感が皆無で初等幾何学の具体的図形などは全く理解できなかったが、しかし証明や論理構造は完璧に理解できたため、幾何学の授業では困らなかったとも述べている[1]

業績[編集]

著名な業績としてはなんといっても超関数 (distribution) の理論を構築したことで有名であろう。本人は超関数理論を「発明」したと強調して主張している[1]。これによって、物理学や工学で既に用いられていたが数学的基礎付けに欠けていたヘヴィサイドの階段関数ディラックのデルタ関数なども正当化され、解析学の適用範囲を大きく広げた。彼はそれに関する業績でアメリカのほうのケンブリッジ1950年に開かれた国際数学者会議にてフィールズ賞を受賞している[2]。超関数の理論は偏微分方程式ポテンシャル論スペクトル理論、などの解析学において重要な概念となっている[2]。また佐藤幹夫はシュワルツの超関数理論を更に一般化した超関数(hyperfunction)理論を創設した。

著書[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 闘いの世紀を生きた数学者
  2. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典2013小項目版「シュワルツ」より。

関連項目[編集]