ロメオの心臓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロメオの心臓
BLANKEY JET CITYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル ポリドール
チャート最高順位
BLANKEY JET CITY 年表
LOVE FLASH FEVER
1997年
ロメオの心臓
1998年
Harlem Jets
2000年
『ロメオの心臓』収録のシングル
テンプレートを表示

ロメオの心臓』(ロメオのこころ)は、BLANKEY JET CITYがポリドールからリリースした7作目のオリジナルアルバム。オリコンの売り上げとしてはバンド最高の30万枚以上を売り上げた。オリコン最高位7位。

内容[編集]

インダストリアル・ミュージック、打ち込みサウンドを積極的に取り入れた意欲作。レディオヘッドの影響があったと伝えられる。

元々のタイトルは「パンティー・ストッキング」。

ジャケットは三つ折になっていて、開くとメンバー3人が野球をしている絵になる。

公式発表では「ロメオの心臓」と書いて「ロメオのこころ」と読むが、メンバー自身は度々インタビューで「ロメオのしんぞう」と呼んでいる。アルバムの内容に関しては、「すごいかっこいい」「映画のサントラのように聞いて欲しい」と語っている。

レコーディングは東京で行い、約3か月で完成した。

収録曲[編集]

  1. パイナップルサンド
    作詞・作曲:浅井健一
    シングル「小さな恋のメロディ」のc/w曲。
    SEのサイレン音は、映画『マッドマックス』からサンプリングされている。
  2. 僕はヤンキー
    作詞:浅井健一、作曲:浅井健一、中村達也
    中村達也が楽曲作りに絡んでいる。
  3. VIOLET FIZZ
    作詞・作曲:浅井健一
    今までには無い、打ち込みが前面に出ている楽曲。
  4. 彼女は死んだ
    作詞:浅井健一、作曲:照井利幸、浅井健一
    照井利幸がウッドベースを使用している。
  5. 君の手のひらに
    作詞・作曲:浅井健一
  6. スクラッチ
    作詞:浅井健一、作曲:照井利幸、浅井健一
    リズムは全て打ち込みの楽曲。照井利幸がウッドベースを使用している。
  7. 赤いタンバリン
    作詞・作曲:浅井健一
    11thシングル。
    後のベストアルバム『Blankey Jet City 1997-2000』に収録される。
    今までの作品に比べ、ポップだと言われることが多いが、本人たちは、特にポップな曲を書こうという意識は無く、単にかっこいいと思って作った。
  8. ロメオ
    作詞・作曲:浅井健一
    先行シングル左ききのBabyのカップリング曲にして、アルバムのタイトル曲。
    後のベストアルバム『Blankey Jet City 1997-2000』に収録される。
    ユアン・マクレガーが出演するボブソンジーンズのCMのタイアップが先に決まり、そのために書き下ろした。
  9. HAPPY SUNDAY MORNING
    作詞:浅井健一、作曲:照井利幸、浅井健一
  10. 古い灯台
    作曲:浅井健一、照井利幸、中村達也
    インストナンバー。
    後のベストアルバム『Blankey Jet City 1997-2000』に収録される。
    ライジングサン・ロックフェスティバルでは、各バンドの入場曲に使用された。
  11. 幸せな人
    作詞:浅井健一、作曲:照井利幸
  12. ドブネズミ
    作詞・作曲:浅井健一
  13. 小さな恋のメロディ
    作詞・作曲:浅井健一
    12thシングル。「家族そろってボキャブラ天国」のエンディングテーマ曲
    同タイトルの映画が元になっている。
  14. ハツカネズミ
    (作曲:浅井健一、:編曲:BLANKEY JET CITY)
    ドブネズミのインスト。