AJICO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AJICO
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
活動期間 2000年 - 2001年
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
(2000年 - 2001年)
公式サイト SPEEDSTAR RECORDS | AJICO
メンバー UAボーカル
浅井健一ギター、ボーカル)
TOKIEベース
椎野恭一ドラムス

AJICO(アジコ)は日本のロックバンドUAと元BLANKEY JET CITY浅井健一を中心とした男女4人で構成される。2000年に結成し、2001年に活動休止。

概要・略歴[編集]

UAのアルバム『turbo』(1999年)に浅井健一が「ストロベリータイム」と「午後」の2曲を提供し、レコーディングにも参加したことをきっかけに結成されたバンド[1]。メンバーはUA、浅井健一、TOKIE椎野恭一の4人。椎野はUAが希望し、ベースは“女でアップライトが弾ける人”ということを事前に決めていたが、後日浅井がとあるイベントでその条件に合うTOKIEを見つけた[2]

バンド名のAJICOとはUAの命名で、彼女自身は名前に意味はなく響きで選んだと語っているが[3]、浅井は宇宙を彷徨うヨットのことであると語っている[4]

楽曲のほとんどは浅井の作曲によるもので、作詞は浅井とUAがそれぞれ担当している。音楽的ジャンルとしては、浅井の在籍するSHERBETSに近いオルタナティブ・ロックに分類されることが一般的である。ライブではBLANKEY JET CITYやUAのセルフカバーなど同バンドオリジナル以外の楽曲も演奏されることが多い。

2000年、ライヴ・イベントなどへの出演を経て、同年11月にシングル「波動」でメジャー・デビュー[1]。その後、数枚のシングルとアルバムを発表するも、翌2001年の3月20日に赤坂BLITZで行われた「2001年AJICOの旅」ツアーファイナルを最後に活動を停止した。

メンバー[編集]

  • 各個別についての詳細はそれぞれの記事を参照のこと。
UA
ボーカル担当。作詞も行う。
浅井健一
ギター、ボーカル担当。数曲の作詞とほぼ全曲の作曲を担当。
TOKIE
ベース担当。
椎野恭一
ドラムス担当。

作品[編集]

シングル[編集]

波動[編集]

波動(VICL-35187、VIJL-60070)は、2000年11月22日にリリースされたAJICOのファースト・シングル。

美しいこと[編集]

美しいこと(VICL-35226、VIJL-60075)は、2001年1月24日にリリースされたAJICOのセカンド・シングル。「NTT東日本」のCMイメージ・ソングを収録。

ペピン[編集]

ペピン(VICL-35281、VIJL-60087)は、2001年6月27日にリリースされたAJICOのサード・シングル。BLANKEY JET CITYが1999年にリリースした14thシングルのカバー・バージョンをライヴ・テイクで収録。「SUNNY(Live)」は、アルバム未収録。

CD EXTRA(エンハンスド)の内容は、『AJICO Tour 「2001年AJICOの旅」 Special Movie』と題した約4分のダイジェスト映像を収録。帯付の紙ジャケット仕様で、中に見開きの歌詞カードが入っていて、2曲ともに歌詞が記載されている[注 1]

アルバム[編集]

深緑[編集]

深緑2001年2月7日、VICL-60686、VIJL-60076/60077)

AJICO SHOW[編集]

AJICO SHOW
AJICOライブ・アルバム
リリース
録音 2001年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS
AJICO 年表
深緑
2001年
AJICO SHOW
2001年
テンプレートを表示

AJICO SHOW(VICL-60761/60762、VIJL-60088/60089)は、2001年2月9日から3月20日にかけて、全国14ヶ所で行われたライブツアー「2001年AJICOの旅」の模様を収めたライブ・アルバム。2001年7月25日にリリースされた。ブランキー・ジェット・シティの楽曲「ペピン」やUAのソロ、さらにデイヴ・ブルーベック・カルテットの「Take5」のカバー曲などが収録されている。

Disc1
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「青い鳥はいつも不満気」 UA 浅井健一
2. 「Take Five」(原曲:Dave Brubeck) イオラ・ブルーベック、デイヴ・ブルーベック ポール・デスモンド
3. 「すてきなあたしの夢」 UA 浅井健一
4. 「美しいこと」 浅井健一 浅井健一
5. 「金の泥」 UA 浅井健一
6. 「GARAGE DRIVE」 浅井健一 浅井健一
7. 「毛布もいらない」(原曲:「黒い宇宙」BLANKEY JET CITY) UA 浅井健一
8. 「悲しみジョニー」(原曲:UA) UA 朝本浩文
Disc2
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「深緑」 浅井健一 浅井健一
2. 「ペピン」(原曲:「Pepin」BLANKEY JET CITY) BLANKEY JET CITY BLANKEY JET CITY
3. 「歪んだ太陽」(原曲:UA) UA ジョニー・フィンガーズ
4. 「フリーダム」 浅井健一 浅井健一
5. 「カゲロウソング」 UA 浅井健一
6. 「ひまわり」(原曲:SHERBETS) 浅井健一 浅井健一
7. 「午後」(原曲:UA) UA 浅井健一
8. 「波動」 UA 浅井健一

VHS/DVD[編集]

AJICO SHOW[編集]

AJICO SHOW
AJICOライブ・ビデオ
リリース
録音 2001年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS
テンプレートを表示

AJICO SHOW(VIVL-261、VIBL-35)は、AJICOの映像作品。2001年2月9日から3月20日にかけて、全国14ヶ所で行われたツアー「2001年AJICOの旅」のライヴ&ドキュメント映像を収録。2001年7月25日にリリースされ、2004年9月22日に再発された。

DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「波動」    
2. 「Lake」(原曲:「麦」SHERBETS)    
3. 「Take Five」(原曲:Dave Brubeck)    
4. 「すてきなあたしの夢」    
5. 「美しいこと」    
6. 「金の泥」    
7. 「青い鳥はいつも不満気」    
8. 「GARAGE DRIVE」    
9. 「毛布もいらない」(原曲:「黒い宇宙」BLANKEY JET CITY)    
10. 「深緑」    
11. 「悲しみジョニー」(原曲:UA)    
12. 「ペピン」(原曲:「Pepin」BLANKEY JET CITY)    
13. 「歪んだ太陽」(原曲:UA)    
14. 「フリーダム」    
15. 「カゲロウソング」    
16. 「庭」    
17. 「午後」(原曲:UA)    
18. 「波動」    

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに、初回盤のみ「AJICO A3ポスター」が封入されている。

出典[編集]

  1. ^ a b AJICO|アーティスト・プロフィール”. CDJournal. 2013年6月30日閲覧。
  2. ^ 「合わせてみたら、その感触がすごかった」、同上記事における浅井発言。[リンク切れ]
  3. ^ 熊谷美広 「260号 AJICO」、株式会社BIG EAR ANTS、2001年1月。(参照:2007年12月27日)[リンク切れ]
  4. ^ 「特集:AJICO A MAP WAS DESCRIBED」、『SWITCH 2000年12月号』第18巻第10号、スイッチ・パブリッシング2000年11月20日

外部リンク[編集]