Bang!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bang!
BLANKEY JET CITYスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル Rock
レーベル 東芝EMI
プロデュース 土屋昌巳
BLANKEY JET CITY アルバム 年表
Red Guitar And The Truth
(1991年)
Bang!
(1992年)
C.B.Jim
(1993年)
『Bang!』収録のシングル
テンプレートを表示

Bang!』は、BLANKEY JET CITYスタジオ・アルバム

1992年1月22日にリリースされた。

概要[編集]

2ndアルバム。アマチュア時代のレパートリーが中心に収録されているが、解散直前までライブの主要曲として演奏された曲が多く、彼らの代表作の一つとされている。

照井は、1996年に今まで作ったアルバムの中で、このアルバムは特別に好きと語っている。

このアルバムより、東芝EMI時代のスタジオ盤のプロデュースは土屋昌巳が手がけている。

一部の曲におけるギターパートの作成と演奏は、土屋昌巳によって行われたとの説があったが、「ギターマガジン」2013年2月号に掲載された浅井のインタビューにて、浅井本人が全て作成し演奏したと説明された。なお、同インタビューにてマスタリング作業が行われていないことも明かされた。

収録曲[編集]

  1. RAIN DOG
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    後のベストアルバム『THE SIX』、『Blankey Jet City 1991-1995』に収録される。
    インディーズ時代のデモ・バージョンでは「今にも吹き飛ばされそうな風の中を」から始まる歌詞パートが先頭にあった。
  2. 冬のセーター
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    東芝EMIと契約する前後に作成された曲であり、最初期のタイトルは「グランド・マザー」。「ミュージックステーション」初登場の時に披露した。
    3rd Single。後のベストアルバム『THE SIX』、『Blankey Jet City 1991-1995』に収録される。
  3. SOON CRAZY
    作曲:照井利幸/作詞:浅井健一
    ライブでの定番曲。
  4. ヘッドライトのわくのとれかたがいかしてる車
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    後のベストアルバム『THE SIX』に収録される。
  5. 絶望という名の地下鉄
    作曲:照井利幸/作詞:浅井健一
    後のベストアルバム『国境線上の蟻~The Very Best of Blankey Jet City~』に収録される。
    この曲のタイトルはテネシー・ウィリアムスの戯曲 『 A STREETCAR NAMED DESIRE 【欲望という名の電車】』 をもじったもの。
    1996年頃から大幅なアレンジが加えられ、CDに収録されたバージョンとは大きく異なる演奏を行った。
  6. とけちまいたいのさ
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    ブランキーの楽曲の中で唯一レゲエ調のカッティングを取り入れている。
  7. ★★★★★★★
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    元のタイトルは、「人殺しの気持ち」。
  8. クリスマスと黒いブーツ
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    シングル「冬のセーター」のC/W曲。
    後のベストアルバム『国境線上の蟻~The Very Best of Blankey Jet City~』、『Blankey Jet City 1991-1995』に収録される。
  9. BANG!
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    このアルバムのタイトル曲。
    後のベストアルバム『国境線上の蟻~The Very Best of Blankey Jet City~』に収録される。
  10. ディズニーランドへ
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    後のベストアルバム『THE SIX』、『Blankey Jet City 1991-1995』に収録される。
    この曲の登場人物である「友達」は実在し、浅井健一の友人である。本当にノイローゼになって病院に通っていた。
  11. 二人の旅
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    浅井が22歳の時に名古屋にて作曲。
  12. 小麦色の斜面
    作曲:浅井健一/作詞:浅井健一
    照井がベースラインをつけるのに苦労したが、土屋昌巳にストーンズの「悪魔を憐れむ歌」のように弾いてはどうかとアドバイスを受け、収録されたベースラインが完成した。歌詞の「目を潰すだけさ」は土屋のアイディアだが、浅井はあまり気に入っていない。