ホリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホリカを祝う祭り(ネパール・カトマンズ)
祭りでホリカは燃やされる(インド・デリー)

ホリカ(Holika)は、インド神話に登場するアスラ神族ダイティア族の神である。兄はヒラニヤカシプ・ヒラニヤークシャである。ヒラニヤカシプの息子プラフラーダがアスラ神族の天敵の神ヴィシュヌを崇拝していた。父が止めても子プラフラーダはヴィシュヌ崇拝を止めないので妹ホリカの力を借りてプラフラーダを焼き殺そうとした。しかしヴィシュヌの加護を受けているプラフラーダはまったく無傷で逆にホリカが業火に焼き尽くされて死んでしまったという[1][2]

このことを祝う祭りが「ホーリー祭」である。

脚注[編集]

  1. ^ クリシュナが出る説話のバージョンもある。
  2. ^ その後ヒラニヤカシプはヴィシュヌの化身ナラシンハに殺された。

参考文献[編集]

  • Constance Jones, Holi, in J Gordon Melton (Editor), Religious Celebrations: An Encyclopedia of Holidays Festivals Solemn Observances and Spiritual Commemorations, ISBN 978-1598842067

関連項目[編集]