ブッキングドットコム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブッキングドットコム
Booking.com BV
Booking.com logo2.png
Booking.com Headquarters3.JPG
アムステルダムの本社
種類 子会社
本社所在地 オランダの旗 オランダ
1017 CE
Herengracht 597 アムステルダム
北緯52度21分56秒 東経04度53分54秒 / 北緯52.36556度 東経4.89833度 / 52.36556; 4.89833座標: 北緯52度21分56秒 東経04度53分54秒 / 北緯52.36556度 東経4.89833度 / 52.36556; 4.89833
設立 1996年
業種 サービス業
事業内容 宿泊施設オンライン予約
代表者 ギリアン・タンズ (CEO)[1]
従業員数 15000人以上[2]
外部リンク Booking.com ブッキングドットコム
テンプレートを表示

ブッキングドットコム: Booking.com)は、ホテル旅館等の宿泊施設に関するオンライン予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ。宿泊予約コンテンツとしては世界最大の利用実績を持つ[3]

また、Booking.com BVは、オランダアムステルダムに本拠地を置く、同サービスを運営するオンライン・トラベル・エージェンシーOnline Travel Agency, OTA)であり、プライスライングループNASDAQ: PCLN)の最大ブランドを構成している。

Booking.com BV(運営企業)[編集]

草創期[編集]

オランダのトゥウェンテ大学で情報工学を専攻していたGeert-Jan Bruinsmaは、インターネットを使った起業を志望する大学生であったが、友人とのディナー中にオンラインホテル予約のアイデアを得て、大学卒業後の1996年11月に「Booking.nl」を設立した[4]1997年1月にウェブサイトを使ったサービスを開始(宿泊施設登録数は10軒)、設立後の約2年間はBruinsma1人で全ての業務を行う個人企業であったが[4]、設立時点で、写真を閲覧しながら、自身の言語で説明を読むことができ、簡単なステップでホテルを予約できるシステムの構築が考えられていた[5]。当時アムステルダムではインターネットを利用したホテル予約サービスの試みがすでに存在したものの、それらは実際の予約でメールを介さねばならなかったため、Bruinsmaはウェブ上で予約が完結するシステムを構築、ライバルを追い抜くことに成功した[4]。ヨーロッパでは一般層へのインターネット普及が緩慢だったため、この時期の利用者の3分の2はアメリカ人旅行者であった[4]1998年の年末に最初のスタッフが雇用された[4]。この時期のスタッフは学生が中心であったが、後に2008年9月から2011年までCEOを務めるKees Koolenが参加し、新規の技術スタッフや営業スタッフを巻き込み、展開が進められていった[6]。2000年代に入り、アメリカのオンライン旅行会社が、マーチャントモデル(OTAへの料金先払い、ただし予約後のキャンセル不可)を武器に国際進出を始めたが、Bruinsmaはエージェンシーモデル(料金ホテル決済)を使い「キャンセル無料」を看板にすることで旅行者の支持を得られると判断、この方針は以後もCMOArthur Kostenらにより継続され、現在のブッキングドットコムに至るビジネスモデルが確立された[4]2002年以降オランダ国外へ進出し、パリベルリンバルセロナ等のホテルに取扱を拡大[7]2003年、ウェブサイト名をBooking.nlから「Bookings」に改めている[4]。本拠地はベルリンに移すことも検討されたが、アムステルダムに落ち着くことになった[8]

プライスラインの一員に[編集]

アメリカの多くのOTAが関心をマーチャントモデルに集中させていた中で、2003年プライスラインドットコムBookingsのビジネスモデルに関心を示し、買収をオファー[4]、社内の意見は二分されたが、2005年7月、Kees Koolenが最終的に買収受け入れを決断し[9]、プライスラインの一員になることとなった[10]。買収時点での宿泊施設登録数は1万軒前後であったが[11]2006年イギリスケンブリッジのOTAであったActivehotels.comの統合を契機に[12]、ウェブサイトを現在の「Booking.com」に改名[5]、当時アメリカに比べて立ち遅れていた、ヨーロッパにおけるオンラインホテル予約サービスの拡大が進められた[13]2007年4月のドバイケープタウンを皮切りに、ヨーロッパ外への進出も開始された[14]。なお創業者のBruinsmaは、自身の子育てを理由に2003年いったん会社を離れたが[4]Kees Koolenの誘いを受けて2011年3月に復帰、以降技術者として、コンテンツの改善に従事している[9]

グローバル企業へ[編集]

2008年に、ニューヨークサンフランシスコ[15]シドニー[16]など、世界各地に相次いで拠点を開設、2010年9月にホテル登録数が10万軒を突破[17]2015年2月に60万軒突破[18]2016年8月に100万軒を突破した[19]。2011年9月以降、マイクロソフト日本法人元社長のダレン・ヒューストンがCEOを務めてきたが[20]2016年4月に、CEOは元ゴールデンチューリップホテル勤務のギリアン・タンズに代わった[21]2012年以降、レンブラント広場前の「The Bank[22]」内に本社を定めている[23]

Booking.com Japan東京オフィスの入居するオーク表参道 カスタマーサービスセンターの入居するパークシティ大崎
Booking.com Japan東京オフィスの入居するオーク表参道
カスタマーサービスセンターの入居するパークシティ大崎

Booking.com BVは現在、世界70カ国に204の支社を持つ[2]。ヨーロッパ各地域[24]オーストラリア[25]など広い地域において、オンライン宿泊施設予約の最大手企業となっており、アメリカ合衆国が、国別予約数で最多となっている[26]。また、プライスライングループの収益面における事実上の中核企業となっており、2016年には、プライスライングループ全体の収益Revenue)の約74%を、Booking.com BVがあげている[27]

以前は登録施設のほとんどがいわゆるホテルであったが、2010年代前半から、バケーションレンタルの登録を拡充し[28]民泊を含む、総合的な宿泊予約サイトに変貌した[29][30]。欧米ではブッキングドットコムはホテル予約サイトであると同時に、バケーションレンタル予約サイトとして認知されており[31]ウォール・ストリート・ジャーナルの調査では、2016年におけるブッキングドットコム利用の民泊は、全世界の予約数ベースでAirbnbの60%前後の数字と推定されている[32]。なお、民泊に関して従来の法規制が存続してきた日本では、現行の法令を順守した上で登録を開始したと発表している[33]

日本語ウェブサイトは、「Bookings」時代の2005年に開設されており[34]、海外OTAの運営する日本語ウェブサイトとしては、最も長い歴史を持つ[35]2009年東京に事業所を開設[36]。2017年現在、東京(表参道、大崎)、大阪福岡那覇札幌にオフィスを持つ[37]

様々な企業とのアフィリエート提携を強化しており、エアライン各社やレンタカー、航空券手配サイトなどと提携関係に有る。また、旅行ガイドブック「地球の歩き方」や[38]、世界的に知られる旅行ガイドブック「ロンリープラネット」「ミシュランガイド」も同様にアフィリエートでの提携をしている[39][40]。ほかに、ニューヨーク市観光局[41]サンフランシスコ観光協会[42]など、世界各地域の観光関係諸機関や航空会社と提携関係を持つ。

楽天トラベルとは、2016年2月より、海外ホテル予約サービスに関して提携、一部地域に対する在庫提供を開始した[43]

日本におけるブッキングドットコムの利用は、これまで海外旅行を目的とするアウトバウンド予約の割合が高かったが、2016年には、日本国内ユーザーによる国内宿泊施設の予約の割合が最多となった[44]。日本国内のホテル登録数は、海外OTAの運営するウェブサイト、アプリとしては、2017年時点で第1位となっている[45]

サービス内容[編集]

登録宿泊施設は、高級ホテルチェーンから、旅館、個人経営のB&Bアパートメント、ゲストハウス、バカンス向けの長期滞在施設、バケーションレンタルなどを30以上もの宿泊施設タイプをカバーしている。また、ブッキングドットコムのバケーションレンタルは、予約時にホストとのやり取りを必要とせず、ホテル予約と同様の操作で予約を完了できるシステムとなっている[30]

24時間日本語対応のカスタマーサービスセンター(Booking.com Consulting Service Japan)が、東京(大崎)に設けられている[46]。同センターには旅行業務取扱管理者が常駐、外部委託を排し、対応は全てバイリンガルの自社スタッフにより行われている[30]

ブッキングドットコムのビジネスモデルは、決済を宿泊施設現地で行う方式(エージェンシーモデル)が用いられている[47]

ホテル検索

出張利用またはレジャー利用を選択、出張利用を選択すると、領収書の発行を宿泊施設に事前依頼可能な仕様となる。Google マップ上で、宿泊施設の位置確認ができ、周辺の宿泊施設も表示される。

キャンセルを宿泊直前まで無料とする宿泊プランを多く掲載していることが、ブッキングドットコムの特徴の一つとなっている。

口コミ

ユーザーの参考となる口コミ内容を常に保つ観点から、24ヶ月以内の口コミに限定して表示され、投稿は実際に泊まったユーザーのみが可能なシステムとなっている。投稿者が宿泊者本人であることや不適切な表現の有無等をブッキングドットコムのスタッフが確認の上掲載される。

Award of Excellence(クチコミアワード)」をはじめ、口コミで高得点を獲得した宿泊施設に対する表彰制度が設けられ、毎年実施されている。高級ホテルの口コミ投稿数では、トリップアドバイザーと僅差の世界第2位となっている[48]

料金支払い・予約確認

基本、支払いは現地払い(一部の施設では一泊分を事前にホテルに徴収される場合もある)。キャンセル料が直前までかからないプランを多く掲載していることが、ブッキングドットコムの特徴の一つとなっている。

ブッキングドットコムでの予約は、利用者がブッキングドットコムのフォーマットを通じて宿泊施設と契約することを意味しており、料金先払いのプランも含め、決済は宿泊施設の名義で行われる(ブッキングドットコムが利用者に料金を請求することは無い)[49]。予約には、クレジットカードの登録が必要(キャンセル料の発生時に使用するため)だが、日本国内やアジア地域の宿泊施設の予約では、クレジットカードなしで予約可能な場合も多い。

リクエスト欄から、宿泊施設に直接リクエストを送信することも可能である(海外の宿泊施設の場合は、英語または現地語での送信となる)。簡単なメッセージであれば自国の言葉でホテルにメッセージが送れるサービス「Booking Message」も開始した[50]

なお、各種免責事項が、ウェブサイト内の利用規約に明記されている[51]。これらの免責事項に属する事柄(オーバーブッキングに由来する予約内容の変更・取消など)に関しては、基本的には、利用者各自が、直接宿泊施設と適切な交渉を取り解決することになる。

最安値保証サービス

ブッキングドットコムで宿泊施設を予約後、同条件の予約が別のウェブサイトでより安い価格で提供されていることを発見した場合、カスタマーサービスに連絡すれば、宿泊がその価格と同料金となるサービス。条件を満たしている必要があるが[52]、適用されると、ブッキングドットコムが利用者に差額の支払いを行う[53]

誤課金時の返金手続き

キャンセル無料の宿泊施設でキャンセルを行ったものの、宿泊施設側のミスにより誤って料金を請求された場合は、カスタマーサービスに請求書を送ることによって、返金の手続きが行われる。請求書の送信は、オンライン・紙媒体それぞれ可能である。

登録者サービス

アカウントを作成し、メールマガジンに登録すると、「マイ Booking.com」で、シークレットセールと呼ばれる割引情報の表示などが行われる。さらに、予約頻度の高い登録利用者は「Booking Genius」に認定され、一部の宿泊施設に関して、Genius割引と呼ばれる、更なる割引料金で利用したり、Genius無料特典と呼ばれる、レイトチェックアウトやギフトなどの特典が受けられる[54]

その他

トップページのリンク「フライト」に関してはKAYAKを、「レンタカー」「空港発着タクシー」に関してはレンタルカーズドットコムを、「レストラン」に関してはオープンテーブルをそれぞれ参照。KAYAK、レンタルカーズドットコム、オープンテーブルは、いずれもプライスライングループの傘下にある。

日本の航空会社では、日本航空(JAL)全日本空輸(ANA)が、スカイチームの航空会社では、エールフランスKLMオランダ航空(フライング・ブルー)などが、ブッキングドットコムを利用した宿泊施設予約により、マイルが貯まるサービスを行っている。ブッキングドットコム専用のバナーを経由し予約するとマイルが貯まる(詳細は外部リンク参照)。

派生サービス[編集]

Booking.com for business

法人・団体ユーザー向けの出張管理ツール(日本語対応)。法人会員の登録をすることで様々なサービスを受けられる。2015年4月リリース[55][56]

脚注[編集]

  1. ^ Leadership Priceline Group” (英語). プライスライングループ. 2015年2月1日閲覧。
  2. ^ a b Booking.comについて 概要”. Booking.com. 2017年9月3日閲覧。
  3. ^ 1日平均の宿泊予約室数(RoomNights、ルームナイツ)は150万泊となっている。[1]エクスペディアグループ全体(Expedia,Inc)の1日平均ルームナイツは67万泊(2016年年間実績。[2])であり、Airbnbの1日平均ルームナイツは21万6千泊(2015年9月、ロイターによる推計値。[3])である。
  4. ^ a b c d e f g h i The Definitive Oral History of Online Travel” (英語). Skift (2016年6月1日). 2016年8月7日閲覧。
  5. ^ a b Booking.com History and Culture” (英語). Prezi. 2016年4月3日閲覧。
  6. ^ Kees Koolen en Geert-Jan Bruinsma over Booking.com” (オランダ語). Twente.com (2014年3月). 2016年4月3日閲覧。
  7. ^ De succesvolle weg die Booking.com heeft uitgevonden” (オランダ語). Travel Next (2013年5月28日). 2016年4月3日閲覧。
  8. ^ “Gigant Booking.com denkt aan eigen campus in Amsterdam” (オランダ語). Het Parool. (2014年10月7日). http://www.parool.nl/parool/nl/4024/AMSTERDAM-CENTRUM/article/detail/3763445/2014/10/07/Gigant-Booking-com-denkt-aan-eigen-campus-in-Amsterdam.dhtml 2016年4月3日閲覧。 
  9. ^ a b Zo werd Booking.com Nederlands grootste internetsucces” (オランダ語). Netkwesties (2014年12月22日). 2016年4月29日閲覧。
  10. ^ U.S. Internet Travel Company Priceline.com Acquires Bookings B.V. Online Hotel Reservation Service” (英語). プライスラインドットコム (2005年7月4日). 2016年5月8日閲覧。
  11. ^ Why Priceline’s purchase of Booking.com was the most profitable travel deal of the 2000s” (英語). Tnooz (2012年10月2日). 2015年4月1日閲覧。
  12. ^ Active Hotels becomes Booking.com” (英語). TravelMole (2006年11月27日). 2015年2月1日閲覧。
  13. ^ 東洋経済オンライン 株価2倍!ホテル予約プライスラインの秘密”. 東洋経済新報社 (2013年1月22日). 2015年2月1日閲覧。
  14. ^ BOOKING.COM Forges Ahead with International Business Expansion” (英語). プライスラインドットコム (2007年4月23日). 2016年5月8日閲覧。
  15. ^ Booking.com Opens Two New Offices in the US” (英語). プライスラインドットコム (2008年3月4日). 2016年5月8日閲覧。
  16. ^ Booking.com Opens New Offices in Sydney, Moscow and Orlando” (英語). プライスラインドットコム (2008年12月5日). 2016年5月8日閲覧。
  17. ^ Booking.com Achieves Milestone With Direct Connections to 100,000 Hotels in 89 Countries” (英語). プライスラインドットコム (2010年9月1日). 2016年5月8日閲覧。
  18. ^ Pick your perfect stay as Booking.com adds its 600,000th property” (英語). Booking.com (2015年2月17日). 2016年5月8日閲覧。
  19. ^ ブッキング・ドットコム、掲載施設数100万軒を突破”. 時事通信 (2016年8月5日). 2016年8月7日閲覧。
  20. ^ Darren Huston Named Chief Executive Officer of Booking.com” (英語). Booking.com (2011年9月26日). 2015年2月1日閲覧。
  21. ^ Priceline Group CEO Darren Huston Resigns; Chairman Jeffery H. Boyd Appointed Interim CEO” (英語). Booking.com (2016年4月28日). 2016年4月29日閲覧。
  22. ^ アムステルダム銀行の土地にあり、現存する建物は1926年の建築。Architecture - The Bank Amsterdam” (英語). Kroonenberg Groep. 2016年4月3日閲覧。
  23. ^ Booking.com” (英語). Iamsterdam. 2016年4月3日閲覧。
  24. ^ Booking.com is thrashing Expedia in Europe, says survey” (英語). Tnooz (2013年7月8日). 2016年8月7日閲覧。
  25. ^ “Booking.com now Australia's biggest” (英語). シドニー・モーニング・ヘラルド. (2014年10月3日). http://www.smh.com.au/business/bookingcom-now-australias-biggest-20141002-10pf5w.html 2015年2月1日閲覧。 
  26. ^ ブッキング・ドットコムの「次の一手」、日本地区の責任者に聞いてきた”. トラベルボイス (2015年8月10日). 2016年1月1日閲覧。
  27. ^ ANNUAL REPORT 2016 (PDF)” (英語). プライスライングループ (2017年2月27日). 2017年3月27日閲覧。
  28. ^ Interview: Priceline CEO on Why He Didn’t Spend $4 Billion to Acquire HomeAway” (英語). Skift (2015年11月30日). 2016年1月1日閲覧。
  29. ^ ブッキング・ドットコム、個人宅レンタルの宿泊施設は66%増、総宿泊者数10億人超など各種データを公開”. トラベルボイス (2015年11月12日). 2016年1月1日閲覧。
  30. ^ a b c 世界2大OTA「プライスライン」副社長に聞く、ブッキング・ドットコムの戦略 - 民泊からタビナカ事業まで”. トラベルボイス (2015年11月25日). 2016年1月11日閲覧。
  31. ^ Airbnb, HomeAway, TripAdvisor, Booking, and Rented talk vacation rentals” (英語). Tnooz (2015年11月3日). 2016年1月1日閲覧。
  32. ^ Expedia, Priceline Home In on Airbnb’s Turf” (英語). ウォール・ストリート・ジャーナル (2017年7月24日). 2017年9月3日閲覧。
  33. ^ ブッキング・ドットコム、民泊の予約開始、法令順守で「別荘」カテゴリーに”. トラベルボイス (2016年6月9日). 2016年6月11日閲覧。
  34. ^ 2005年1月22日時点での「BOOKINGS」日本語トップページ
  35. ^ 日本に初上陸した海外OTAはイギリスのラストミニットドットコム(lastminute.com、2002年6月日本上陸)であるが、同社は2006年9月に日本市場から撤退した。
  36. ^ ブッキングドットコム(Booking.com)が「観光立国に貢献」を宣言、宿泊施設対象のイベントを開催”. トラベルボイス (2015年7月7日). 2015年7月24日閲覧。
  37. ^ Booking.comについて 海外支社”. Booking.com. 2015年2月1日閲覧。
  38. ^ 海外ホテル予約 地球の歩き方トラベル”. ダイヤモンド社. 2015年2月1日閲覧。ただし、地球の歩き方ではブッキングドットコム利用によるポイントサービス等は行っていない。
  39. ^ Hotels & hostels Lonely Planet” (英語). ロンリープラネット. 2015年2月1日閲覧。
  40. ^ MICHELIN Hotels” (英語). ミシュラン. 2015年2月1日閲覧。
  41. ^ ニューヨーク市観光局と世界最大の宿泊予約サイトBooking.comがパートナーシップ締結”. MICEジャパン. 2015年2月1日閲覧。
  42. ^ San Francisco Travel partners with world's largest accommodation site, Booking.com” (英語). サンフランシスコ観光協会 (2013年9月30日). 2015年2月1日閲覧。
  43. ^ 楽天トラベル、海外ホテルでブッキングドットコムと連携、ヨーロッパなど現地拠点のない地域で”. トラベルボイス (2016年2月3日). 2016年6月11日閲覧。
  44. ^ ブッキング・ドットコム、日本での売り上げが4年間で8倍に伸長”. トラベルWatch (2016年9月1日). 2016年9月18日閲覧。
  45. ^ 16,000軒以上。エクスペディアの国内ホテル登録数は9,300軒強。
  46. ^ 宿泊予約件数の増加を受け 1月7日(木)東京・大崎にカスタマーサービスセンターを移転”. PR TIMES (2016年1月7日). 2016年1月11日閲覧。カスタマーサービスセンターは2017年現在、オランダ、フランス、ドイツ、スペイン、アメリカ(2拠点)、中国、日本の7カ国8拠点に置かれている。
  47. ^ 世界最大級のオンラインホテル予約サイトを活用しグローバルマーケットにアプローチ (PDF)”. 週刊ホテルレストラン (2011年5月27日). 2015年2月1日閲覧。この方式では、価格決定権はホテル側にある。最安値保証サービス(後述)適用の際は、ブッキングドットコムがホテルに連絡を取ることになる。
  48. ^ 高級ホテルのクチコミ投稿数ランキング、2位はトップと僅差でブッキング・ドットコム、国別トップは急増する中国”. トラベルボイス (2016年9月7日). 2016年9月18日閲覧。
  49. ^ 楽天トラベルやじゃらんnet等と同様の方式で、エージェンシー(コミッション)モデルの採用と関係する。
  50. ^ メッセージを送れるホテルは、ブッキングドットコムが宿泊施設向けに提供している管理用アプリ「Pulse」を導入しているホテルとなる。ブッキング・ドットコム、新しいメッセージ機能『ブッキング・メッセージ』で宿泊施設とゲストのダイレクト・コミュニケーションを実現”. PR TIMES (2016年5月9日). 2016年10月7日閲覧。
  51. ^ Booking.com: 利用規約”. Booking.com. 2016年1月1日閲覧。
  52. ^ 適用条件に関しては、以下を参照。最安値保証”. Booking.com. 2015年2月1日閲覧。
  53. ^ ホテルサイトの最安値保証は本当か?Booking.comの最安値保証を実際試してみました”. 欧州自動車旅行案内. 2015年3月1日閲覧。
  54. ^ 2013年開始のサービス。10 steps to stand out from the crowd and bring direct traffic home” (英語). Tnooz (2013年7月26日). 2016年12月2日閲覧。
  55. ^ ブッキング・ドットコム、出張利用者の予約が2割に増加 今後も注力し半数まで引き上げへ”. Traicy.com (2015年10月21日). 2016年1月1日閲覧。
  56. ^ Booking.com Finally Enters the Corporate Travel Business” (英語). Skift (2015年4月29日). 2015年5月30日閲覧。

関連項目[編集]

  • アゴダ - アジアを中心として宿泊施設のオンライン予約サービスを提供する、プライスライングループの企業の一つ。ブッキングドットコムは、ホテルへの予約仲介であり、予約保証としてクレジットカード番号は必要なものの、実際はホテルで支払をするビジネスモデル(エージェンシーモデル。料金先払いの場合でも決済はホテルの名義で行われる)なのに対し、アゴダは、自社で支払を受付けバウチャーを発行、ホテルで宿泊料金を収受しないビジネスモデル(マーチャントモデル)である。なお、ブッキングドットコムはアゴダに自社在庫の一部を提供している。

外部リンク[編集]

モバイルアプリ
ビジネスデータ