アゴダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アゴダ
Agoda Company Pte. Ltd.
Agoda logo.png
種類 子会社
本社所在地 シンガポールの旗 シンガポール
049705
20 Cecil Street#14-01
Equity Plaza, Singapore
北緯01度17分00秒 東経103度51分03秒 / 北緯1.28333度 東経103.85083度 / 1.28333; 103.85083座標: 北緯01度17分00秒 東経103度51分03秒 / 北緯1.28333度 東経103.85083度 / 1.28333; 103.85083
設立 2005年
事業内容 オンラインホテル予約
代表者 ロバート・ローゼンスタイン(CEO[1]
従業員数 2000人以上[2]
外部リンク Agoda.com
テンプレートを表示

アゴダ(: Agoda.com)は、アジアを中心としたオンラインホテル予約を扱う、ウェブサイトおよびアプリ

また、Agoda Company Pte. Ltd.は、シンガポールに本社を置く、同サービスを運営するオンライン・トラベル・エージェンシーOnline Travel Agency, OTA)であり、プライスライングループ (NASDAQ: PCLN) の一部門を構成している。

沿革[編集]

アゴダ設立まで[編集]

1998年に、創業者マイケル・ケニーMr.Michael Kenny)によって、PlanetHoliday.comが設立された。初期のコンセプトは、急成長を遂げている検索エンジンを利用して、ホテル及び観光に関する情報を提供することにあった。 PlanetHolidayは、ホテル予約サイトを始めた数少ない企業の1つであり、後には何十億ドルのビジネスへと発展した。

ケニーは、ニューヨークのロングアイランド出身で、1990年初期にタイ王国へと移住し、プーケット島を拠点とし、小規模なウェブサイトを立ち上げた。ウェブサイト(と企業)は、2000年から2001年にバブルがはじけたインターネット・バブル、ニューヨークで起きたアメリカ同時多発テロ「9月11日の事件」、2003年に発生したSARSなど、どれも観光業においてひどく打撃を受けた様々な予期せぬ大惨事を乗り越えてきた。

2002年に、プーケットからバンコクへと移動し、2003年には、アフィリエイトのウェブサイトを通して予約販売するために、パートナーウェブサイトとして PrecisionReservations.com が加わった。2005年後期に、 PlanetHoliday.comPrecisionReservations.comが、Agoda Company Pte.Ltd.(アゴダ・カンパニー株式会社)として1つになった[3]

発展[編集]

2007年11月、アゴダ社は、アメリカプライスライングループにより買収され、3番目の国際的合併となった[4][5]2008年には、Travelmole Web Awards Asia のベストアコモデーションサイトのカテゴリーで賞を獲得した[6]

2010年4月、本拠地をバンコクからシンガポールに移転[7]、また日本に事務所を開設した[8]CEOは、2010年11月以降、ロバート・ローゼンスタイン(Robert Rosenstein)が務めている[9][1]

2016年現在、80万軒以上の宿泊施設を掲載している(直接契約分は16万軒)[8]バンコククアラルンプール東京シドニー香港ブダペストを主な拠点とし、2000人以上の雇用者がおり、日本語を含む40以上の言語で、空室確認・即時予約などができるサービスを提供する[2]

日本では、東京(渋谷区恵比寿南)や大阪など5か所に拠点(Agoda International JapanおよびAgoda Travel Operations Japan)を持つ[8][10]。日本語対応のカスタマーサポート(コールセンター)が、横浜ランドマークタワー内に設けられている[8][10]。24時間オペレーター対応を行っているが、日本語による問い合わせは、日本時間で朝9時から夜24時までの受付となっている。日本のオフィスに100人以上のスタッフが勤務している[8]

日本の航空会社では、日本航空(JAL)全日本空輸(ANA)が、スカイチームの航空会社では、デルタ航空(DAL)などが、アゴダを利用した宿泊施設予約により、マイルが貯まるサービスを行っている。アゴダ専用のバナーを経由し予約するとマイルが貯まる(詳細は外部リンク参照)。2016年1月、ポイントマックスと呼ばれる新たなマイル/ポイント提供サービスを開始[11]、6月、トップページから航空券の検索が可能となり、同じプライスライングループの企業であるKAYAKの航空券情報を参照できる仕様となった。

ブッキングドットコムとの相違点[編集]

アゴダでの検索結果に表示される一部の宿泊施設は、実際には、同じプライスライングループの企業であるブッキングドットコムでの契約となる[12]

アゴダとブッキングドットコムは、決済の形式が異なる。アゴダでは、クレジットカードによるアゴダへの前払いで、ホテルで宿泊料金の支払が不要なのに対し、ブッキングドットコムでは、予約保証のためにクレジットカード番号を通知するものの、決済自体は各宿泊ホテルでされる形式である(ブッキングドットコムにも先払い形式のプランがあるが、その場合でも、決済はホテルの名義で行われる)。このため、アゴダから検索を行い、実際にはブッキングドットコムでの契約となった場合、自動的にブッキングドットコムに予約情報が記録され、料金の請求はホテルが行うことになる。欧米では、アゴダ型のビジネスモデルはマーチャントモデル、ブッキングドットコム型のそれはエージェンシーモデルと呼ばれている[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b Leadership Priceline Group” (英語). The Priceline Group Inc.. 2016年3月21日閲覧。
  2. ^ a b About Agoda” (英語). Agoda Company Pte. Ltd.. 2016年3月21日閲覧。
  3. ^ この節全体に関して、以下も参照。Agoda Company Co-founder Celebrates 10 Years as Travel Entrepreneur” (英語). Agoda Company Pte. Ltd.. 2015年2月1日閲覧。
  4. ^ “Priceline.com acquires asian online hotel reservation service co Agoda” (英語). ロイター. (2007年11月8日). http://www.reuters.com/article/inPlayBriefing/idUSIN20071108160105PCLN20071108 2015年2月1日閲覧。 
  5. ^ “Priceline acquires Asian online hotel reservation service Agoda” (英語). domain-b.com. (2007年11月15日). http://www.domain-b.com/industry/Tourism/20071112_acquires.html 2015年2月1日閲覧。 
  6. ^ “Agoda Awarded 'Best Accommodation' Website in Asia by TravelMole” (英語). Agoda Company Pte. Ltd.. (2008年3月19日). http://www.agoda.com/info/travelmoleaward.html 2015年2月1日閲覧。 
  7. ^ Agoda in the News” (英語). Agoda Company Pte.Ltd.. 2016年8月27日閲覧。
  8. ^ a b c d e アジア大手の旅行予約「アゴダ」の日本戦略とは? 日本人の海外旅行市場からインバウンドまで、責任者に聞いてみた”. トラベルボイス (2016年8月25日). 2016年8月27日閲覧。
  9. ^ Interview with CEO of Agoda (Acquired by Priceline)” (英語). Tech Cocktail (2012年2月29日). 2015年2月1日閲覧。
  10. ^ a b オンラインホテル予約の「Agoda」関連2社 決算公告” (2016年5月17日). 2016年8月27日閲覧。
  11. ^ Agoda New rewards system: Earn extra miles when you book on Agoda.com” (英語). HotelPromoBook.com (2016年1月14日). 2016年11月20日閲覧。
  12. ^ その逆、ブッキングドットコムでの検索結果がアゴダでの契約となるサービスは行われていない。
  13. ^ Priceline: Why the online agency model still works for us, especially in Asia-Pacific” (英語). Tnooz (2012年6月19日). 2016年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]

モバイルアプリ
ビジネスデータ