ファイターズスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイターズスタジアム
(日本ハム鎌ケ谷球場)
Kamagaya Fighters Stadium
ファイターズスタジアム(球場入口)
ファイターズスタジアムの位置(千葉県内)
ファイターズスタジアム
施設データ
所在地 千葉県鎌ケ谷市中沢459(ファイターズタウン鎌ケ谷内)
座標 北緯35度45分35.8秒 東経139度58分40.7秒 / 北緯35.759944度 東経139.977972度 / 35.759944; 139.977972座標: 北緯35度45分35.8秒 東経139度58分40.7秒 / 北緯35.759944度 東経139.977972度 / 35.759944; 139.977972
開場 1997年3月
所有者 北海道日本ハムファイターズ
管理・運用者 北海道日本ハムファイターズ
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
北海道日本ハムファイターズ二軍(1997年 - )
収容能力
2,400人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼:100 m
中堅:122 m
球場内全景
球場内全景
左翼後方にはファイターズの合宿所「勇翔寮」と屋内練習場がある。
左翼後方にはファイターズの合宿所「勇翔寮」と屋内練習場がある。

ファイターズスタジアムは、千葉県鎌ケ谷市の「日本ハムファイターズタウン鎌ケ谷」内にある野球場北海道日本ハムファイターズ二軍の本拠地兼練習施設で、同球団が運営管理している。プロ野球ファームのイースタン・リーグ(以下、イ・リーグ)公式戦も開催され、日程表などでは「日本ハム鎌ケ谷球場」(にっぽんハム・かまがやきゅうじょう)などと称されることがある。

なお、この項ではスタジアムを含むファイターズタウンそのものの歴史について触れる。

歴史[編集]

完成まで[編集]

日本ハムは前身の東映フライヤーズ時代に神奈川県川崎市中原区新丸子の多摩川右岸側河川敷に練習場を設け、二軍の公式戦も開催していた。後に親会社が東映から日拓ホーム日本ハムと変遷して球場名は「日本ハム球団多摩川グランド」となった。すぐ近くには合宿所「勇翔寮」もあり、練習やイ・リーグ公式戦の際には選手やコーチが寮から自転車で球場へ通う姿も見られた。

しかし、同グランドは河川敷にあるために水はけが悪い上、施設の老朽化や狭隘化が著しく、観覧設備などもないため観客に充分なサービスが提供できなかった。また外野後方には東急東横線多摩川橋梁が通っており、電車が同橋梁を通過する際には試合を中断せざるを得ないといった問題点を抱えていた。そのため二軍は1992年から相模原市神奈川県立相模原球場(現:サーティーフォー相模原球場)を本拠地として使用し、多摩川グランドは練習専用となった。

ところが、今度は日本ハムの選手が試合のたびに川崎市から相模原市への移動を強いられるなどの問題が新たに生じたことや長期的な球団運営の上ではファーム育成施設の改善が必須であると判断されたことから、これに対する新しい合宿所と練習施設の建設構想が浮上する。1991年、球団施設の建設予定地が千葉県鎌ケ谷市に内定。用地の確保が困難を極めた上、川崎市民の一部からは移転反対の声が上がるなど計画は一時頓挫しかけたものの、1995年11月にようやく着工した。

完成 - 現在[編集]

1997年3月、当時一軍の本拠地だった東京ドームとほぼ同じ面積のグラウンドを有する専用球場「ファイターズスタジアム」、室内練習場、そして合宿所(名称は同じく「勇翔寮」)の三施設が完成し、「日本ハムファイターズタウン鎌ケ谷」として開場。こけら落としとして同年3月8日千葉ロッテマリーンズとのオープン戦が開催された。以来、オープン戦がほぼ隔年で1試合ないし2試合行われているが、本球場が一軍の試合として使用されるのはこのオープン戦のみである。

日本ハムの一軍は2004年保護地域東京都から北海道に移し札幌ドームを本拠地としたが、二軍はその後も引き続き鎌ケ谷市を本拠地としている。これは当時イ・リーグ6球団がいずれも首都圏1都3県に本拠地を置いており、仮に日本ハムが一軍だけでなく二軍も北海道に移転してしまうと、公式戦などを行う場合は移動が長距離に及ぶ上、選手やコーチ、スタッフの移動手段も事実上空路だけに限られてしまうため、日本ハムのみならず他球団にも経済面や肉体面での負担が大幅に増加する懸念があることや、札幌ドーム以外に屋内球場がない北海道ではシーズンの早春や晩秋に屋外球場での試合開催が寒冷な気候上困難であることもある。また、営業面のメリットとして既存の首都圏のファンを維持しつつ二軍に振り向けることがあるという。

だが、一軍と二軍の本拠地が離れたことによって一軍と二軍がともに同じ地域に滞在する機会が減ったため、昼間の二軍公式戦とその日の夜の一軍公式戦に出場する「はしご出場」を行わせるのが困難になってしまった。この点では一軍と二軍の本拠地が共に徒歩圏内にある阪神タイガース中日ドラゴンズおよび埼玉西武ライオンズとは全く対照的で、一軍での監督の采配や戦略面でこれらの球団と比べて大きなビハインドになっているとの指摘もある。ただし、この3球団にしても常に同じ日に一軍と二軍がともに本拠地で試合を行うわけではないため年間を通してビハインドになるとまではいえず、日本ハムも一軍が東京ドームなど首都圏で試合を行う場合ははしご出場が可能である。

日本ハムは球団内に鎌ケ谷事業部を設け、このファイターズタウンを中心としてファイターズと地元市民との結びつきを更に強めようと様々なイベントを企画、実施している。若手選手はこれらを通じて技術や体作りだけではなく、一軍昇格後の北海道民ないし全国でのファンに対する姿勢やファンサービスのあり方を学んでいる。

また、長期的にはメジャーリーグのように二軍を独立採算化し、地域密着型の運営を行うことを本格的に検討している。併せて球団名の変更も検討しており、本拠地名を冠した「鎌ケ谷日本ハムファイターズ」もしくは「鎌ケ谷ファイターズ」とする方向で検討を進めている。他にもスタジアムの集客策として、温泉やショッピングモールなど複合施設を併設するといった案も浮上しているが、千葉県を保護地域としているロッテとの兼ね合いから球団の主立った活動は全て鎌ケ谷市内のみで行われている。ただし例外としてファイターズスタジアムに向かう京成バスの停留所には鎌ケ谷市以外でもファイターズのロゴが描かれており、そのバスのうちいくつかの停留所ではバスの車内アナウンスを日本ハムの選手の音声で行っている。

2008年度には、入場者数がそれまで1位だった湘南シーレックスを抜きイ・リーグ1位となった。さらに2009年には9月22日と翌23日の2日間だけで約10,000人の入場者数を記録したこともあり、過去最大となる入場者数年間70,000人を突破した。

合宿所と室内練習場がスタジアムの左翼場外にあるため、施設間の移動距離を考慮して日本ハムは札幌ドームで試合をする時と同様に三塁側ダッグアウトを使用し、ビジターチームは一塁側を使用する。

主なエピソード[編集]

  • オープン初年度の1997年11月16日ナイキ主催による少年野球教室が開催され、この時特別参加したケン・グリフィー・ジュニアがフリー打撃で打撃投手を務めた田吹昭博から放った打球は、右翼スタンドの遥か後方の崖に到達する場外本塁打となった。推定飛距離は160メートルとされており、到達点にはそれを記念した「ケン・グリフィーJr.場外ホームラン記念碑」が建てられている。
    • 2010年3月16日、オープン戦で中田翔が一軍の試合として初めて本塁打を打った打球の到達点にも記念プレートが建てられた。
  • 東京ドームが一軍本拠地だった頃、秋に行う一軍の「ファン感謝デー」をここで実施した年があった。これは経費節減もしくは「ファン感謝デー」と同じ日に東京ドームで他のイベントを行っていたという理由からである。
  • 2007年と2009年に日本ハムの一軍の試合のパブリックビューイングが球場外駐車場の一部のスペースに大型映像設備を運び込んだ上で実施された。2009年の試合はいずれもナイトゲームで、10月23日実施分は初の夜間イベントとなった。
  • 2008年、一軍がシーズン最終戦の10月1日クライマックスシリーズへの進出を決めた際、急遽その実戦対策として10月5日に紅白戦を開催した。
  • 2010年8月24日8月25日および9月29日東北楽天ゴールデンイーグルス戦は、二軍の公式戦ながら楽天の主催(日本ハムが先攻、楽天が後攻)で行われた。これは楽天二軍の本拠地である楽天イーグルス利府球場[1]が他のイ・リーグ6球団の本拠地と離れており、それによる遠征費用の節約や同球場の秋季気候のプレー困難に対する配慮である。
  • 2011年3月12日の二軍の教育リーグ「鎌ヶ谷ファイターズフェスタ」と3月16日のオープン戦は、同年3月11日に起きた東日本大震災の影響により中止となった。なお、「鎌ヶ谷ファイターズフェスタ」は雨天など天災で中止となった場合は、2010年も雨天中止となったことを踏まえ、3月13日を予備日として設定していたが、地震規模が大きいことや余震への警戒などを考慮して予備日の開催も取り止めとなり、球場敷地内は安全確保のため立ち入り禁止となった。
    • このファイターズフェスタは毎年3月上旬の週末に行われる教育リーグの開催期間中に設定されているが、2010年と2012年も試合が雨天中止となってしまっていた。ただし2012年は過去2年間、イベントの開催も全て中止となったこと(2012年はイベントの代替予備日の設定がなかった)を踏まえ、一部を屋内練習所やコンコースに移し規模を縮小する形で開催された。

施設概要[編集]

改修されたスコアボード
  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • 収容人数:2,400人
  • 照明設備:なし
  • スコアボード:2013年に改修を行い、ダクトロニクス製の大型ビジョン(LEDディスプレイ)を導入。二軍の球場にフルビジョンのスコアボードを導入するのは初となる[2]
  • ダッグアウト ホーム(ファイターズ): 3塁側、ビジター(遠征): 1塁側

※ トランペットを使用しての応援は二軍戦では禁止されているが、一軍戦では可。

※ 内野スタンドの広告には親会社の日本ハムのほか、JRA競馬学校(鎌ケ谷市に隣接する白井市に所在)も名を連ねている。

※ 外野スタンドの一角にはが設けられており、ジャガイモ等が栽培されている。2011年はブロッコリーの収穫栽培を行っている。

ファイターズタウン内その他の施設[編集]

  • 室内練習場
  • 合宿所「勇翔寮」

交通[編集]

至近に鉄道の駅がなく公共交通機関はバスがアクセスとなるが、スタジアムの停留所に乗り入れる定期バスは便数が少ない。また、球団事務所前にはタクシーを呼ぶための電話機が備え付けられている。

定期交通[編集]

京成バスのファイターズラッピング仕様

シャトルバス[編集]

シャトルバスに使われる車両

本球場で公式戦が開催される日には、新鎌ヶ谷駅(土、日、祝日の試合のみ運行)(北総線新京成線、東武野田線(東武アーバンパークライン))および東武鎌ヶ谷駅から船橋新京成バス(なお松戸新京成バスも混雑状況次第では運行に加わる)によるシャトルバスが運行される。運賃はいずれも100円(大人)。

  • 鎌ヶ谷駅東口から(開催日すべて)
    • 往路は午前11時30分から30分間隔で原則3本運行。復路は8回裏終了時から試合進行に合わせて3 - 4本運行される。なお、鎌ヶ谷スタジアム年間パスポートを持っている場合は無料で乗車できる。
  • 新鎌ヶ谷駅南口から(土曜・日曜・祝日のみ)
    • 往路は午前11時10分から60分間隔で原則2本運行。復路は試合終了時に合わせて2 - 3本運行される。なお、これも鎌ヶ谷スタジアム年間パスポートを持っている場合は無料で乗車できる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は山形県野球場(現:荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)と二軍本拠地を併用していた。
  2. ^ 鎌ケ谷スタジアムのスコアボードに大型ビジョンを導入 - 北海道日本ハムファイターズ 2013年1月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]