ヌアクショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヌアクショット
انواكشوط
Nouakchott
ヌアクショットの通り(2010年)
ヌアクショットの通り(2010年)
位置
モーリタニア内のヌアクショットの位置の位置図
モーリタニア内のヌアクショットの位置
座標 : 北緯18度4分0.84秒 西経15度59分24秒 / 北緯18.0669000度 西経15.99000度 / 18.0669000; -15.99000
歴史
都市建設 1957年
行政
モーリタニアの旗 モーリタニア
  ヌアクショット北
ヌアクショット西
ヌアクショット南
 コミューン(県) ダル=ナイム
テヤレット
トジョニエ
クサル
セブア
テヴラ=ゼイナ
アラファト
エル・ミナ
リヤド
 市 ヌアクショット
市長 Didi Ould Bounaama
地理
面積  
  市域 1,000 km2
人口
人口 (2013年現在)
  市域 958,399人
その他
等時帯 グリニッジ標準時

ヌアクショット(アラビア語:انواكشوط、フランス語:Nouakchott)は、西アフリカモーリタニア・イスラム共和国首都であり、サハラ砂漠最大の都市である。大西洋岸に位置する。

歴史[編集]

植民地時代のモーリタニアは、セネガルに首都をおくフランス領西アフリカの一部であった。このため植民地時代には、現在のモーリタニア領内に首都がおかれることはなかった。1957年に、それまではほとんど人口のなかった大西洋岸の漁港を選び、1万5千人を目標に人口を増やす計画が始まった。これは将来のモーリタニアの首都となるべく都市を準備するための計画であった。1958年にモーリタニアはフランス統治下の自治権をもつ地域となった。1960年11月28日にはヌアクショットでのモーリタニアの独立宣言がなされ、 1962年以降、独立したモーリタニアの首都となり現在に至る。

1958年以前のヌアクショットにはほとんど特筆すべきことがないが、11世紀モロッコに成立したベルベル人の王朝アルモラビデス朝の起源は、ヌアクショット周辺だった可能性が指摘される。

1970年代以降は、北のサハラ砂漠から、職を求めてヌアクショットに移住する者が相次ぎ、人口爆発が起こっている。1969年に2万人だった人口は、1980年には15万人、1995年に28万人となり、2000年には50万人を突破した。10年間に2倍以上膨れ上がっている。この流入人口のため、スラム化が著しい。モーリタニア人はもともと遊牧民が多く、移住に抵抗がないことが、この流入に寄与している。

戦闘[編集]

1975年、モーリタニアは西サハラ南側の領有を宣言したことから、ポリサリオ戦線と交戦状態となり、1976年6月にはヌアクショット市内にポリサリオ戦線が攻め入る状態となった。交戦は短期間のうちに、ポリサリオ戦線側が多数の死傷者を出して撤退したが、後に停戦協定を結ぶきっかけとなった。

行政[編集]

ヌアクショットは首都地域として州と同等の地位を持ち、9のコミューンに分かれていた。だが、2014年にヌアクショットは3つの州に分けられ、州の下にコミューン(県に昇格)が入った。
人口値は2013年。

地理[編集]

ヌアクショットに迫る砂丘

大西洋に面し、港があるほかは砂海岸である。サハラ砂漠の端に位置し、砂丘の接近が深刻な問題である。

中央モスク
市場

気候[編集]

月間最高気温は46度Cから20度Cで、最低気温は26度Cから16度C。年間総降水量はわずか130 mmである。8月以外とくに11月から6月はほとんど雨が降らない。

ヌアクショット
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
0
 
28
16
 
 
2
 
31
17
 
 
1
 
33
19
 
 
0
 
34
19
 
 
0
 
35
21
 
 
2
 
35
23
 
 
12
 
32
24
 
 
58
 
33
25
 
 
39
 
36
26
 
 
8
 
37
24
 
 
3
 
34
20
 
 
1
 
30
17
気温(°C
総降水量(mm)

産業と交通[編集]

観光業はほとんど未開発である。ヌアクショット空港があり、国内外への航空便が開設されている。ヌアクショットに乗り入れている航空会社にはエールフランスなどがある。

姉妹都市[編集]

座標: 北緯18度04分51秒 西経15度58分25秒 / 北緯18.080957度 西経15.973606度 / 18.080957; -15.973606