サン=ドニ (レユニオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Saint-Denis
Blason St-Denis Réunion DOM.svg

SaintDenisReunion002.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) レユニオンBlason Réunion DOM.svg
(département) レユニオン県
(arrondissement) サン=ドニ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 97411
郵便番号 97400
市長任期 ジルベール・アンネット(PS
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté intercommunale du nord de La Réunion
人口動態
人口 138,314人
2006年
人口密度 969人/km²
地理
標高 平均:m
最低:0 m
最高:2276 m
面積 142.79km² (14 279ha)
テンプレートを表示
島内でのサン=ドニの位置

サン=ドニSaint-Denis)はフランスの海外県レユニオン県のコミューン。主な民族はクレオールフランス人、アフリカ黒人などの混血)65パーセント、インド系約30%であり、公用語はクレオール語が使用されている。人口の90%程がカトリックで、使用通貨はユーロである。観光客が多い。

地勢・産業[編集]

インド洋南西部、マダガスカル島東方約680キロに浮かぶカルデラ型の火山島レユニオン島の北岸、サン=ドニ川河口に位置する港町。南西約10キロにあるルポールは、インド洋の荒波がひどく荷物の積み上げが出来なかったために急遽造られたサン=ドニの外港で、今では主要港の地位を譲っている。行政・商業中心地で、サトウキビキャッサバタバコバニラゼラニウムなどの集散・加工が行われている。また年平均気温は24℃と暖かいため農業も盛んで、主にサトウキビの生産をしている。

歴史[編集]

  • 1513年 ポルトガル人のペドロ・マスカレナスが来航(当時は無人)
  • 1638年 フランスが島全域の領有を宣言
  • 1642年 フランス人の植民開始
  • 1669年 ブルボン島初代総督、エティエンヌ・ルニョーによってサン=ドニが建設される
  • 1886年 外港のルポール港開港

交通[編集]

サン=ドニと外港ルポールの間に舗装道路が敷かれ、ルポールからマダガスカルとフランスに定期航路がある。またサン=ドニ東方約10キロ、サン=マリーのローラン・ギャロス空港にはパリへの定期便がある。

外部リンク[編集]