ドクダミ

この記事は良質な記事に選ばれています
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドクダミ
1. ドクダミ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: コショウ目 Piperales
: ドクダミ科 Saururaceae
: ドクダミ属 Houttuynia
: ドクダミ H. cordata
学名
Houttuynia cordata Thunb. (1783)[1]
シノニム
和名
ドクダミ (蕺[2]、蕺草[3]、蕺菜[4][5]、度久太美[6]、止久陀三[7]、毒溜[8]、毒痛[9])、ドクダミソウ (蕺草)[3]、ドクダメ (毒溜め、蕺[2]、蕺草[3])、シブキ (蕺[2]、之布岐[10]、之布木[11]、之布支[11]、志布岐[11])、ジゴクソバ (地獄傍[12]、地獄蕎麦[要出典])、ウマゼリ (馬芹)[13][注 1]、イシャゴロシ (医者殺)[14]、ママオヤ (継親)[15]、イヌノヘ (犬屁)[16]、キツネノカライモ (狐唐芋)[17]、ウマクワズ (馬不食)[18]、ゴゼナ (瞽女菜)[19]、イモグサ (芋草)[20]、ホトケグサ (仏草)[21]、ヘビクサ (蛇草)[22]、ニュウドウグサ (入道草)[23]、ハッチョウグサ[24]、ギョセイソウ (魚腥草)[25]、シュウサイ (蕺菜)[26]、シュウヤク (蕺薬)[27]、ジュウサイ (蕺菜)[28]、ジュウヤク (十薬[27]、重薬[28]、蕺薬[29])
英名
fish mint[30], fish plant[30], Vietnamese fish plant[30], fishwort[30], chameleon[31], chameleon plant[30], heartleaf[30], heart-leaved houttuynia[1], heartleaf houttuynia[30], houttuynia[31], edible houttuynia[30], wild houttuynia[30], white chaplu[30]

ドクダミ(蕺・蕺草・蕺菜、学名: Houttuynia cordata)は、ドクダミ科ドクダミ属の多年草の1種である。ドクダミ属 (Houttuynia) は、本種のみを含む。湿った陰地に群生し、全体に特有の臭気がある。はハート形、萼片花弁を欠く小さなが密集し、その基部に白い花びらのような[注 2](花や花の集まりの基部にある特殊化した葉)が4枚つくため、花の集まり(花序)が1個の花のように見える(図1)。東アジアから東南アジアに分布しており、日本では北海道空知辺りから九州で見られる。

名に「ドク」とあるが、ドクダミは無毒である。雑草として身近な植物であるが、古くから民間薬として利用され、生薬としては十薬(じゅうやく; 重薬、蕺薬)とよばれる[注 3]。薬用の他にどくだみ茶や食用、園芸用などに利用されることもある。別名が多く、ドクダミソウ、ドクダメ、ギョセイソウ、ジゴクソバ、ウマゼリなどがある(分類表和名欄参照)。

特徴[編集]

多年生草本であり、全草にアルデヒド由来の特有の臭気がある[37][38][39][40][41]。地下に細長く白い地下茎が横に伸び、盛んに分枝している[37][38][40][42]。地下茎の節から不定根が輪生している[43]。草丈は20–60センチメートル (cm) になり、地上は紫色を帯びて斜上・直立し、無毛または有毛、まばらに互生する[37][38][40][44][45](下図2a, b)。葉身は心形で全縁、先端が尖り、長さ 3–10 cm、腺点をもち、光沢のない暗緑色で特に裏面はしばしば紫色を帯びる[37][38][40][45][46](下図2)。葉脈は掌状、5–7本[38](下図2c)。葉柄は長さ1–3.5 cm、無毛[38]托葉は膜質で鈍頭、長さ 1–2.5 cm、葉柄の基部につき、鞘状に茎を抱き、はじめは新を包んでいる[37][38][40]

2a. 茎と葉、花
2b. 茎と葉、花
2c. 葉

花期は初夏から夏(5–8月)[45]茎頂またはの上部の葉腋から長さ 1–5 cm の花序柄を伸ばし、その先に小さなが密集して長さ 1–3 cm の穂状花序をつける(花は下から順に咲く)[37][38][40][45] (上図2a, b, 下図3a, b)。花序の基部には長楕円形から倒卵形、長さ 1–2 cm の白い[注 2]が4枚(まれに5、6、7枚)、十字状についている(これが"花びら"のように見えるため、花序全体が1個の花のように見える; 下図3a, b)[37][38][40]。この苞はつぼみのときに花序全体を包んでいる[38]。各花の基部には小さな線形の苞(小苞)があるが、園芸品の中にはこの苞が最下の苞と同様に白く大型化しているものもある[37][38](ヤエドクダミ; 下図3c)。個々の花は花被萼片花弁)を欠き、雌しべ雄しべからなる[37][38][41]。雄しべは3–8個、は黄色で目立ち、花糸は細長く基部で雌しべの子房に合着している[37][38][46]。雌しべは子房上位、3または4個の心皮からなり、合着して1室、側膜胎座、各胎座に6–8個の胚珠がつく[37][46]。雌しべの花柱は3または4個、白色、反曲する[37](下図3b)。

3a. 花(花序)
3b. 花(花序)
3c. "八重咲き": 各花の苞(小苞)が大型化した変異体

果実さく果、亜球形、長さ 2–3 mm、宿存性の花柱の間で裂開する[37][38]種子は卵形、長さ約 0.5 mm、褐色[37][38]。日本のドクダミは有性生殖を行わず、胚珠が無性的に種子になる(無融合種子形成)と考えられている[38][51]。また地下茎の分断化などによる栄養繁殖も頻繁に行う[41][42]染色体数に変異が大きく、2n = 24, 52–56, 72, 80, 96, 100–104, 112, 128 などが報告されている[52]。日本に多いドクダミ (2n = 96) は3倍体とされることもあるが[51]、これら染色体数からは12倍体であるともされる(染色体基本数 x = 8)[52]

植物体全体に油細胞や分泌細胞、腺毛が存在し、アルデヒドケトンフラボノイドフェノール化合物、タンニンなどを生成、植食者や寄生微生物に対する防御としていると考えられている[53]

分布・生態[編集]

4. ドクダミの群落

日本韓国中国(中部から南部)、ヒマラヤバングラデシュ台湾インドシナ半島に分布する[1]。また北米やヨーロッパの一部に侵入している[1][31]。日本では北海道南部、本州四国九州小笠原諸島から報告されている[1][44][45][54]。北海道のものは、本州からの移入によるものとされる[55]

湿り気のある半日陰地を好み、住宅周辺の空き地道端荒れ地山野によく群生している[5][40][44][41](図4)。

繁殖力が強く、ちぎれた地下茎からでも繁殖するため、放置すると一面ドクダミだらけになり、他の雑草が生えなくなる。強い臭気があることと、地下茎を伸ばしてはびこるため、難防除雑草とされる[41][42]

日本ではドクダミを食草とする動物は多くないが、広食性の動物(クワゴマダラヒトリニホンザルなど)が食べることがある[56][57]。一方、広食性のハスモンヨトウはドクダミを忌避する[58]

ドクダミでは内生菌(病原性を示さずに植物体内に共生している菌類細菌)に関して調査されており、ColletotrichumIlyonectriaLasiodiplodia子嚢菌門)が報告されている[59][60]

人間との関わり[編集]

日本では雑草として身近な存在であるが、古くから生薬民間薬として利用され、ゲンノショウコセンブリとともに日本の三大民間薬の1つとされる[9][41][61]。どくだみ茶やハーブ野菜として利用されることもあり、このような需要のため商業的に栽培されている[62]。また観賞用として栽培されることもあり、欧米でも東洋のハーブとして人気がある[41][44]。健康植物としての評価が高く、篠原 (2008) は「日陰のやや湿ったところに群生し、独特の臭気を持つが、これほど有能で捨てがたい植物も珍しい」と評している[63]

薬用[編集]

ジュウヤク
十薬
生薬・ハーブ
効能 利尿作用、抗菌作用、強心作用、血管収縮作用
原料 ドクダミ(地上部)
成分 フラボノイド化合物 (クエルシトリンなど)、カリウム脂肪族アルデヒド (デカノイルアセトアルデヒドなど)
臨床データ
法的規制
投与方法 経口(湯液
識別
KEGG E00113 D06742
別名 重薬、蕺薬
テンプレートを表示

ドクダミは、内服薬として、胃腸病食あたり下痢便秘利尿などに利用され、外用薬としても腫れ物吹き出物皮膚病などに用いられる[42][64][65]

花期の地上部を陰干し乾燥させたものは、日本では生薬として十薬(じゅうやく; 重薬や蕺薬とも書く)[注 3] とよばれる[24]。地下部(地下茎など)を含めて全草を利用する例もあるが[65]日本薬局方では地上部とされる[66]。茎葉を干すことによって、特有の臭気は無くなる[39]。十薬の煎液には利尿作用緩下作用高血圧動脈硬化の予防作用、抗炎症鎮静作用、駆虫作用などがあるとされる[39][40][67][65]。民間では乾燥した(焙煎することもある)花つきドクダミを煎じ[注 4]、ふつう1日3杯程度服用する[39][40][67]。ただし、妊婦の服用や過剰摂取、長期の連続使用は避けるべきとされる[24][68][67]

また湿疹かぶれニキビおでき水虫しらくもなどに対する外用薬としては、もんだ生葉をそのまま、生葉をすり潰したもの、煮詰めたり蒸し焼きにして軟膏状にしたもの、焼酎に漬け込んだ液、生葉汁、などの形で患部に塗布する[39][40][67][65][69]ツワブキまたはカキノキの葉に包んでやわらかくなるまで蒸し焼きにし、飯粒と練り混ぜて、腫れ物に貼っておくと膿を吸い出すという[9]。毛虫など虫刺されには、葉を揉んだ汁、または花を焼酎に漬けておいたものを患部につけると、かゆみと腫れが収まるといわれている[9]蓄膿症、慢性鼻炎膣炎には、生葉汁を挿入することがある[39][40][69]あせもニキビ、肌荒れには、生葉や乾燥したものを入浴剤とする[40][67]

中国では魚腥草(ぎょせいそう)とよばれて解熱や解毒、鎮痛などに用いられ、五物解毒散(ごもつげどくさん)、栝楼薤白湯(かろうがいはくとう)、魚腥草桔梗湯(ぎょせいそうききょうとう)などの漢方方剤に処方される[34][70][71]

薬理成分[編集]

生の地上部の茎葉の特異な匂いは、精油成分であるデカノイルアセトアルデヒド (decanoyl acetaldehyde) やラウリルアルデヒド (lauryl aldehyde) などの脂肪族アルデヒドに由来し、これには制菌作用があるが、揮発性であるため乾燥品では失われる[39][72][73][74]。また茎葉や花序にはクエルセチン (quercetin; 図5a) やクエルシトリン (quercitrin; 図5b)、イソクエルシトリン (isoquercitrin)、アフゼリン (afzerin)、ヒペリン (hyperin)、ルチン (rutin) などのフラボノイドまたはその配糖体も含まれる[72][75]ミネラルとしてはカリウムを多く含む[39][76][77]

副作用[編集]

どくだみ茶の飲用による副作用として、以下のものが報告されている。

食用[編集]

ドクダミのは加熱することで臭気が和らぐため、日本では天ぷらなどにして賞味されることがある[39][83][65][84]。採取時期は4 - 6月ごろが適期とされ、摘み取った若芽と若葉は臭気が強いので、よく茹でて水を数度換えながら十分に水にさらし、味噌和えや酢味噌和えにすると、さほど臭いは気にならなくなるという[5]。また、おひたし、ごま和え、汁の実、酢の物油炒めにもできる[5][85][86]。ドクダミが持つ強烈な臭気は、干すか熱を加えるととぶため、地上部を陰干しにし、萎れたところをよく茹でこぼし、さらに水にさらせば、一般の葉菜類と同様に食べられ、適当な歯ごたえもある[87]

地下茎は一年中利用でき、味噌漬けにしたり、細かく切って茹でて一晩水にさらしてから、炒め物煮物きんぴら、酢の物、炊き込みご飯にする[5][85][86]。地下茎も適当な長さに切ってよく水にさらし、茹でこぼすことで臭いが取れる[87]。地下茎は繊維が強いため、太いものは2つから4つわりにすると食べやすくなる[87]

上記のようにドクダミは民間薬として古くから利用されており、そのような薬効を期待して葉を乾燥させたものを煎じたどくだみ茶茶外茶ハーブティーとして広く飲まれている[88](下図6a)。また清涼飲料水である爽健美茶も、原料の1つとしてドクダミを使用している[89]。ドクダミをお茶にするときは、5 - 7月ごろの開花期の地上部を利用する[63]

ドクダミには血管を強くする成分が含まれており、この成分は熱にも強いため、調理したぐらいでは失われないことから、食用する場合でも保健薬としてドクダミ茶並み以上の効果が期待されている[87]。また、ドクダミ茶のようにドクダミを一度乾燥加工したものについては、殺菌作用のもととなる臭い成分が失われているため、殺菌や消毒の効果はない[87]

6a. どくだみ茶 (左上)
6b. ドクダミを含むハーブ (ベトナム)
6c. 市場でのドクダミ (魚腥草) の地下茎 (右) (香港)
6d. ドクダミ地下茎の料理 (中国貴州省)

ベトナム料理では、ドクダミは香草(ハーブ)としてバインセオカオラウなどさまざまな料理に添えて生食され、またサラダとしても食される[79][90][91](上図6b)。中国西南部(貴州省四川省湖南省など)ではドクダミは食材として広く利用されている。特にその地下茎は「折耳根(ジェアールゲン、拼音: zhé’ěrgēn)」ともよばれ、炒め物や和え物として食べられている[92][93](上図6c, d)。

日本でも、古くに「蕺(シブキ)」が食用とされていた記録がある。『和名類聚抄』(935年頃)には、野菜として記されており、また『蜻蛉日記』(974年頃)ではユズをのせたものを食したと記されている[94]。ただし、日本では古くは「蕺」がドクダミではなくギシギシタデ科)を意味していたとの説もある[95]地下茎にはデンプンが蓄積されるため、近現代の日本でも食糧難の時代に地下茎を茹でて食料としていたという[46]

栽培[編集]

7a. ヤエドクダミ
7b. ‘カメレオン’

上記のように、ドクダミは薬用や食用に広く利用されているため、商業的な栽培も行われている。日本特産農産物協会によると、日本での栽培面積は、国産薬用植物の需要増加を背景に、2016年の200アール未満から2018年は666アールへと急増した。兵庫県(253アール)と徳島県(250アール)が二大産地である[62]

ドクダミを農作物として栽培する場合、定植直後に小まめに手作業で雑草を取り除いて密植して定着させれば、他の雑草が生えにくくなる[62]

ドクダミは園芸用にも栽培されており、またさまざまな園芸品種がある[96]。多くの花のが最下部の苞と同様に大型化したもの(上記参照)、ヤエドクダミ(Houttuynia cordata f. plena (Makino) Okuyama; 図7a)、葉に白やピンク色などの斑が入ったものはフイリドクダミ(Houttuynia cordata f. variegata (Makino) Sugimoto)とよばれる[38]斑入りにはさまざまなものがあり、五色ドクダミ(‘カメレオン’、‘トリカラー’; 図7b)や錦ドクダミ(白色部が多い)、‘フレーム’(覆輪模様)、‘ジョーカーズ・ゴールド’(明黄色の斑入り)などがある[96]

名称[編集]

ドクダミの学名である Houttuynia cordata のうち、属名の Houttuyniaオランダ博物学者であるマールテン・ホッタイン (Maarten Houttuyn, 1720–1798) への献名であり、種小名の cordataラテン語でハート形の葉の形を示している[97]

和名である「ドクダミ」の語源はわかっていないが、古くから民間薬として毒下しの薬効が顕著であるため、毒を抑えることを意味する「毒を矯める(ためる)」から、「毒矯め(どくだめ)」が転訛して「毒矯み(どくだみ)」と呼ばれるようになったとするのが通説である[42][41][87]。矯めるとは、正す・直すの意味である[87]。異説として、「毒痛み」の意味で毒や痛みに効くことから名付けられたという説[39][44]、群落地に漂う特有の臭気から毒気が溜まった場所を意味する「毒溜め(どくだめ)」または植物自体が毒を溜めているとする「毒溜め」が転じてドクダミとよばれるようになったとする説もある[42]。ただし、この植物が毒をもつというのは誤った解釈であり、ドクダミ自体に毒はない[98]。「ドクダミ」の名は比較的新しく、初見は『和爾雅』(1694年)とされる[99]

古くは、「之布岐(しぶき/しふき)」(之布木、之布支、志布岐)と呼ばれていた[42][100][注 5]。ほかに様々な地方名があり、「ドクダン[24]」、「ドクダメ[41]」、「ハッチョウグサ[24]」など、日本全国で160余りの地方名があるといわれている[42]。各地の地方名には、薬効や生態に由来するものは少なく、多くはこの植物特有の臭気に関するもの、あるいはこの植物をあたかも有毒植物であるかのように表現したものである[42]。東北から関東では「ジゴクソバ」、大分県では「ウマゼリ[注 1]」などとよばれていた[13]

漢名は、「蕺菜(シュウサイ/ジュウサイ)」である[43][24][42]日本での生薬名である「十薬(ジュウヤク)」は、民間薬として用途が広く、応用範囲が10を数えるというところから、漢名の蕺菜の蕺の字を十に読み換えものだとされることが多い[42]。別の漢名である「魚腥草」(腥の意味は「生臭い」)、ベトナム名の「ザウザプカー」または「ザウジエプカー」(ベトナム語rau giấp cá/ rau diếp cá、意味は「魚の野菜の葉」)、英名の「フィッシュミント」(fish mint)、「フィッシュハーブ」(fish herb)、「フィッシュウワート」(fishwort) など、魚の匂いにまつわる名称も多い[100]。英名にはこのほか、「カメレオンプラント」(chameleon plant:「カメレオンの植物」の意)、「ハートリーフ」(heartleaf:「心臓形の葉」の意) や、「ビショップズ・ウィード」(bishop's weed:「司教雑草」の意) という表現もある[100]

季語・花言葉[編集]

「どくだみ」、「どくだみの花」、「十薬」は夏の季語であり、下記のような俳句がある[94][102]

十薬を 抜きすてし香に つきあたる
どくだみや 真昼の闇に しろ十字
川端茅舎、華厳

ドクダミの花言葉は、「白い追憶」、「野生」である[45][103]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 「ウマゼリ」の名はキツネノボタンドクゼリノダケなどさまざまな植物に充てられている[101] (→ウマゼリ」を参照)。
  2. ^ a b この構造は総苞片花序全体の苞)とされることが多いが[37][47]、厳密な意味での総苞片ではないともされ[48]、花序の最下にある花の苞(小苞)であるともされる[38][49][50]
  3. ^ a b 「十薬」の名の初出は『大和本草』(1708年)であり、馬に対して十の薬効があるためとしている[32][33]。ほかにも、花に白い苞が十字につくためとされることもある[34]。また「重薬」は重要な薬であるから、または重宝するからとされる[35][34]。おそらく実際には、これらは漢名の「蕺薬」の音読みへの当て字であると考えられている[32][35][36]
  4. ^ 弱火で10分程度煎じるとする記述から、半量になるまでとろ火で煎じるとする記述まである[39][40][68]
  5. ^ 本草和名』(918年)に漢名の「蕺」が示され、これに和名として「之布岐」が充てられている[32]。ただし日本では、「蕺」がギシギシの意味で用いられたともいう[95]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Houttuynia cordata”. Plants of the World online. Kew Botanical Garden. 2023年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c "蕺". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  3. ^ a b c "蕺草". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  4. ^ "蕺菜". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  5. ^ a b c d e 高橋秀男監修 2003, p. 67.
  6. ^ "度久太美". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  7. ^ "止久陀三". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  8. ^ ドクダミ”. 薬用植物一覧. エーザイ. 2021年9月14日閲覧。
  9. ^ a b c d 川原勝征 2015, p. 102.
  10. ^ "之布岐". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  11. ^ a b c 佐藤政一 (1974). “薬草散歩 (4) ドクダミ (十薬・ドクダミ科)”. あきた 149: 45. http://common3.pref.akita.lg.jp/koholib/search/html/149/149_045.html. 
  12. ^ "地獄傍". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  13. ^ a b 八坂書房 編『日本植物方言集成』八坂書房、2001年、373-6頁。ISBN 4-89694-470-4 
  14. ^ "医者殺". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  15. ^ "継親". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  16. ^ "犬屁". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  17. ^ "狐唐芋". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  18. ^ "馬不食". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  19. ^ "瞽女菜". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  20. ^ "芋草". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  21. ^ "仏草". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  22. ^ "蛇草". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  23. ^ "入道草". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  24. ^ a b c d e f 貝津好孝 (1995). 日本の薬草. 小学館. p. 50. ISBN 4-09-208016-6 
  25. ^ "ドクダミ". 世界大百科事典. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  26. ^ "蕺菜". 精選版 日本国語大辞典. コトバンクより2021年9月14日閲覧
  27. ^ a b "十薬". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  28. ^ a b "ドクダミ". 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンクより2021年9月14日閲覧
  29. ^ "蕺薬". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年8月30日閲覧
  30. ^ a b c d e f g h i j Houttuynia cordata”. Iplantz. 2021年8月30日閲覧。
  31. ^ a b c GBIF Secretariat (2021年). “Houttuynia cordata Thunb.”. GBIF Backbone Taxonomy. 2021年9月4日閲覧。
  32. ^ a b c 神農子. “生薬の玉手箱 No.036 十薬(ジュウヤク)”. ウチダ和漢薬. 2021年9月14日閲覧。
  33. ^ a b 江崎宣久 (2006年9月). “生薬百選30 「ドクダミ」”. 養命酒製造株式会社. 2021年9月14日閲覧。
  34. ^ a b c ジュウヤク(十薬)”. 福田龍株式会社. 2021年9月16日閲覧。
  35. ^ a b 十薬”. 小太郎漢方製薬株式会社. 2021年9月14日閲覧。
  36. ^ "十薬". 精選版 日本国語大辞典. コトバンクより2021年9月14日閲覧
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 大橋広好 (2015). “ドクダミ科”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 1. 平凡社. p. 54. ISBN 978-4582535310 
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 大森雄治 (1999). “日本のドクダミ科・コショウ科・センリョウ科植物”. 横須賀市博物館研究報告 自然科学 46: 9-21. NAID 40003710131. 
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 (1995). 効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法. 講談社. pp. 98–99. ISBN 4-06-195372-9 
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n 馬場篤・大貫茂 (写真) (1996). 薬草500種 -栽培から効用まで. 誠文堂新光社. p. 77. ISBN 4-416-49618-4 
  41. ^ a b c d e f g h i 亀田龍吉・有沢重雄 (2019). 近田文弘 (監修). ed. ルーペで発見! 雑草観察ブック. 世界文化社. pp. 58–59. ISBN 978-4-418-19203-8 
  42. ^ a b c d e f g h i j k 深津正 (2000). 植物和名の語源探究. 八坂書房. pp. 107–112. ISBN 4-89694-452-6 
  43. ^ a b Flora of China Editorial Committee (2008年). “Houttuynia cordata”. Flora of China. Missouri Botanical Garden and Harvard University Herbaria. 2021年7月16日閲覧。
  44. ^ a b c d e 大嶋敏昭 (監修) (2002). 花色でひける山野草・高山植物. 成美堂出版. p. 290. ISBN 4-415-01906-4 
  45. ^ a b c d e f 主婦と生活社 (編) (2007). 野山で見つける草花ガイド. 主婦と生活社. pp. 120. ISBN 978-4-391-13425-4 
  46. ^ a b c d 亀田龍吉・有沢重雄 (2010). 近田文弘 (監修). ed. 花と葉で見わける野草. 小学館. p. 177. ISBN 978-4-09-208303-5 
  47. ^ 林 弥栄 & 門田 裕一 (監修) (2013). “ドクダミ”. 野に咲く花 増補改訂新版. 山と渓谷社. p. 18. ISBN 978-4635070195 
  48. ^ 清水建美 (2001). “総苞”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. p. 150. ISBN 978-4896944792 
  49. ^ 福原達人. “ドクダミ科”. 植物形態学. 2021年9月4日閲覧。
  50. ^ 塚谷裕一 (2013年10月21日). “花弁とがくの違いについて”. みんなのひろば 植物Q&A. 日本植物生理学会. 2021年9月4日閲覧。
  51. ^ a b 多田多恵子 (2002). “ドクダミの護身術”. したたかな植物たち ―あの手この手のマル秘大作戦. エスシーシー. pp. 76–81. ISBN 978-4886479228 
  52. ^ a b Oginuma, K., Sato, H., Kono, Y., Chen, S., Zhou, Z., Peng, C. I., ... & Setoguchi, H. (2007). “Intraspecific polyploidy of Houttuynia cordata and evolution of chromosome number in the Saururaceae”. Chromosome Botany 2 (3): 87-91. doi:10.3199/iscb.2.87. 
  53. ^ Ni, X. L., Peng, L. & Liu, W. Z. (2007). “Structures, components and functions of secretory tissues in Houttuynia cordata”. Journal of Integrative Plant Biology 49 (12): 1734-1745. doi:10.1111/j.1744-7909.2007.00481.x. 
  54. ^ 谷本丈夫, 豊田武司, 渡辺富夫, 飯田滋生, 苅住昇 & 千葉春美 (1995). “小笠原試験地の植生遷移とフロラ”. 森林総合研究所研究報告 369: 1-61. NAID 40004842684. 
  55. ^ ドクダミ”. 北海道ブルーリスト2010 北海道外来種データベース. 北海道. 2021年9月4日閲覧。
  56. ^ 伊庭正樹 & 井上昭司 (1974). “クワゴマダラヒトリの食餌植物とその選択性について”. 蚕糸研究 (92): 126-134. NAID 40017823374. 
  57. ^ 三戸幸久. “ニホンザル採食植物リスト”. Asian Paleoprimatology 2: 89-113. NAID 10029433590. 
  58. ^ 荒井成彦, 平尾常男 & 高野幸治 (1994). “ハスモンヨトウ幼虫の植物選好性”. 農業生物資源研究所研究報告 (9): 221-250. NAID 40004591034. 
  59. ^ Aramsirirujiwet, Y., Gumlangmak, C. & Kitpreechavanich, V. (2016). “Studies on antagonistic effect against plant pathogenic fungi from endophytic fungi isolated from Hottuynia cordata Thunb and screening for Siderophore and indole-3-acetic acid production”. Asia-Pacific Journal of Science and Technology 21 (1): 55-66. doi:10.14456/kkurj.2016.5. 
  60. ^ Ye, H. T., Luo, S. Q., Yang, Z. N., Wang, Y. S., Ding, Q., Wang, K. F., ... & Wang, Y. (2021). “Endophytic fungi stimulate the concentration of medicinal secondary metabolites in Houttuynia cordata Thunb”. Plant Signaling & Behavior: 1929731-1929731. doi:10.1080/15592324.2021.1929731. 
  61. ^ ゲンノショウコ”. 熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース. 2021年9月18日閲覧。
  62. ^ a b c 【滋賀・JAこうか移動編集局】ドクダミ産地化「忍者の里」動く 手間かからず"半永久的"放棄地解消へ一手日本農業新聞』2020年10月6日(14面)2020年10月10日閲覧
  63. ^ a b 篠原準八 2008, p. 34.
  64. ^ ジュウヤク”. 新常用和漢薬集. 公益社団法人 東京生薬協会 (2017年3月2日). 2021年9月4日閲覧。
  65. ^ a b c d e ドクダミ”. 漢方薬のきぐすり.com. 2021年9月18日閲覧。
  66. ^ “ジュウヤク”. 第十八改正日本薬局方. 厚生労働省. (2016). p. 1963. https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000066530.html 
  67. ^ a b c d e どくだみ”. 阿蘇薬草園. 2021年9月17日閲覧。
  68. ^ a b c d 十薬と呼ばれる万能薬 ドクダミ”. 山下薬草店. 2021年9月16日閲覧。
  69. ^ a b ドクダミ”. 熊本大学薬学部 薬草園 植物データベース. 2021年9月4日閲覧。
  70. ^ ドクダミ”. 武田薬品工業株式会社. 2021年9月16日閲覧。
  71. ^ Chen, L., Wu, W., Huang, C., Yang, Y. & Zheng, Y. L. (2008). “Composition and variability of the essential oil of Houttuynia of China”. Chemistry of Natural Compounds 44 (6): 778-783. doi:10.1007/s10600-009-9175-7. 
  72. ^ a b 増田勝己, 佐々木真理, 百木華奈子, 岸松静代「ドクダミクッキーの官能評価と抗酸化能について」『仁愛女子短期大学研究紀要』第43号、仁愛女子短期大学、2011年3月、27-32頁、ISSN 09138587NAID 120002972441 
  73. ^ ドクダミ”. メディカルハーブ事典. 特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会. 2021年9月14日閲覧。
  74. ^ 亀岡弘, 三宅昭雄, 平尾子之吉「ドクダミの精油成分について」『日本化学会誌(化学と工業化学)』第1972巻第6号、日本化学会、1972年、1157-1160頁、doi:10.1246/nikkashi.1972.1157ISSN 0369-4577NAID 130004154189 
  75. ^ 布施淳一, 金森久幸, 坂本征則 & 矢原正治 (1994). “ドクダミ中のフラボノ-ル配糖体に関する研究”. 生薬学雑誌 48 (4): 307-311. NAID 110008731545. 
  76. ^ 光崎龍子, 坂口和子, 光崎研一, 高木敬彦, 森真弓, 鈴木啓子「ドクダミ茶の採取時期における無機構成成分」『日本調理科学会誌』第32巻第4号、日本調理科学会、1999年、330-333頁、doi:10.11402/cookeryscience1995.32.4_330ISSN 1341-1535NAID 130004132413NDLJP:10814078 
  77. ^ a b 古泉秀夫 (2007年8月12日). “ドクダミ茶の副作用-高カリウム血症”. 医薬品情報21. 2021年9月15日閲覧。
  78. ^ a b c 白瀧義明 (2016). “ドクダミ Houttuynia cordata Thunb.(ドクダミ科 Saururaceae)”. New Food Industry 58 (6): 24–25. 
  79. ^ a b 藤井義晴未利用植物の有効利用と調理科学への期待」『日本調理科学会誌』第41巻第3号、日本調理科学会、2008年9月、204-209頁、doi:10.11402/cookeryscience1995.41.3_204ISSN 13411535NAID 110006793359NDLJP:10815396 
  80. ^ 田内一民 (2001). “精度管理研修記録 個人データの変動要因 ―健診結果の解釈―”. 日本総合健診医学会誌 28 (3): 384-390. doi:10.7143/jhep1985.28.384. https://doi.org/10.7143/jhep1985.28.384. 
  81. ^ 船山信次 (2012). “ドクダミ”. 毒草・薬草事典. SBクリエイティブ. pp. 100–101. ISBN 978-4797342697 
  82. ^ 3and garden (2020年10月22日). “薬用植物として有名な「どくだみ」の育て方・効用・副作用・駆除方法などをご紹介”. GardenStory. 2021年9月16日閲覧。
  83. ^ 越尾淑子 (2000). “野草の食べ方”. 東京家政大学博物館紀要 5: 95-110. http://id.nii.ac.jp/1653/00010221/. 
  84. ^ 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 154.
  85. ^ a b 篠原準八 2008, p. 35.
  86. ^ a b 金田初代 2010, p. 44.
  87. ^ a b c d e f g 吉村衞 2007, p. 118.
  88. ^ どくだみ茶の売れ筋ランキング”. Amazon. 2021年9月16日閲覧。
  89. ^ 「爽健美茶」に含まれる『どくだみ』について教えてください。”. 日本コカ・コーラ. 2020年10月10日閲覧。
  90. ^ ベトナム香草その9 ドクダミ”. ダナン観光案内所 (2017年4月28日). 2021年8月30日閲覧。
  91. ^ ベトナム&ハーブのおいしい関係”. Vietnam Sketch (2013年8月7日). 2021年9月18日閲覧。
  92. ^ アイチー (2020年7月13日). “ドクダミは根っこがおいしい!? 貴州・四川・湖南のドクダミ料理と食の境界線”. 80C [ハオチー]. 2021年9月16日閲覧。
  93. ^ 中川正道 (2017年3月28日). “火鍋は赤いスープのみ!ドクダミを大量に食べるのが当たり前!?日本人の知らない四川料理の世界”. Retty. 2021年9月16日閲覧。
  94. ^ a b 池田博之 (2010年5月20日). “ドクダミの白い花”. ことばマガジン. 朝日新聞. 2021年9月21日閲覧。
  95. ^ a b "蕺". デジタル大辞泉. コトバンクより2021年9月22日閲覧
  96. ^ a b ドクダミ”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2021年8月30日閲覧。
  97. ^ Wiart, C. (2012). “Houttuynia cordata”. Medicinal Plants of China, Korea, and Japan: Bioresources for Tomorrow's Drugs and Cosmetics. CRC Press. pp. 8–10. ISBN 978-1439899113 
  98. ^ “ドクダミの完全な駆除対策方法7つ。除草剤を使用しない方法も。” (日本語). タスクル | 暮らしのお悩み解決サイト. https://taskle.jp/media/articles/457 2018年10月3日閲覧。 
  99. ^ 磯野直秀「資料別・草木名初見リスト」『慶應義塾大学日吉紀要 自然科学』第45号、慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会、2009年、69-94頁、ISSN 09117237NAID 120001413964 
  100. ^ a b c 藤田亨 (2013年10月8日). “美しい肌Vol.373”. 医療法人社団永徳会 皿沼クリニック. 2020年1月23日閲覧。
  101. ^ "馬芹". 動植物名よみかた辞典 普及版. コトバンクより2021年9月15日閲覧
  102. ^ どくだみ”. きごさい歳時記. 2021年9月22日閲覧。
  103. ^ LOVEGREEN編集部 (2021年6月1日). “ドクダミの花言葉”. LOVEGREEN. STROBOLIGHT.inc.. 2021年9月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編『かしこく選ぶ・おいしく食べる 野菜まるごと事典』成美堂出版、2012年7月10日、154頁。ISBN 978-4-415-30997-2 
  • 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、290頁。ISBN 4-415-01906-4 
  • 大橋広好 著「ドクダミ科」、大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 編『改訂新版 日本の野生植物 1』平凡社、2015年、54頁。ISBN 978-4582535310 
  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、50頁。ISBN 4-09-208016-6 
  • 金田初代、金田洋一郎(写真)『ひと目でわかる! おいしい「山菜・野草」の見分け方・食べ方』PHP研究所、2010年9月24日、44 - 45頁。ISBN 978-4-569-79145-6 
  • 亀田龍吉『ルーペで発見! 雑草観察ブック』世界文化社、2019年3月15日、58-59頁。ISBN 978-4-418-19203-8 
  • 川原勝征『食べる野草と薬草』南方新社、2015年11月10日、102頁。ISBN 978-4-86124-327-1 
  • 篠原準八『食べごろ 摘み草図鑑:採取時期・採取部位・調理方法がわかる』講談社、2008年10月8日、34 - 35頁。ISBN 978-4-06-214355-4 
  • 主婦と生活社編『野山で見つける草花ガイド』主婦と生活社、2007年5月1日、120頁。ISBN 978-4-391-13425-4 
  • 高橋秀男監修 田中つとむ・松原渓著『日本の山菜』学習研究社〈フィールドベスト図鑑13〉、2003年4月1日、67頁。ISBN 4-05-401881-5 
  • 多田多恵子「ドクダミの護身術」『したたかな植物たち ―あの手この手のマル秘大作戦』エスシーシー、2002年、76-81頁。ISBN 978-4886479228 
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、98-99頁。ISBN 4-06-195372-9 
  • 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄『花と葉で見わける野草』小学館、2010年4月10日、177頁。ISBN 978-4-09-208303-5 
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、77頁。ISBN 4-416-49618-4 
  • 深津正『植物和名の語源探究』八坂書房、2000年4月25日、107-112頁。ISBN 4-89694-452-6 
  • 船山信次「ドクダミ」『毒草・薬草事典』SBクリエイティブ、2012年、100-101頁。ISBN 978-4797342697 
  • 吉村衞『おいしく食べる山野草』主婦と生活社、2007年4月23日、118 - 119頁。ISBN 978-4-391-13415-5 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]