ドクダミ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドクダミ科
クロンキスト体系
Houttuynia cordata.jpg
ドクダミ (Houttuynia cordata)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: コショウ目 Piperales
: ドクダミ科 Saururaceae
学名
Saururaceae
Martinov (1820)


ドクダミ科(Saururaceae)はコショウ目に属する、46からなる

形態・分布[編集]

多年生草本で、葉は互生、托葉がある。花は穂状、花被はなく、両性花。

アメリカ合衆国南部からメキシコおよび東アジアから東南アジアに分布する。4属5種。

分類[編集]

認識しやすいタクソンで、コショウ科との類縁も多くの分類学者が認めている。

下位分類[編集]

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではモクレン類のコショウ目に入れる。

被子植物 Magnoliophyta
モクレン類 magnoliids
コショウ目 Piperales
ドクダミ科 Saururaceae

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系でもセンリョウ科と共にコショウ目に入れる。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
モクレン亜綱 Magnoliidae
コショウ目 Piperales
ドクダミ科 Saururaceae

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系でもセンリョウ科ラクトリス科などと共にコショウ目に入れる。

被子植物門 Angiospermae
双子葉植物綱 Dicotyledoneae
古生花被亜綱(≒離弁花類)Archichlamydeae
コショウ目 Piperales
ドクダミ科 Saururaceae

利用[編集]

ドクダミはありふれた雑草だが生薬(十薬)、飲料(ドクダミ茶)、食用(ベトナム料理など)にも使う。ハンゲショウは観賞用に栽培することもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]