ルチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルチン
識別情報
CAS登録番号 153-18-4
PubChem 5280805
ChemSpider 4444362
UNII 5G06TVY3R7
日化辞番号 J818D
DrugBank DB01698
RTECS番号 VM2975000
ATC分類 C05CA01
特性
化学式 C27H30O16
モル質量 610.517 g/mol
精密質量 610.153385 u
外観 固体
融点

214–215 ºC(分解点)

への溶解度 不溶
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
0
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ルチン(Rutin、ルトサイドクェルセチン-3-ルチノシドとも)は、薬草などとして用いられていたミカン科ヘンルーダ Ruta graveolensから発見された柑橘フラボノイド配糖体の一種[1]タデ科ソバダイオウ属植物の葉および葉柄アスパラガスなどに含まれている。その他、ブラジルfava d'antaの木の果実、エンジュの花、果物や果皮(特にオレンジグレープフルーツレモンライムといった柑橘類)、クワの実、トネリコの実、クランベリーといったベリーにも含まれている。化合物名は、単離されたヘンルーダの学名 Ruta graveolensから来ている。

概要[編集]

分子式は C27H30O16 で、クェルセチンの3位の酸素にβ-ルチノース(6-O-α-L-ラムノシル-β-D-グルコース)が結合したフラボノイド配糖体である。Fava d'antaでは、ルチン合成酵素活性によって生合成される[2]

水から再結晶したものは通常3水和物で淡黄色の針状結晶。214–215 ℃ で分解する。CAS登録番号は [153-18-4]。天然ルチンは不溶性アルコールには溶解する。そのため、水溶性糖化したα-グリコシル-ルチンが食品添加物として利用される。

1930年代に発見され、ビタミン様の働きがあることから単体でビタミンPと呼ばれていた。後にビタミンPを構成するクェルセチンやヘスペリジンエリオシトリンなどいくつかの物質が発見され、ルチンが単体でビタミンPと呼ばれることはなくなった。日本ビタミン学会ではビタミンPをビタミン様物質として規定している。つまり、ビタミンPはビタミンではない。

ルチンは俗に「健康によい」として様々な効能が謳われており、抗炎症効果や血流改善効果については数多くの論文にて報告されている。国立健康・栄養研究所の報告でも変形性関節症に対する有効性について言及されている[3]。また、当該化合物生体代謝産物となる活性本体、クェルセチンについても、非感染前立腺炎の治療に対して有効性が認められている[4]ほか、ドイツのコミッションEにおいても花粉症による炎症の抑制効果について効果が認められており、栄養学の見地からは、フードファディズムとは一線を画する微量栄養素と考えられる。

ソバは 食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられており、ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因蛋白質が含まれる可能性がある。

類縁体[編集]

ルチン(クェルセチンルチノシド)はクェルシトリンと同様に、フラボノイドクェルセチンの配糖体である。このように、両者の化学構造は非常に似ているが、ヒドロキシル基に違いが存在する。クェルセチンおよびルチンは共に多くの国で血管保護のための薬剤として使用されており、おびただしい数の総合ビタミン剤や植物性の生薬の成分である[5]

配位子としての役割[編集]

ルチンは陽イオン(カチオン)と結合し、植物の細胞へ土壌から栄養素を供給する[要出典]。ヒトでは、鉄イオンFe2+に取り付き、過酸化水素への結合を妨げ、細胞に傷害を与えるフリーラジカルの生成を抑える。また、抗酸化物質でもある。

さらに、ルチンはin vitroにおいて細胞毒性を示さない濃度で血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) を阻害することが示されていることから、血管新生阻害剤として働く[6]。このことは、ルチンがある種のがんの増殖および転移を制御できる可能性を示している。

健康効果[編集]

マウス[7]、ラット[8]、ハムスター[9]、ウサギ[10]in vitro研究[11]におけるルチンおよびクェルセチンの効果には多数の証拠があるが、ヒトの栄養補助食品としてのルチンの有意で好ましい効果を直接的に証明する臨床研究は存在しない

  • ルチンは血小板凝集を阻害し[12]、毛細血管透過性を減少させることにより、抗凝血作用を示し、血行を改善する[要出典]
  • ルチンは一部の動物やin vitroモデル実験において抗炎症活性を示す[13][14]
  • ルチンはアルドースレダクターゼ活性を阻害する[要出典]。アルドースレダクターゼは通常、眼や人体の至る処に存在する酵素である。アルドースレダクターゼはグルコースの糖アルコールであるソルビトールへの変換を触媒する。
  • ルチンは毛細血管を強化することから[要出典]血友病症状を低減することができる。また脚の一般的な見た目の悪い静脈浮腫を予防することができると考えられていたが、ルチンを含むソバ茶の効果を検証した二重盲検臨床研究ではプラセボ以上の有意な効果は認められなかった[15]
  • ソバにはルチンが含まれるが、ネパールでの1992年の血圧調査で、蕎麦粉を主食としている地域は、小麦粉を主食としている地域よりも血圧が低かった[16]
  • ルチンが、静脈怒張、細小血管障害英語版の治療に使用できるとするいくつかの証拠が存在する[5]
  • ルチンは抗酸化剤でもある[17]。クェルセチン、アカセチンモリン、ヒスプデュリン、ヘスペリジン、ナリンギンと比較すると最も活性が強い[18]。しかしながら、他の試験では、ルチンの効果はクェルセチンの効果と比較すると弱いあるいはごくわずかであった[19][20]

獣医学[編集]

獣医学において、ルチンはイヌおよびネコの乳び胸の管理に使用されている[21]

代謝[編集]

アルペルギルス・フラブス英語版 (Aspergillus flavus) においてケルシトリナーゼ英語版が発見された[22]。これはルチン異化経路の酵素である[23]

参考文献[編集]

  • Panchal SK, Poudyal H, Arumugam TV, Brown L. (2011) “Rutin attenuates metabolic changes, nonalcoholic steatohepatitis, and cardiovascular remodeling in high-carbohydrate, high-fat diet-fed rats.” J Nutr. 2011 Jun;141(6):1062-9. Epub 2011 Apr 20.
  • Fernandes AA, Novelli EL, Okoshi K, Okoshi MP, Di Muzio BP, Guimarães JF, Fernandes Junior A. (2010) “Influence of rutin treatment on biochemical alterations in experimental diabetes.” Biomed Pharmacother. 2010 Mar;64(3):214-9. Epub 2009 Oct 27.
  • Javed H, Khan MM, Ahmad A, Vaibhav K, Ahmad ME, Khan A, Ashafaq M, Islam F, Siddiqui MS, Safhi MM, Islam F. (2012) “Rutin prevents cognitive impairments by ameliorating oxidative stress and neuroinflammation in rat model of sporadic dementia of Alzheimer type.” Neuroscience. 2012 May 17;210:340-52. Epub 2012 Mar 6.

脚注[編集]

  1. ^ Kreft S, Knapp M, Kreft I (November 1999). “Extraction of rutin from buckwheat (Fagopyrum esculentum Moench) seeds and determination by capillary electrophoresis”. J. Agric. Food Chem. 47 (11): 4649–52. doi:10.1021/jf990186p. PMID 10552865. 
  2. ^ Lucci, N.; Mazzafera, P. (2009). “Rutin synthase in fava d'anta: Purification and influence of stressors”. Can. J Plant Sci. 89 (5): 895–902. doi:10.4141/CJPS09001. 
  3. ^ ルチン - 「健康食品」の安全性・有効性情報国立健康・栄養研究所
  4. ^ ビタミンP - 「健康食品」の安全性・有効性情報 国立健康・栄養研究所]
  5. ^ a b Rutin (C27H30O16)”. Natural Standard. 2012年1月25日閲覧。
  6. ^ Luo H, Jiang BH, King SM, Chen YC (2008). “Inhibition of Cell Growth and VEGF Expression in Ovarian Cancer Cells by Flavonoids”. Nutr. Cancer 60 (6): 800–9. doi:10.1080/01635580802100851. PMID 19005980. 
  7. ^ Enkhmaa; et al.; Katsube, T; Kitajima, K; Anuurad, E; Yamasaki, M; Yamane, Y (2005). “Mulberry (Morus alba L.) leaves and their major flavonol quercetin 3-(6-malonylglucoside) attenuate atherosclerotic lesion development in LDL receptor-deficient mice”. J. Nutr. 135 (4): 729–34. PMID 15795425. 
  8. ^ Santos; et al.; Nagem, TJ; Pinto, AS; Oliveira, MG (1999). “HYPOLIPIDAEMIC EFFECTS OF NARINGENIN, RUTIN, NICOTINIC ACID AND THEIR ASSOCIATIONS”. Pharmacol. Res. 40 (6): 493–6. doi:10.1006/phrs.1999.0556. PMID 10660947. 
  9. ^ Auger; et al.; Gérain, Peggy; Lequeux, Nadine; Bornet, Aurélie; Serisier, Samuel; Besançon, Pierre; Caporiccio, Bertrand et al. (2005). “Dietary wine phenolics catechin, quercetin, and resveratrol efficiently protect hypercholesterolemic hamsters against aortic fatty streak accumulation”. J. Agric. Food Chem. 53 (6): 2015–21. doi:10.1021/jf048177q. PMID 15769129. 
  10. ^ Juźwiak; et al.; Mokrzycki, K; Marchlewicz, M; Białecka, M; Wenda-Rózewicka, L; Gawrońska-Szklarz, B; Droździk, M (2005). “Effect of quercetin on experimental hyperlipidemia and atherosclerosis in rabbits”. Pharmacol. Rep. 57 (5): 604–9. PMID 16227643. 
  11. ^ Shen; et al.; Lin, HY; Huang, HC; Ko, CH; Yang, LL; Chen, YC (2002). “In vitro and in vivo inhibitory activities of rutin, wogonin, and quercetin on lipopolysaccharide-induced nitric oxide and prostaglandin E2 production”. Eur. J. Pharmacol. 446 (1–3): 187–94. doi:10.1016/S0014-2999(02)01792-2. PMID 12098601. 
  12. ^ Navarro-Núñez; et al.; Palomo, M.; Martínez, C.; Vicente, V.; Castillo, J.; Benavente-García, O.; Diaz-Ricart, M. et al. (2008). “Apigenin Inhibits Platelet Adhesion and Thrombus Formation and Synergizes with Aspirin in the Suppression of the Arachidonic Acid Pathway”. J. Agric. Food Chem. 56 (9): 2970–6. doi:10.1021/jf0723209. PMID 18410117. 
  13. ^ Guardia; et al.; Juarez, AO; Pelzer, LE (2001). “Anti-inflammatory properties of plant flavonoids. Effects of rutin, quercetin and hesperidin on adjuvant arthritis in rat”. Il Farmaco 56 (9): 683–7. doi:10.1016/S0014-827X(01)01111-9. PMID 11680812. 
  14. ^ Chan Hun Jung; et al.; Cho, Chul Hyung; Kim, Chang Jong (2007). “Anti-asthmatic action of quercetin and rutin in conscious guinea-pigs challenged with aerosolized ovalbumin”. Arch. Pharmacal Research 30 (12): 1599–1607. doi:10.1007/BF02977330. http://www.springerlink.com/content/3265v57604507v87. 
  15. ^ Ihme N, Kiesewetter H, Jung F, Hoffmann KH, Birk A, Müller A, Grützner KI. “Leg oedema protection from a buckwheat herb tea in patients with chronic venous insufficiency: a single-centre, randomised, double-blind, placebo-controlled clinical trial”. Eur. J. Clin. Pharmacol. 50 (6): 443-447. doi:10.1007/s002280050138. PMID 8858269. 
  16. ^ http://www.lib.nakamura-u.ac.jp/syoku/12.htm
  17. ^ Metodiewa, D.; Kochman, A.; Karolczak, S. (1997). “Evidence for antiradical and antioxidant properties of four biologically active N,N-Diethylaminoethyl ethers of flavaone oximes: A comparison with natural polyphenolic flavonoid rutin action”. IUBMB Life 41 (5): 1067–1075. doi:10.1080/15216549700202141. 
  18. ^ Medical Uses For Rutin”. Diet-and-Helth.net. 2012年1月25日閲覧。
  19. ^ Bando N, Muraki N, Murota K, Terao J, Yamanishi R. “Ingested quercetin but not rutin increases accumulation of hepatic β-carotene in BALB/c mice”. Mol. Nutr. Food Res. 54 (S2): S261-S267. doi:10.1002/mnfr.200900329. PMID 20373287. 
  20. ^ Chow JM, Shen SC, Huan SK, Lin HY, Chen YC (2005). “Quercetin, but not rutin and quercitrin, prevention of H2O2-induced apoptosis via anti-oxidant activity and heme oxygenase 1 gene expression in macrophages”. Biochem. Pharmacol. 69 (12): 1839-1851. doi:10.1016/j.bcp.2005.03.017. PMID 15876423. 
  21. ^ Kopko SH (2005). “The use of rutin in a cat with idiopathic chylothorax”. Can. Vet. J. 46 (8): 729-731. PMC 1180424. PMID 16187718. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1180424. 
  22. ^ quercitrinase”. www.brenda-enzymes.org. 2012年1月25日閲覧。
  23. ^ Tranchimand S, Brouant P, Iacazio G. “The rutin catabolic pathway with special emphasis on quercetinase”. Biodegradation 21 (6): 833-859. doi:10.1007/s10532-010-9359-7. PMID 20419500. 

外部リンク[編集]