アカセチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Acacetin
Chemical structure of acacetin
Ball-and-stick model of acacetin{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 480-44-4 ×
PubChem 5280442
ChemSpider 4444099 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL243664 チェック
特性
化学式 C16H12O5
モル質量 284.26 g mol−1
精密質量 284.068473 u
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アカセチン(Acacetin)はO-メチル化フラボンに分類されるフラボノイドの一つ。ニセアカシア (Robinia pseudoacacia)、ダミアナ (Turnera diffusa)[1]シラカンバ (Betula pendula)[2]、シダの一種ヌリトラノオ (Asplenium normale)[3]等で見られる。

アピゲニン 4'-O-メチルトランスフェラーゼは、S-アデノシルメチオニンアピゲニンからS-アデノシルホモシステインとアカセチンを生成する。

出典[編集]

  1. ^ Zhao, J; Dasmahapatra, AK; Khan, SI; Khan, IA (2008年12月). “Anti-aromatase activity of the constituents from damiana (Turnera diffusa)”. Journal of Ethnopharmacology 120 (3): 387–393. doi:10.1016/j.jep.2008.09.016. PMID 18948180. 
  2. ^ Valkama, E; Salminen, J-P; Koricheva, J; Pihlaja, K. “Changes in Leaf Trichomes and Epicuticular Flavonoids during Leaf Development in Three Birch Taxa”. Annals of Botany 94: 233–242. doi:10.1093/aob/mch131. 
  3. ^ UmiKalsom, Yusuf; Harborne, Jeffrey B. (1991年). “Flavonoid distribution in asplenioid ferns”. Pertanika 14 (3): 297–300. http://psasir.upm.edu.my/2863.