関節症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関節症(かんせつしょう)とは、関節に起こる痛み・炎症でいろいろな原因がある。

  1. 関節成分(コンドロイチンなど)の不足によって、不足した部分に負担がかかって炎症を起こす。
  2. マイコプラズマなどの病原菌の影響で、炎症を起こす。

治療方法[編集]

関節成分をとるようにする。

関連項目[編集]