ギシギシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギシギシ
Rumex japonicus 2015.05.09 11-32-57.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
: スイバ属 Rumex
: ギシギシ R. japonicus
学名
Rumex japonicus
Houtt.
和名
ギシギシ
英名
Japanese dock

ギシギシ(羊蹄、Rumex japonicus)はタデ科多年草。別名、シノネ[1]ウシグサ[2]ともよばれる。生薬名および中国植物名は、羊蹄(ヨウテイ)[3]

名称[編集]

和名の由来は諸説あるが、正確な語源は明確ではない[1][4]。京都の方言に由来するという説や、子供たちの遊びで茎をすり合わせてギシギシという音を出していたことからこの名があるという説[1][4]が言われているほか、実が詰まってついていて、穂を振るとギシギシと音を立てるからともいわれる[5]。古い名称は(し)で、根を薬用にしたため「之の根」(シノネ)の別名が生まれている[1]

日本の地方によって、さまざまに呼び名が変わり、ウマスカンポ[3][6]、ウマスイベ[3]、オカジュンサイ[6]、オスシグサ[6]のほか、イチシ[7]、シブクサ(しぶ草)[7]、ウシシーシー[7]、ウマスカナ[7]、ウマズイコ[7]、ウマノスカンコ[7]、シノネ[7]ともよばれている。花言葉は「忍耐」「隠れ話」「抜け目のなさ」「朗らか」である[7]

漢名(中国名)で「羊蹄」と書くのは、葉の形がに似ているからだとされている[5]

分布・生育地[編集]

日本の全土(北海道本州四国九州沖縄[8])、朝鮮半島中国千島列島樺太の市街地周辺から山地に分布する[4][9][10]。やや湿った道ばたや野原、山野、土手、公園などの、やや湿った水辺、湿地、田のあぜなどに群生する[1][10]。低地から海抜1000メートル (m) くらいの高所にかけて、群生することが多い[6]

形態・生態[編集]

草丈は、40 - 130センチメートル (cm) 前後になる[7][10]は黄色くて太い[8]は直立し、茎の際から束になってが生える[10]。根もとに生える葉は、長さ10 - 25 cmの長楕円形で長い柄があり、先端が尖って[6]、基部がハート形に丸みを帯びるが[11]、上部の葉は柄が無く幅も狭くなる[12]。葉の縁は大きく波打つ[9]。根生葉は花期にはほとんど枯れる[8]

春から夏にかけ(5 - 8月ころ)、茎の先に花穂を伸ばし、上部で分枝し多数の円錐花序を出す[1][10]。立ち上がった長い花茎には、節から輪生状に、薄緑色で目立たない小さいを鈴なりにつける[1][2][9]。花は花弁をもたず、6片の(花被片)からなり、それらが2列に並ぶ[9][8]

花が終わると内側の3つの萼が発達し翼片状となって、中央部が次第にこぶ状に膨らんで、3つの稜のある痩果を包み、たくさんつける[2][9][13]。この翼は心形で縁に微細な鋸歯がある[9][13]。こぶ状の膨らみは3個で同じ大きさになる[8]。実は熟すと、緑色から褐色へと変化する[2]。痩果は3稜形で両端が尖っており、茶褐色をしている[13]

花を咲かせるのは初夏であるが、秋には発芽して、茎をのばさずに、地面にへばりつくように株の中心から放射状に多くの葉を広げたロゼット状態の姿で冬の寒さを越す[14]

利用[編集]

根は緩下剤や皮膚病の薬になるほか、葉を開く前の若芽は食用になる[8]

薬用[編集]

根や根茎には、エモジンチリソファノールなどのアントラキノン誘導体アントロンタンニンが含まれている[1]。アントラキノン誘導体には緩やかに便通をよくする緩下作用があり、緩下薬として古くから知られている[1]。また、タンニンには組織細胞を引き締める収斂作用があり、腫物などの炎症を鎮める消炎薬に用いられている[1]

地上部が枯れ始める10月ごろには根を掘り上げて水洗いして土砂を取り除き、厚さ5cmに刻んで天日干しにしたものが生薬になり、羊蹄根ようていこん、もしくは羊蹄と称されている[1][3]

便秘の緩下薬として、羊蹄根1日量3 - 10グラムを約400 - 600ccの水で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用することが知られている[1][3]民間薬としては、生の根をすりつぶしていんきんたむしなどの皮膚病や、おでき腫れ物などの患部に直接につける用法が知られている[1][3]。胃腸が冷えやすい人や、妊婦への服用は禁忌とされている[3]

食用[編集]

早春の時期、鞘に包まれた若芽は日本の東北地方で山菜として食用されているほか、葉が開く前の若芽には透明なぬめりがあり、独特の食感からも方言で「オカジュンサイ」と称されている[1][10]。若芽は袋状のさやを取り除いて軽くゆでて水にさらし、お浸し和え物、汁の実などに調理される[1][10]。多少のクセがあるため、塩漬けぬかみそ漬けにしても食べる[6]。近縁種のスイバの若葉は酸味があるが、ギシギシと同様に食用される[1]

近縁種[編集]

ギシギシは一見、同じタデ科の植物であるスイバとよく似ているが、が黄色いのが特徴で[3]、スイバの葉は基部が矢じりのようになっているが、ギシギシの葉は基部が丸みを帯びているので区別ができる[11]。また、スイバの葉は赤みを帯びていて上部は茎を抱くが、ギシギシの葉は鮮やかな緑色をしていて茎を抱かない[7]

ギシギシの近縁種に、ユーラシア原産の帰化植物で、葉が細長くて波を打つナガバギシギシヨーロッパ原産で北海道に帰化し、葉が大きくて中脈が赤みを帯びるエゾノギシギシ、明治時代にヨーロッパから帰化したアレチギシギシなどがある[2][5]。葉の縁が波打っているものは、日本へ移入してきた外来種であり[1]、ヨーロッパ原産の帰化雑草である[5][15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 田中孝治 1995.
  2. ^ a b c d e 亀田龍吉 2012.
  3. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995.
  4. ^ a b c 日本の野草・雑草(2009)
  5. ^ a b c d 稲垣栄洋 2018, p. 135.
  6. ^ a b c d e f 奥田重俊監修 講談社編 1996, p. 15.
  7. ^ a b c d e f g h i j 稲垣栄洋 2018, p. 134.
  8. ^ a b c d e f 山田孝彦・山津京子 2013, p. 97.
  9. ^ a b c d e f 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 192.
  10. ^ a b c d e f g 高橋秀男監修 田中つとむ・松原渓著 2003, p. 14.
  11. ^ a b 田中修 2007, p. 164.
  12. ^ 原色野草観察検索図鑑(1981)
  13. ^ a b c 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2018, p. 119.
  14. ^ 田中修 2007, p. 165.
  15. ^ 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 193.

参考文献[編集]

  • 稲垣栄洋『ワイド判 散歩が楽しくなる 雑草手帳』東京書籍、2018年5月22日、134 - 135頁。ISBN 978-4-487-81131-1
  • 奥田重俊監修 講談社編『新装版 山野草を食べる本』講談社、1996年2月10日、15頁。ISBN 4-06-207959-3
  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、183頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 亀田龍吉『雑草の呼び名辞典』世界文化社、2012年2月20日、60 - 61頁。ISBN 978-4-418-12400-8
  • 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著『花と葉で見わける野草』小学館、2010年4月10日、192頁。ISBN 978-4-09-208303-5
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『増補改訂 草木の 種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2018年9月20日、119頁。ISBN 978-4-416-51874-8
  • 高橋秀男監修 田中つとむ・松原渓著『日本の山菜』学習研究社〈フィールドベスト図鑑13〉、2003年4月1日、14頁。ISBN 4-05-401881-5
  • 田中修『雑草のはなし』中央公論新社〈中公新書〉、2007年3月25日。ISBN 978-4-12-101890-8
  • 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』講談社〈ベストライフ〉、1995年2月15日、82頁。ISBN 4-06-195372-9
  • 長田武正『原色野草観察検索図鑑』保育社、1981年、384頁。ISBN 978-4-586-30058-7
  • 林 弥栄、平野隆久『野に咲く花』山と渓谷社〈山渓ハンディ図鑑〉、1989年、368頁。ISBN 978-4-635-07001-0
  • 日野 東『日本の野草・雑草』成美堂出版、2009年、287頁。ISBN 978-4-415-01009-0
  • 山田孝彦・山津京子『万葉歌とめぐる野歩き植物ガイド』太郎次郎社エディタス、2013年8月15日、初版、97頁。ISBN 978-4-8118-0762-1
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) 2018年5月3日閲覧