ギシギシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギシギシ
Rumex japonicus 2015.05.09 11-32-57.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
: スイバ属 Rumex
: ギシギシ R. japonicus
学名
Rumex japonicus
Houtt.
和名
ギシギシ
英名
Japanese dock

ギシギシ(羊蹄、Rumex japonicus)はタデ科多年草。やや湿った道ばたや水辺、湿地、田のあぜなどに生え、日本全国に分布する[1]。生薬名は、羊蹄(ヨウテイ)[2]

特徴[編集]

高さは、40-100cmになる。根もとに生える葉は、長さ10-25cmの長楕円形で長い柄があり、基部がハート形になるが、上部の葉は柄が無く幅も狭くなる[3]。葉の縁は大きく波打つ。茎の上部で分枝し多数の花序を出す。緑色で小さい花を輪生させる。花は花弁をもたず、6片のからなる。花期は、6-8月。[1] 花が終わると内側の3つのが発達し、翼となって3稜のある痩果を包む。この翼の縁に微細な鋸歯があり、背面には楕円状の瘤がある。

名前の語源[編集]

京都の方言に由来するという説もあるが、詳細は不明である[1]。 茎をすり合わせるとギシギシという音を出すことからこの名があるとも。

利用[編集]

若芽は食用になり、根は薬用にする[4]。 根は「しのね」といい緩下剤とする。 民間薬としては、根をすりつぶして皮膚病に用いられた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日本の野草・雑草(2009)
  2. ^ 『長野県衛生部薬務課薬草の知識』長野県衛生部薬務課昭和56年3月31日発行全39ページ中267頁
  3. ^ 原色野草観察検索図鑑(1981)
  4. ^ 野に咲く花(1989)

参考文献[編集]