トム・デイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・デイビー
Tom Davey
トム・デイビー20040218.jpg
広島時代(2004年2月18日、日南市天福球場)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州ガーデンシティ
生年月日 (1973-09-11) 1973年9月11日(45歳)
身長
体重
200 cm
103 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 MLBドラフト5巡目
初出場 MLB / 1999年4月6日
NPB / 2003年7月4日
最終出場 MLB / 2002年8月24日
NPB / 2007年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・ジョセフ・デイビーThomas Joseph Davey , 1973年9月11日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入りとブルージェイズ時代[編集]

1994年MLBドラフトで、トロント・ブルージェイズから5巡目で指名を受け入団。

1999年に、メジャーデビューを果たす。

マリナーズ時代[編集]

1999年シーズン途中に、シアトル・マリナーズに移籍した。

パドレス時代[編集]

2000年のシーズン途中に、サンディエゴ・パドレスに移籍し、メジャーにも昇格した。

レッドソックス傘下時代[編集]

2003年は、ボストン・レッドソックス傘下のマイナーでプレーしていた。

広島時代[編集]

2003年6月広島東洋カープに入団。長い脚を活かしての投げ下ろす速球を武器に勝ち星を重ねた。

2004年先発ローテーションの一角として期待されたが、シーズン中に故障で帰国しそのまま退団。

2005年に広島の入団テストを受けて合格、復帰を果たし6勝、防御率2.98と活躍したが、戦力外通告を受ける。

オリックス時代[編集]

2006年オリックス・バファローズに移籍。球速の限界が心配されていたものの、長身を活かした変化球を上手く操り、奪三振へのこだわりを捨てた打たせて取るピッチングでチームのローテーションの一角として活躍し、2桁勝利を達成。

2007年はやや成績を落とすも、年間を通してローテーションを守り、チーム最多の8勝を挙げた。

2008年はオープン戦で右肩腱鞘炎を発症したため登板機会がなく、8月4日にウェイバー公示された。

独立リーグ時代[編集]

2009年は、独立リーグであるアトランティックリーグカムデン・リバーシャークスでプレー。

その後右肩の不調により手術を行うも復調せず、2011年に引退した。

選手としての特徴[編集]

140km/h台の手元で変化するストレートに、縦と横のスライダーチェンジアップなどの変化球を投げる。NHKの「土曜スポーツタイム」内で、日本球界で最もゴロアウトを奪うのが巧みな投手「ゴロキング」というテーマ名で取り上げられたことがある。

打高投低のプロ野球界の潮流や、狭い広島市民球場(移籍後は京セラドーム大阪)という環境にあって、先発ローテ投手として防御率2点台を記録したことが、実働5年のうち3度もある点は、日本球界への適性と投手としての能力の高さの証といえる。2006年は千葉ロッテマリーンズ(当時)の清水直行に並んで、規定投球回達成した投手の中で最少の9被本塁打と被弾数も少なかった。

打撃も得意なようで、DH制の無い広島時代では通算2本塁打(2004年、2005年に各1本)記録している。ちなみに、長打性の当たりを打っても足が速くないため、広島時代は、長打コースがシングルヒットになることが多かった。

人物[編集]

ファンに野球カードにサインを求められた際にカードの自身の顔写真を見て、「男前」と言った事がある。

広島時代の2003年に、7月23日の巨人戦で当時巨人に在籍していた清原和博に死球を与え、故意に当たったと思っていた清原に睨み付けられ激怒、両軍選手が駆けつけ二人をなだめ事なきを得る[1]。しかし同年の8月1日の同じく巨人戦で、清原を三振に仕留め、ベンチに戻る際に清原に「FUCK YOU!!」と言い放つ。しかしその翌日の試合前に通訳を交え話し合いをし両者は和解しており、オリックス時代はチームメイトであったが特別仲の悪い様子は見られなかった。だが、その話し合いの途中にも「彼まだやってるの?」と挑発めいた発言をしている。

短気な性格であることも有名で、審判に不満な態度を表すことも多く、退場処分も受けたことがある。その短気さで特に有名なのは、2007年5月25日阪神タイガース戦(京セラドーム大阪)の試合。8回表の先頭打者・赤星憲広に投じたある1球の微妙な判定を巡り、嶋田哲也球審に暴言を吐いて退場処分を食らった(ただし、阪神打線を1失点に抑える好投で勝利投手になっている)。この日ライアン・ボーグルソンから決勝2ランを放ったタフィ・ローズも、この判定に怒りを露にしていた。そのためか、試合後のお立ち台に上がったのは投打のヒーローではなく、デイビー降板後に訪れた1死満塁のピンチを外野フライ2本に抑えた本柳和也と、9回表を無失点に抑えた加藤大輔だった。

オリックス時代、チームの雰囲気の良さを気に入ったこともあり、球団マスコットであるリプシーの中に入ってでもチームへの残留を熱望した[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 TOR 29 0 0 0 0 1 1 1 -- .500 198 44.0 40 5 26 0 3 42 6 0 28 23 4.70 1.50
SEA 16 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 100 21.0 22 0 14 1 4 17 0 0 13 11 4.71 1.71
'99計 45 0 0 0 0 2 1 1 -- .667 298 65.0 62 5 40 1 7 59 6 0 41 34 4.71 1.57
2000 SD 11 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 50 12.2 12 0 2 0 0 6 1 0 1 1 0.71 1.11
2001 39 0 0 0 0 2 4 0 -- .333 169 38.0 41 3 17 3 1 37 3 1 22 19 4.50 1.53
2002 19 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 97 21.0 23 2 11 1 3 21 1 0 14 13 5.57 1.62
2003 広島 15 10 2 0 0 5 2 1 -- .714 314 76.0 68 8 23 1 3 52 3 0 24 20 2.37 1.20
2004 9 9 1 0 0 3 4 0 -- .429 232 51.0 65 10 23 0 3 37 1 0 38 35 6.18 1.73
2005 18 18 2 0 0 6 6 0 0 .500 488 114.2 109 10 42 1 8 76 1 0 50 38 2.98 1.32
2006 オリックス 24 24 4 1 1 10 8 0 0 .556 695 165.0 159 9 53 1 8 77 5 0 61 48 2.62 1.28
2007 26 26 2 0 0 8 11 0 0 .421 695 162.2 180 9 44 1 9 78 1 2 66 58 3.21 1.38
MLB:4年 114 0 0 0 0 7 6 1 2 .538 614 136.2 138 10 70 5 11 123 11 1 78 67 4.41 1.52
NPB:5年 92 87 11 1 1 32 31 1 0 .508 2424 569.1 581 46 185 4 31 320 11 2 239 199 3.15 1.35
  • 2010年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 16 (2003年 - 2004年)
  • 30 (2005年)
  • 6 (2006年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 珍プレー番組でも清原への死球シーンが取り上げられ、デイビーが「よけてないよお前!」「よけろよ!」と言ったことがきっかけで両軍ベンチから選手が飛び出し、清原が審判に「何やこいつ、頭にくんな!」と激怒。広島はデイビーを黙らせようとしたが説得に失敗。そして清原を「何やお前!」「ワシにしばかれたいんか?」と怒らせる。嫌悪なムードが漂う中巨人の原辰徳監督が「いいから行け!」と清原をなだめ、事態は収拾した…というものだった。
  2. ^ デイビー「リプシーの中でも…」残留熱望

関連項目[編集]

外部リンク[編集]