デレク・ディートリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • デレク・ディートリッチ
  • デレク・ディートリヒ
デレク・ディートリック
Derek Dietrich
シンシナティ・レッズ #22
DerekDietrich2017.jpg
マイアミ・マーリンズ時代
(2017年7月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州クリーブランド
生年月日 (1989-07-18) 1989年7月18日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手左翼手三塁手一塁手
プロ入り 2010年 MLBドラフト2巡目
初出場 2013年5月8日 サンディエゴ・パドレス
年俸 $522,500(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デレク・リチャード・ディートリックDerek Richard Dietrich, 1989年7月18日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身のプロ野球選手ユーティリティープレーヤー)。右投左打。MLBシンシナティ・レッズ所属。愛称はディーツ[2]

姓は「Dietrich」と表記するため、日本では「ディートリッチ」とされる傾向にあるが、英語での読みは「ディートリック」である[3]

祖父はデトロイト・タイガースクリーブランド・インディアンスでプレーしたスティーブ・デミッター英語版[4]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

セント・イグナティウス高等学校英語版出身[3]2007年MLBドラフト3巡目(全体111位)でヒューストン・アストロズから指名されるが[3]ジョージア工科大学へ進学した[要出典]

プロ入りとレイズ傘下時代[編集]

A級ボーリンググリーン時代
(2011年8月25日)

2010年MLBドラフト2巡目(全体79位)でタンパベイ・レイズから指名され[5][3]、契約を結び、遊撃手としてプロ入りした[要出典]。契約後、傘下のA-級ハドソンバレー・レネゲーズでプロデビュー。45試合に出場して打率.279、3本塁打、20打点、50安打、2盗塁を記録した[3]

2011年はA級ボーリンググリーン・ホットロッズ英語版でプレーし[要出典]、127試合に出場して打率.277、22本塁打、81打点、133安打、5盗塁を記録した[要出典]。一方で、128三振と粗っぽさが目立ち、また守備でも25失策を喫した[3]。なお、この年に放った22本塁打は、チーム記録となった[4]

2012年は、まずA+級シャーロット・ストーンクラブズでプレーした[要出典]。ここでは、98試合に出場して打率.282、10本塁打、58打点、105安打、4盗塁を記録した[3]。その後、AA級モンゴメリー・ビスケッツでプレーした[要出典]。ここでは、34試合に出場して打率.271、4本塁打、17打点、36安打を記録した[要出典]。また、AA級モンゴメリーに昇格以降は遊撃手から二塁手に転向した[3]

マーリンズ時代[編集]

2012年12月5日にユネル・エスコバーとのトレードで、マイアミ・マーリンズへ移籍した[6]

2013年は、まず傘下のAA級ジャクソンビル・サンズでプレーした。5月8日にメジャーに昇格した[7]。同日のサンディエゴ・パドレス戦に「7番・二塁手」で先発出場してメジャーデビューを果たした。この試合では、3打数1安打だった[8]。最終的にこの年メジャーでは57試合に出場して打率.214、9本塁打、23打点、46安打、1盗塁を記録した[9]。AA級ジャクソンビルでは、63試合に出場して打率.271、11本塁打、38打点、59安打、3盗塁を記録した[3]

2014年はメジャーで開幕を迎えると、49試合に出場して打率.228、5本塁打、17打点、36安打、1盗塁を記録した[9]。しかし、7月以降はマイナー生活となり、AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズでプレー[要出典]。さらに故障もあって調整のため、一時的にA+級ジュピター・ハンマーヘッズ英語版に降格した。計26試合に出場して打率.316、8本塁打、18打点、31安打、1盗塁を記録した[3]

2015年は同じ二塁手のディー・ゴードンの加入もあり、AAA級ニューオーリンズで開幕を迎えたが、クリスチャン・イエリッチの故障やマーセル・オズナの不振もあって、6月に外野手としてメジャー昇格した[要出典]。昇格後は左翼手及び三塁手で主に起用され、90試合に出場。打撃面では、いずれも自己ベストとなる打率.256、10本塁打(自身初の二桁本塁打)、24打点という成績を残した。

2016年は4月末にゴードンの出場停止以降、二塁手として出場した。この年はキャリアハイの128試合に出場して打率.279、7本塁打、42打点、1盗塁、出塁率.374を記録した。リーグトップの24死球を記録した。

2017年は135試合に出場して打率.249、13本塁打、53打点を記録した。

2018年は149試合に出場して打率.265、16本塁打、45打点、2盗塁を記録した。オフの11月20日に戦力外となった[10]後、26日にFAとなった[11]

レッズ時代[編集]

2019年2月18日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[12]。3月28日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[13]

プレースタイル[編集]

2011年以降は毎年二桁死球を記録(メジャー・マイナー合算)しており、2015年はメジャーで13死球、マイナーで15死球の計28死球を記録している[3]

守備面では強肩だが、二塁手としては敏捷性に欠けるほか、外野手として起用される事もあるが基本的に拙守である[14]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 MIA 57 233 215 32 46 10 2 9 87 23 1 0 0 0 11 1 7 56 1 .214 .275 .405 .679
2014 49 183 158 31 36 6 2 5 61 17 1 0 2 0 13 0 10 38 1 .228 .326 .386 .712
2015 90 289 250 38 64 14 3 10 114 24 0 2 0 3 23 2 13 65 4 .256 .346 .456 .802
2016 128 412 351 38 98 20 5 7 149 42 1 0 0 5 32 2 24 84 6 .279 .374 .425 .798
2017 135 464 406 56 101 22 5 13 172 53 0 1 0 4 36 5 18 98 4 .249 .334 .424 .758
2018 149 551 499 72 132 26 2 16 210 45 2 0 0 2 29 2 21 140 5 .265 .330 .421 .751
MLB:6年 608 2132 1879 268 477 98 19 60 793 204 5 3 2 14 144 12 93 481 21 .254 .335 .422 .757
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]

内野守備


一塁(1B) 二塁(2B) 三塁(3B)




































2013 MIA - 57 98 158 2 31 .992 -
2014 - 44 58 134 10 24 .950 1 0 0 1 0 .000
2015 2 1 1 0 0 1.000 2 2 0 0 0 1.000 26 6 35 4 4 .911
2016 16 79 4 0 12 1.000 75 120 165 4 33 .986 13 5 14 0 2 1.000
2017 10 40 1 0 3 1.000 10 13 21 0 5 1.000 103 55 144 9 19 .957
2018 33 209 11 3 16 .987 4 2 3 0 0 1.000 2 0 0 0 0 .---
MLB 61 329 17 3 31 .991 192 293 481 16 93 .980 145 66 193 14 25 .949
外野守備


左翼(LF) 右翼(RF)
























2015 MIA 46 76 0 2 0 .974 -
2016 8 10 0 0 0 1.000 -
2017 5 3 0 0 0 1.000 -
2018 97 138 5 1 1 .993 1 0 0 0 0 .---
MLB 156 8227 5 3 1 .987 1 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 51(2013年)
  • 32(2014年 - 2018年)
  • 22(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Derek Dietrich Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月15日閲覧。
  2. ^ Breakdown of Marlins' Players Weekend names MiLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月27日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k Derek Dietrich Minor League Statistics & History” (英語). Baseball Reference.com. 2016年8月26日閲覧。
  4. ^ a b MWL notes: Dietrich on right track Milb.com Curt Rallo 英語 (2011年11月18日) 2015年3月21日閲覧
  5. ^ Derek Dietrich, former St. Ignatius High School star, drafted by Tampa Bay in second round of Major League Baseball draft Cleveland.com Tim Rogers, The Plain Dealer 英語 (2010年6月8日) 2015年3月21日閲覧
  6. ^ Marlins acquire infielder Derek Dietrich from Tampa Bay for Escobar MLB.com Press Release 英語 (2012年12月5日) 2015年3月21日閲覧
  7. ^ Marlins call up Derek Dietrich to start at second base NBC Sports Aaron Gleeman 英語 (2013年5月8日) 2015年3月21日閲覧
  8. ^ Wednesday, May 8, 2013 Padres 1, Marlins 0 MLB.com 英語 (2013年5月8日) 2015年3月21日閲覧
  9. ^ a b Drew Naylor Stats MLB.com
  10. ^ Jeff Todd (2018年11月20日). “Marlins Acquire Nick Anderson, Designate Derek Dietrich” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月14日閲覧。
  11. ^ Jeff Todd (2018年11月26日). “Derek Dietrich Clears Waivers, Elects Free Agency” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月14日閲覧。
  12. ^ Mark Sheldon (2019年2月18日). “Reds add Dietrich on Minor League deal” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年3月14日閲覧。
  13. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年4月12日閲覧。
  14. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年。ISBN 978-4-331-52002-4

外部リンク[編集]