デス・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デス・ゲームとは、娯楽作品における1つのジャンル。登場人物が死を伴う危険な娯楽に巻き込まれる様相を描くようなフィクション作品、およびそのようなフィクションの劇中で描かれる、参加者の生死をチップにした架空の娯楽のことを指す。

概要[編集]

主に何らかの理由によって集められた登場人物たちが主催者から提示されたゲームに挑むというスタイルで、ゲームは危険を伴い、負けた場合のペナルティとして文字通りを迎えることもある。たとえ死を迎えないとしても、身体の後遺症(身体の欠損、半身不随など)を残したり、莫大な借金を背負わされる(他のプレイヤーの借金を肩代わりさせられる)など、人生を大きく狂わせるケースも多い。

緊張感とサスペンスが同時に味わえるため、古くから存在しているジャンルではあるが、ゲームの性質上ルールの整合性が取れていない場合もあり、しばしば酷評される場合がある。しかし、それらの矛盾や不備を逆手に取ってトリックに用いる場合もある。また、映像作品にする場合は大規模なロケを必要とせず、スタジオ内で小さなセットを組むだけで作れるパターンが多く、低コストで撮影できるため、近年ではデス・ゲームの実写化も多い。

主なパターン[編集]

参加のきっかけ
強制参加
誰か、またはある団体(規模によっては国家)によって強制的に身柄を拘束、拉致された上で挑むというもの。または、すでに収監済みの死刑囚であり、釈放を賭けて挑むというケースもある。
自発的参加
高額の賞金が懸けられており、自発的に参加するもの。
偶発的参加
なんらかの運命によって、偶然参加者になってしまうもの。
ゲームルール
競争制
「最後に残るのは1人のみ」など、生き残るためには他のプレイヤーを蹴落とさなければならないルール。
生き残るために他のプレイヤーを殺したり、金品を奪うのも許されるため、必然的にプレイヤー達の間で争いが行われることとなる。
半協力制
ゲームの開始段階では全員が協力すれば平等に同額の報酬を得て安全に離脱することができるものの、出し抜くことによって賞金ボーナスが上乗せされるなど欲望を駆り立てるシステムが組み込まれているルール。
ゲーム開始当初は全員協力を誓うものの、欲望に駆られたプレイヤーや運営側が差し向けた人物、あるいは単なる事故によってプレイヤーが脱落することにより疑心暗鬼の空気が作り出されてしまうという展開が多い。
協力制
上記のシステムなどはなく、閉ざされた部屋から全員で脱出しようとするなど、プレイヤー一丸となってゲームのクリアを目指すタイプ。

主な作品[編集]

※複数メディアで展開されているものは基本的に原作メディア、あるいは中心となっているメディアのみを掲載する。

映画[編集]

小説[編集]

国内
海外

漫画[編集]

アニメ[編集]

ドラマ[編集]

コンピュータゲーム[編集]

バラエティ番組[編集]

あくまでも演出の一環であり、実際に死亡するわけではない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 生死がかかった作品ではない

関連項目[編集]