テレビ将棋対局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テレビ将棋対局(テレビ・しょうぎたいきょく)はテレビ東京1981年9月30日まで東京12チャンネル)で、1972年-2003年に放送された将棋のテレビ棋戦の番組である。

概要[編集]

1972年8月、民放テレビ局で初の主催となる「早指し将棋選手権」という大会が開催されたのをきっかけに誕生。当初は半年間を1つの区切りとした年2回のシリーズだったが、1978年から1年間をかけての開催に変更。1982年に満30歳以下を対象とした若手限定大会「早指し新鋭戦」を新設し、半年ごとに「早指し将棋選手権大会」と交互に開催する形式を取り、2003年3月終了まで続けた[1]

出場者[1]

  • 「早指し選手権」 前回の同大会のベスト4、前年度新鋭戦ファイナリスト、前年度の棋戦タイトル保持者、過去10年間の同大会優勝者、前年度の棋戦出場者、竜王ランキング戦1組在籍者、順位戦上位ベスト16、各タイトル戦の永世保持者、過去1年間の成績優秀者などの順番により、36名によって開催
  • 「早指し新鋭戦」 30歳以下で、直近1年の成績優秀者15名と女流棋士からの優秀者1名の16人で開催

毎回島田良夫(テレビ東京アナウンサー→定年後はフリーアナウンサーとして出演)[2]が進行役を勤め「テレビ将棋対局の時間でございます。朝のひと時を早指し将棋でお楽しみください」と挨拶した。

NHK杯テレビ将棋トーナメントNHK杯テレビ囲碁トーナメント日曜囲碁対局と並ぶ屈指のテレビ棋戦として長年親しまれた。

出典[編集]

  1. ^ a b 棋戦情報「早指し将棋選手権戦・早指し新鋭戦」
  2. ^ 「早指し将棋妙手奇手・アナウンサー島田良夫氏」(NIKKEI NET 将棋王国)