ダク部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
康熙字典 214 部首
疋部 癶部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

(だくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では104番目に置かれる(5画の10番目、午集の10番目)。

」字は『説文解字』によると寄りかかるという意味で、病気で寝台に寄りかかる様子に象るという。寝台を表す「」と横棒で構成される。甲骨文を見ると、寝台に人が寝ている様子に象り、病気にかかることを意味したと考えられる。

偏旁の意符としては疾病に関することを示す。このとき左から下にかかる垂れの位置に置かれ、半包囲構造を形成する。

部はこのような意符を構成要素にもつ漢字を収める。

字体のデザイン差[編集]

」同様、印刷書体(明朝体)における「」字の1画目には地域による差異がある。『康熙字典』はこれを短い縦棒とし、日本・韓国はこれに従う。一方、中国の新字形・台湾の国字標準字体・香港の常用字字形表ではこれを点画としている(「」と表記)。

部首の通称[編集]

  • 日本:やまいだれ
  • 中国:病字頭
  • 韓国:병질엄부(byeongjil eom bu、病疾の垂れの部)
  • 英米:Radical sickness

部首字[編集]

例字[編集]

  • 3:疝、4:疫・疥、5:痂・疳・疵・疾・症・疹・疸・疼・疲・・疱、6:痍・痕・・痒、7:痙・・痘・痢、8:痾・・痺・痲・痳、9:(痩7)・瘋・癒・瘍、10:、12:・癈・瘤・療、13:(癒)、14癡(8)、16:、17:癬、19:癲