ターラカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ターラカ(Taraka)は、インド神話に登場するアスラタラカースラ(Tarakasur)とも呼ばれる。ターラカの名は「」を意味する。ターラカの父親はVajranakaとされ、ターラカ自身は「トリプラースラ」と総称されるVidyunmali、Tarakaksha、Viryavanaら3人の息子を持つとされる。

カーリダーサ叙事詩クマーラ・サンバヴァ』(軍神クマーラの誕生)では苦行をブラフマーに認められ、「シヴァの息子以外には殺されない体」をもらう。なぜなら当時のシヴァはサティーを失ったことで瞑想に入っており、当分の間は再婚する気配がなかったからである。不死身になったターラカは、またたく間に三界(地上界、空中界、天界)を攻略して支配してアスラ王となった。

しかし神々の活躍によりシヴァはパールヴァティーと再婚し、シヴァの息子スカンダが生まれた。このスカンダによりターラカは倒され、三界はデーヴァ神族に奪還された。