ジェフ・エイアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェフ・エイアーズ
Jeff Ayres
Jeff Ayres with Idaho.JPG
アイダホ・スタンピードでのエイアーズ(2016年)
エスキシェヒル・バスケット
ポジション PF
身長 209cm (6 ft 10 in)
体重 113kg (249 lb)
ウィングスパン 216cm  (7 ft 1 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Jeffrey Curtis Ayres
(前名:Jeff Pendergraph)
(生名:Jeffrey Curtis Orcutt)
ラテン文字 Jeff Ayres
誕生日 (1988-06-05) 1988年6月5日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州オンタリオ
出身 アリゾナ州立大学
ドラフト 2009年2巡目 31位 
選手経歴
2009-2010
2010-2011
2011-2013
2013-2015
2015-2016
2016
2016
2016
2016
2016-2017
2017
2017-
ポートランド・トレイルブレイザーズ
故障のため出場なし
インディアナ・ペイサーズ
サンアントニオ・スパーズ
アイダホ・スタンピード (NBADL)
ロサンゼルス・クリッパーズ
ロサンゼルス・Dフェンダーズ (DL)
ロサンゼルス・クリッパーズ
ロシアの旗 PBC CSKAモスクワ
ロサンゼルス・Dフェンダーズ (DL)
日本の旗 アルバルク東京
トルコの旗 エスキシェヒル・バスケット
受賞歴

ジェフリー・カーティス・エイアーズJeffrey Curtis Ayres, 【生名:Jeffrey Curtis Orcutt】, 1987年4月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州オンタリオ出身のバスケットボール選手。NBAサンアントニオ・スパーズ2014年のチャンピオンメンバー。ポジションはPF

経歴[編集]

学生時代[編集]

アリゾナ州立大学では、ヒューストン・ロケッツジェームス・ハーデンの2年先輩であり、同年にドラフトで、NBA入りした。

NBA[編集]

2009年ポートランド・トレイルブレイザーズからドラフト全体31位で指名され入団した[1]。2010年4月14日、ゴールデンステート・ウォリアーズ戦でキャリアハイとなる21得点を上げた[2]

2010-2011シーズンを前に、膝にシーズン全休となる傷を負い、解雇された[3]

2011年にインディアナ・ペイサーズと契約したが、12月に練習中に負った膝の軽い怪我により[4]2012年まで出場できなかった。4月23日、ペイサーズでの初のスタートで18分出場し、10得点、7リバウンド、1アシスト、2ブロックの記録を残した。

2013年のイースタン・カンファレンスファイナルのマイアミ・ヒート第7戦最終クオーター、ペンダーグラフは、ヒートのガード、ノリス・コールと押し合いをし、レフェリー、ケン・マウアーから両者は退場処分を受けた[5]

2013年7月11日、サンアントニオ・スパーズに移籍した[6]。 2013-14シーズンは故障もなく、スパーズのチームプレースタイルに当初から馴染み、シーズンを通してローテーションに定着し、ロールプレーヤーとして73試合に平均13分出場した。プレーオフも17試合に出場し、自身初のチャンピオンメンバーとなった。

2015年10月31日、NBAチームからの新契約を受けることが出来なかったエイアーズは、NBADLのドラフトでアイダホ・スタンピードから1位指名を受けて契約。2016年1月22日にロサンゼルス・クリッパーズ10日間契約を結び[7]、契約終了後ロサンゼルス・ディーフェンダーズでプレーしていたが、3月15日にクリッパーズとシーズン終了までの契約を結んだ[8]

海外へ[編集]

2016年9月21日、ユナイテッド・リーグPBC CSKAモスクワと契約した[9]ものの、NBA復帰を目指す為に11月23日に退団[10]ロサンゼルス・ディーフェンダーズに復帰。 2017年2月16日、Bリーグアルバルク東京への入団が発表された[11]

2017年8月11日、BSLエスキシェヒル・バスケットと契約したと報じられた[12]

NBA スタッツ[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

レギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2009–10 トレイルブレイザーズ 39 4 10.4 .662 .000 .900 2.5 .0 .2 .4 2.7
2011–12 ペイサーズ 20 1 5.3 .417 .000 .571 1.6 .2 .2 .1 1.7
2012–13 ペイサーズ 37 0 10.0 .484 .500 .913 2.8 .4 .2 .3 3.9
2013–14 スパーズ 73 10 13.0 .580 .000 .691 3.5 .8 .2 .3 3.3
2014–15 スパーズ 51 0 7.5 .579 .000 .750 2.3 .3 .2 .2 2.7
Career 220 15 10.1 .554 .500 .766 2.8 .4 .2 .3 3.0

プレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2010 トレイルブレイザーズ 3 0 5.7 .500 .000 .750 .7 .0 .7 1.0 2.3
2012 ペイサーズ 4 0 2.3 .333 .000 .000 .5 .0 .0 .0 .5
2013 ペイサーズ 9 0 7.9 .333 .000 .000 2.0 .1 .0 .2 1.8
2014 スパーズNBA FINAL CHAMP.png 17 0 3.8 .462 .000 .625 1.1 .3 .0 .0 1.0
Career 33 0 4.9 .386 .000 .667 1.2 .2 .1 .2 1.3

プレースタイル[編集]

ジャンプ力を活かしたフィジカルプレーを得意としており、ディフェンス、オフェンスとも一定の水準を持っているが、ボールハンドリングに改善の余地がある。

その他[編集]

学生時代からインディアナ・ペイサーズ時代までは、継父の姓である "ペンダーグラフ" を名乗っていたが、サンアントニオ・スパーズ移籍後、「生まれてくる娘のために、本来と違う名前を名乗ってはいけないと思った」という理由で、2013-2014シーズン開始前に実父の "エイアーズ" に改名した。ちなみに生まれた時の姓は "オーカット" である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • ジェフ・エイアーズ --- 略歴と通算成績 --- B.LEAGUE