アイミ・ウドカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイミ・ウドカ
Ime Udoka
Udoka bench1.JPG
サンアントニオ・スパーズ AC
役職 アシスタントコーチ
ポジション
(現役時)
スモールフォワード
身長(現役時) 196cm  (6 ft 5 in)
体重(現役時) 97kg (214 lb)
基本情報
本名 アイミ・サンデイ・ウドカ
ラテン文字 Ime Udoka
英語 Ime Sunday Udoka
誕生日 1977年8月9日(38歳)
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オレゴン州ポートランド
ドラフト 2000年 ドラフト外
選手経歴
2000-2001
2001
2002-2003
2003
2003-2004
2004
2004
2004
2005
2005-2006
2006
2006-2007
2007-2009
2009-
ファーゴ-ムーアヘッド・ビーズ
Independiente
チャールストン・ロウゲイターズ チャールストン・ロウゲイターズ
アディロンダック・ワイルドキャッツ
チャールストン・ロウゲイターズ チャールストン・ロウゲイターズ
ロサンゼルス・レイカーズ ロサンゼルス・レイカーズ
チャールストン・ロウゲイターズ チャールストン・ロウゲイターズ
CBグラン・カナリア CBグラン・カナリア
JAヴィシー JAヴィシー
フォートワース・フライヤーズ フォートワース・フライヤーズ
ニューヨーク・ニックス ニューヨーク・ニックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ ポートランド・トレイルブレイザーズ
サンアントニオ・スパーズ サンアントニオ・スパーズ
サクラメント・キングス
指導者経歴
2012- サンアントニオ・スパーズ(アシスタント)
代表歴
キャップ ナイジェリアの旗 2006年

アイミ・ウドカIme Udoka)ことアイミ・サンデイ・ウドカIme Sunday Udoka1977年8月9日 - )はナイジェリアの元プロバスケットボール選手NBAサンアントニオ・スパーズのアシスタント・コーチ。オレゴン州ポートランド出身。ポジションはスモールフォワード。身長196cm、体重97kg。日本では「アイミ・ウドカ」と表記されることも多いが、発音は「ˈiːmeɪ juːˈdoʊkə/ EE-may you-DOE-kuh」であり「イメ・ユドーカ」の方がより原音に近い。

経歴[編集]

ポートランド州立大学を卒業後、ウドカのキャリアはNBAデベロップメント・リーグのチャールストン・ロウガトーズ(現:フロリダ・フレイム)で始まった。

2004年1月14日ロサンゼルス・レイカーズと契約したがすぐに放出された。再びDリーグに戻ったウドカはフォートワース・フライヤーズでプレイし、試合平均17.1得点6.2リバウンドの成績を残した。

2006年4月6日ニューヨーク・ニックスと契約したが、同年9月11日には放出された。

ウドカは地元ポートランドに戻り、新たな契約を得るために自主練習を行っていた。場所柄、ポートランド・トレイルブレイザーズの選手たちと練習を共にしていたが、10月に入って各チームのキャンプが始まっても契約が得られない状態が続いていた。折しも、ブレイザーズのアーロン・マイルズが健康診断に引っかかり、チームのロスター枠が1つ空いたところでブレイザーズの選手たちがウドカをキャンプに呼ぶように進言した。キャンプ中に父の死などの不幸に見舞われたが、ウドカはコーチ陣を唸らせる活躍を見せ、見事に開幕ロスターに残った。更には開幕戦から先発スモールフォワードの座をも勝ち取り、結局その年は75試合に全て先発で出場、平均出場時間28.6分で8.4得点、3.7リバウンド、0.9スティールの成績を残した。

2007年8月16日サンアントニオ・スパーズと契約。推定2年200万ドルの契約であると見られている。スパーズではブルース・ボーエンの控えとしてプレイした。その後、サクラメント・キングス、ニュージャージ-・ネッツ、スペインリーグでプレーした後、2012年8月サンアントニオ・スパーズに、アシスタントコーチとして加入した[1]

プレイスタイル[編集]

体格には恵まれていないが、タフなディフェンスと、スリーポイントを得意とする。スパーズでは長らく守備の要であったブルース・ボウエンの後継者として期待されている。ナイジェリア代表チームではガードを務めるなどの器用さも合わせ持っている。

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2003–04 LAL 4 0 7.0 .333 .000 .500 1.3 .5 .5 .2 0.75 2.0
2005–06 NYK 8 0 14.3 .375 .333 .500 2.1 .8 .1 .0 0.25 2.8
2006–07 POR 75 75 28.6 .461 .406 .742 3.7 1.5 .9 .2 0.97 8.4
2007–08 SAS 73 0 18.0 .424 .370 .759 3.1 .9 .8 .2 0.79 5.8
2008–09 SAS 67 3 15.4 .383 .328 .609 2.8 .8 .5 .2 0.57 4.3
Career 227 78 20.4 .428 .374 .704 3.2 1.0 .7 .2 0.77 6.0

NBAプレーオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2007–08 SAS 16 0 14.8 .465 .400 .714 2.9 1.1 .7 .1 0.69 5.4
2008–09 SAS 5 0 20.8 .350 .125 .400 4.6 .8 .8 .2 0.40 3.4
Career 21 0 16.2 .440 .354 .583 3.3 1.0 .7 .1 0.62 3.4

その他[編集]

父がナイジェリア出身であることからナイジェリア国籍を持ち、日本で開かれた2006年バスケットボール世界選手権ではナイジェリア代表チームに選出された。母ムフォン・ウドカWNBAの元選手。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Spurs Ime Udoka Joins Spurs Coaching Staff”. nba.com (2012年8月28日). 2012年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]