シーホーク (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シーホーク
欧字表記 Sea Hawk
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1963年
死没 1991年
Herbager
Sea Nymph
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 M.C.ペラリ
馬主 Comtesse de la Valdene
調教師 Eteinne Pollet(フランス
競走成績
生涯成績 7戦3勝
獲得賞金 70万3279フラン
テンプレートを表示

シーホークSea Hawk1963年 - 1991年)はフランス競走馬および種牡馬。現役時代は中長距離を得意としていた。馬名は「トウゾクカモメ」の意。

戦績[ソースを編集]

デビュー戦、クリテリウムドサンクルーと連勝しフランスのクラシックの有力馬になるが、以降4戦は5着以内に入るという安定感は見せるものの、勝ちきれないレースが続いた。しかしラストランのサンクルー大賞ダイアトムを破り、ひさびさに勝利し現役を引退した。

年度別競走成績[ソースを編集]

※当時グループ制なし

  • 1965年(2戦2勝) - クリテリウムドサンクルー
  • 1966年(5戦1勝) - サンクルー大賞

種牡馬として[ソースを編集]

競走馬引退後は生まれ故郷のアイルランドで種牡馬となり、6年間供用されたのち1974年日本へ輸出された。ヨーロッパに残された産駒からはセントレジャーを勝ったブルニ (Bruni) やアスコットゴールドカップを勝ったエリモホーク (Erimo Hawk) などスタミナ豊富な産駒を送り出した。日本でもモンテプリンスモンテファストという天皇賞(春)を勝った兄弟のほか、ウィナーズサークルアイネスフウジンといった東京優駿の勝ち馬も輩出。スダホークなど、やはりスタミナ型の競走馬を数多く送り出し、父のエルバジェの血を日本にも広めた。

1991年死亡。28歳という年齢はサラブレッドとしては非常に長命であった。

代表産駒[ソースを編集]

※当時グループ制(グレード制)がなかった競走は格付け表記を割愛。

日本国外調教馬[ソースを編集]

ほか多数

日本国内調教馬[ソースを編集]

ほか多数。

以上は中央競馬で活躍した産駒。地方競馬でも当時は地方競馬招待競走であった中央競馬のオールカマー(G3・当時)を制したジュサブロー(名古屋)などの活躍馬がいる。

血統表[ソースを編集]

シーホーク血統(エルバジェ系(ダークロナルド系) / Firdaussi 父内4x4=12.50%、Pharos-Fairway 5.5×5=9.38%、Teddy 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Herbager
1956 鹿毛 フランス
父の父
Vandale
1943 鹿毛 フランス
Plassy Bosworth
Pladda
Vanille La Farina
Vaya
父の母
Flagette
1951 栗毛 フランス
Escamillo Firdaussi
Estoril
Fidgette Firdaussi
Boxeuse

Sea Nymph
1957 芦毛 フランス
Free Man
1948 鹿毛 フランス
Norseman Umidwar
Tara
Fantine Fantastic
Sif
母の母
Sea Spray
1947 芦毛 フランス
Ocean Swell Blue Peter
Jiffy
Pontoon Mahmoud
Ponteba F-No.3-f


外部リンク[ソースを編集]