エルバジェ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エルバジェ
欧字表記 Herbager
品種 サラブレッド
性別
毛色 青鹿毛
生誕 1956年
死没 1976年
Vandale
Flagette
母の父 Escamillo
生国 フランスの旗 フランス
馬主 Simone Del Duca
調教師 Pierre Pelat
競走成績
生涯成績 8戦6勝
獲得賞金 850,510フラン
テンプレートを表示

エルバジェHerbager1956年 - 1976年)とは、フランスサラブレッド競走馬である。1959年ジョッケクルブ賞(フランスダービー)に優勝し、のちに種牡馬としても成功した。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

2歳時は2戦して1勝、仏グランクリテリウムにも出走したが5着に敗れている。1959年の3歳シーズンはグレフュール賞から始動して優勝すると、翌戦のオカール賞でも勝ち、その勢いからジョッケクルブ賞では1番人気に推され、これを制覇して同年のフランス3歳馬の頂点に立った。

同年7月には古馬混合戦に出走するようになり、サンクルー大賞ではイギリスからの遠征馬を破って優勝した。続くプランスドランジェ賞でも勝って連勝記録を伸ばし、凱旋門賞に挑戦した。しかし競走中に故障が発生、10着に敗れると、それを最後に競走生活を引退した。タイムフォーム誌の発表するフリーハンデキャップにおいて、エルバジェは136ポンドと評価された。

種牡馬時代[編集]

1960年よりフランスで種牡馬活動を始めた。その後の1964年、エルバジェはアメリカ合衆国の生産者であるブル・ハンコックに70万ドルで売却され、ケンタッキー州クレイボーンファームへと移された。エルバジェはフランス・アメリカのどちらでもステークス競走勝ち馬を輩出しており、特にアメリカ時代には生涯で64頭のステークス競走勝ち馬を出している。

フランス時代の代表産駒に、1962年生のグレイドーンGrey Dawn 牡馬)、1963年生のシーホークSea Hawk 牡馬)がいる。両者とも2歳時から活躍し、グレイドーンはモルニ賞など、シーホークはサンクルー大賞などの勝鞍がある。種牡馬としてはグレイドーンがアメリカで、シーホークが日本で活動し、ともに成功した。

アメリカでは1977年の最優秀3歳牝馬アワミムス(Our Mims 1974年生、牝馬)や、トラヴァーズステークスなどに優勝したラウド(Loud 1967年生、牡馬)などがいる。1969年生のビッグスプルーシュ(Big Spruce 1969年生、牡馬)は種牡馬として成功し、エルバジェの系統樹を伸ばしていった。

1976年、エルバジェは20歳のときにクレイボーンファームで死亡した。遺骸はマーチモントファームの墓地区画に葬られている。

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

※当時はグループ制未導入

血統表[編集]

エルバジェ血統ダークロナルド系 / Firdaussi 母内3x3=25.00%、 Phalaris 4x5x5=12.50%) (血統表の出典)

Vandale
1943 鹿毛 フランス
父の父
Plassy
1932 鹿毛 イギリス
Bosworth Son-in-law
Serenissima
Pladda Phalaris
Rothesay Bay
父の母
Vanille
1929 鹿毛 フランス
La Farina Sans Souci
Malatesta
Vaya Beppo
Waterhen

Flagette
1951 栗毛 フランス
Escamillo
1939 栗毛 フランス
Firdaussi Pharos
Brownhylda
Estoril Solario
Appleby
母の母
Fidgette
1939 栗毛 フランス
Firdaussi Pharos
Brownhylda
Boxeuse Teddy
Spicebox F-No.16-c


外部リンク[編集]