サマーサスピション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サマーサスピション
SummerSuspicion
1995年3月26日 4歳未勝利
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1992年5月27日(26歳)
サンデーサイレンス
ダイナフェアリー
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 社台ファーム白老
馬主 (有)社台レースホース
調教師 鈴木康弘美浦
競走成績
生涯成績 9戦2勝
獲得賞金 5706万2000円
テンプレートを表示

サマーサスピションは、日本競走馬である。サンデーサイレンスの初年度産駒であり、GIII時代の青葉賞を優勝した。馬名の由来は杉山清貴&オメガトライブの楽曲「SUMMER SUSPICION」より。

現役時代[編集]

以下、馬齢は旧表記で表記する。

母が重賞5勝のダイナフェアリーで、父は当時新種牡馬ながらすでにプライムステージが札幌3歳ステークスを制するなど活躍の兆しを見せ始めており、本馬の見栄えのよい馬体もあって緒戦から圧倒的な単勝1番人気に推された。しかし3歳時は2戦して2着、4着に終わった。デビュー戦はのちにNHK杯や七夕賞を制覇するマイネルブリッジにハナ差で敗れており、実力は見せていたものの、腰に不安が出たこともあって休養に入る。

4歳になってダート戦で勝ち上がると、1勝馬ながら青葉賞に出走。6番人気ながら、17番手から直線だけで他馬をごぼう抜きにする勝ち方を見せた。レース後骨折が判明し休養に入ることになったが、青葉賞の勝ち時計2分25秒8は、タヤスツヨシ東京優駿(日本ダービー)の勝ちタイムより1.5秒早いものであったため、「幻のダービー馬」[1]と呼ばれることもある。

復帰後は体質の弱さもあって4戦して未勝利に終わったが、大阪杯タイキブリザードの5着に入っている。

種牡馬入り後[編集]

サンデーサイレンスの血が求められていたことや、すでに全弟のローゼンカバリーが活躍していたこともあって、1996年天皇賞(春)で14着に敗れたあと、急遽その年から種牡馬となり種付けを始めた。初年度産駒からジャンプ重賞を2勝したアイディンサマーを出したが、平地ではこれといった活躍馬を出すことができず、現在は輸出されてオセアニアで種牡馬として活動している。

おもな産駒[編集]

血統表[編集]

サマーサスピション血統サンデーサイレンス系 / Almahmoud 4×5=9.38%, Lady Angela 5×4=9.38% (血統表の出典)

*サンデーサイレンス
Sunday Silence 1986
青鹿毛 アメリカ
父の父
Halo 1969
黒鹿毛 アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well 1975
鹿毛 アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

ダイナフェアリー
1983 鹿毛 日本
*ノーザンテースト
Northern Taste 1971
栗毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Lady Victoria Victoria Park
Lady Angela
母の母
ファンシーダイナ
1978 鹿毛 日本
*シーホーク
Sea Hawk
Herbager
Sea Nymph
*ファンシミン
Fancimine
Determine
Fanciful Miss F-No.9-f

おもな近親[編集]

脚注[編集]

  1. ^ とくに種牡馬の売り文句としてこの呼称が使われていた。この年は、朝日杯3歳ステークス弥生賞を勝ちながら屈腱炎で引退したフジキセキ若葉ステークスジェニュインに5馬身差をつけて1位で入線しながら降着となり、出走権が得られずクラシックには出走できなかったルイジアナボーイ、優駿牝馬(オークス)でダービーを上回る勝ちタイム出したダンスパートナーなど、サマーサスピションのほかにも「幻のダービー馬」と呼ばれた馬が数頭存在した。

外部リンク[編集]