カードのシャッフル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カードのシャッフルとはトランプなどのカードの順番をかき混ぜようとする操作を言う。そこから派生し、算数文章題の題材として取り上げられることがある。本項目ではそのような、題材としてのシャッフルについて取り扱う。

入学試験の問題としてのシャッフル[編集]

例題のひとつは、外部リンク先を参照されたい。

本質的には置換群(対称群)の内容である。置換群の問題としては、ほかに図形の置換あみだくじなど数字の置換を題材としたものも出題されている。カードのシャッフルを題材とした問題ではカードの枚数によって、その置換がどのような巡回置換の積になっているかということを問われる。巡回置換という用語は使われない。

このような形式の文章題は1982年麻布中で出題されたが、そのときは他校へは波及しなかった。しかし近年(2002年東京大学で出題されたのを受け、2004年から2006年にかけて散発的に出題され始めた(2006年現在)。

中学入試では、学習指導要領によって指導内容が制限され、知識が少なくても強い思考力を要求される問題の作成が流行している。「操作の連結」という範疇に入る問題のひとつ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]