エルサレム国王一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項では1099年から 1291年までのエルサレム国王及び今日に至るまでの王位請求者の一覧を列挙する。

エルサレム国王 (1099年–1291年)[編集]

エルサレム王国の起源は第1回十字軍に遡る。この時の1099年ゴドフロワ・ド・ブイヨンAdvocatus Sancti Sepulchri (聖墓守護者)の称号を得てベツレヘム降誕教会エルサレムの支配者として戴冠した。後年、弟のボードゥアン1世は初めての称号を使用し、エルサレムの聖墳墓教会で戴冠した。

エルサレムの国王の地位は一部は選出により、一部は世襲により継承されてきた。王国の全盛期であった12世紀半ばには、王室には比較的に明白な継承法があった。それにも係わらず、国王は有力者会議英語版によって選ばれるか、最低でも認められた。そこでは国王は「初期対等期間英語版」と見做され、国王不在の時はその任務は国王の執事[要リンク修正]によってなされた。

王宮はダビデの塔の要塞に置かれた。エルサレム王国はフランス王国における封建制の構造をレバントに導入した。国王は個人的に敷いた幾つかのレーエンを「領域[要リンク修正]」に組み入れ、それは国王が変わるたびに更新された。また、国王は戦闘の先頭に立つ責任があったが、この義務は軍司令官に渡った。

同時代の幾つかのヨーロッパの国々が君主の中央集権化に向かっている一方、執事の影響が大きくなり、エルサレム国王は、次第に力を失っていった。これは多くの国王が幼少だったのと貴族の等級から来る摂政の頻繁な交代が部分的な原因である。

1187年のエルサレム陥落後は王国の首都はアッコに移り、1291年まで存続したが、戴冠式はティルスで執り行われた。この期間中、国王の地位は、実際はアッコに住まないヨーロッパの君主が据えられるという単なる名目上の地位となった。若いコンラート3世が国王の称号を得て、ドイツ南部に住んでいた時、その父方の第二の従兄弟であるユーグ・ド・ブリエンヌ英語版はエルサレム王国の摂政を要求して間接的にコンラート3世の地位を継承した。王位請求権は女王イザベル1世の二番目の娘であるアリス・ド・シャンパーニュの年長の子孫且つ正当な相続人によって1264年に行われたが、ユーグ・ド・ブリエンヌはアリスの長女の息子だったのである。しかしながら王位は有力者会議によって自らが支持していたユーグ・ド・ブリエンヌの従兄弟であるアンティオキア侯ユーグ、後のキプロス王ユーグ3世に渡った(エルサレム国王ユーグ1世)。

1268年にコンラート3世がシャルル・ダンジューによって処刑された後、国王の称号は同時にキプロス王位についていたリュジニャン家によって保有された。しかしながら、1277年シチリア国王 カルロ1世は王位継承権の権利を強く打ち出した。

この年、カルロ1世は自身の「代官[要リンク修正]」であるルッジェーロ・サンセヴェリーノ英語版を東方に派遣した。ルッジェーロはアッコを占領して伯爵達から忠誠の誓いを得た。ルッジェーロは1282年シチリアの晩鐘のために呼び戻され、Odo Poilechienドイツ語版を自らの代理として残した。ルッジェーロの遺産と権威は極最小限のものであり、アンリ2世がエルサレム国王として戴冠してキプロスから到着した時に追放された。なお、1291年にアッコがマムルーク朝によって占領されたことで十字軍はレバントの主要な土地から放逐された。

君主 肖像画 生誕 結婚 死去
ゴドフロワ・ド・ブイヨン
(聖墓守護者)
1099年–1100年
Godfrey of Bouillon, holding a pollaxe. (Manta Castle, Cuneo, Italy).jpg 1060年
ブローニュ=シュル=メール, フランスないしベルギー, ブラバント
ブローニュ伯ウスタシュ2世英語版イド・ド・ブローニュの息子
未婚 1100年7月18日
40歳没
ボードゥアン1世
1100年–1118年
Baldwin 1 of Jerusalem.jpg 1058年
ロレーヌ, フランス
ブローニュ伯ウスタシュ2世英語版イド・ド・ブローニュの息子
ゴデヒルド・ド・トニー
子を儲けず

アルメニア公女アルダ英語版
1097年
子を儲けず

アデライード・デル・ヴァスト英語版
1112年
子を儲けず
1118年4月2日
アリーシュ, エジプト
約 60歳没
ボードゥアン2世
1118年–1131年
Balduin2.jpg ??
フランス
ルテル伯ユーグ1世とメリザンド・ド・モンテリの息子
モルフィア・オブ・マラティア英語版
1101年
4人の娘を儲ける
1131年8月21日
エルサレム
メリザンド英語版
1131年–1153年
1143年以降はフルクと
1143年以降はボードゥアン3世と共同統治
Melisende and Fulk of Jerusalem.jpg 1105年
エルサレム
ボードゥアン2世モルフィア・オブ・マラティア英語版の娘
アンジュー伯フルク5世
1129年6月2日
2 人の子を儲ける
1161年9月11日
エルサレム
56歳没
フルク
1131年–1143年
メリザンドと共同統治
1089/1092年
アンジェ, フランス
アンジュー伯フルク4世英語版ベルトラード・ド・モンフォールの息子
エルメンガルド・ド・メーヌ英語版
1109年
4 人の子を儲ける

メリザンド
1129年6月2日
2人の子を儲ける
1143年11月13日
アッコ, エルサレム王国
52歳没
ボードゥアン3世英語版
1143年–1162年
1153までメリザンドと共同統治
Balduin3 big.jpg 1130
フルクメリザンドの息子
テオドラ・コムネナ (エルサレム王妃)英語版
1158年
子を儲けず
1162年2月10日
ベイルート, エルサレム王国
32歳没
アモーリー1世
1162年–1174年
Maria Comnena and Amalric I of Jerusalem.jpg 1136年
フルクメリザンドの息子
アニェス・ド・クルトネー英語版
1157年
3 人の子を儲ける

マリア・コムネナ (エルサレム王妃)英語版
1167年8月29日
2人の子を儲ける
1174年7月11日
エルサレム
38歳
ボードゥアン4世 瘰癧王
1174年–1185年
1183年からボードゥアン3世と共同統治
Balduin4.jpg 1161年
エルサレム
アモーリー1世アニェス・ド・クルトネー英語版の息子
未婚 1185年3月16日
エルサレム
24歳没
ボードゥアン5世
1183年–1186年
1185年までボードゥアン4世と共同統治
BaldwinIVdeath-BaldwinVcrowned.jpg 1177年
ヤッファ伯・アスカロン伯グリエルモ・デル・モンフェッラート英語版シビーユの息子
未婚 1186年8月
アッコ, エルサレム王国
9歳没
シビーユ
1186年–1190年
ギーと共同統治
Lettrine-Sibylle guy.jpg 1157年
アモーリーアニェス・ド・クルトネー英語版の娘
ヤッファ伯・アスカロン伯グリエルモ・デル・モンフェッラート英語版
1176年
子を儲けず

ギー・ド・リュジニャン
1180年4月
2人の娘を儲ける
1190年7月25日 (推定)
アッコ, エルサレム王国
約40歳没
ギー・ド・リュジニャン
1186年–1190/1192年
1190年までシビーユと共同統治
1150年ないし1159/1160年
ユーグ8世・ド・リュジニャン英語版とブルゴーニュ・ド・ランソンの息子
シビーユ
1180年4月
2人の子を儲ける
1194年7月18日
ニコシア, キプロス
約45歳没
イザベル1世
1190/1192年-1205年
1192年までコンラートと
1192年–1197年までアンリ1世と
1198年からエメリー2世と共同統治
IsabelaKOnrad.jpg 1172年
ナーブルス, エルサレム王国
アモーリー1世マリア・コムネナ (エルサレム王妃)英語版の娘
オンフロワ4世・ド・トロン
1183年11月
子を儲けず

モンフェラート侯コンラード
1190年11月24日
1人娘を儲ける

シャンパーニュ伯アンリ2世
1192年5月6日
2人娘を儲ける

キプロス王エメリー・ド・リュジニャン
1198年1月
3人子を儲ける
1205年4月5日
アッコ, エルサレム王国
33歳没
コンラート1世
1190/1192年–1192年
イザベル1世と共同統治
1140年半ば
モンフェラート, 神聖ローマ帝国
モンフェッラート侯グリエルモ5世英語版ユーディト・フォン・バーベンベルク英語版の息子
不特定の女性
1179年以前
子を儲けず

テオドラ・アンゲリナ
1186/1187年
子を儲けず

イザベル1世
1190年11月24日
1人娘を儲ける
1192 年4月28日(暗殺される)
アッコ, エルサレム王国
40代半ば没
アンリ1世
1192年–1197年
イザベル1世と共同統治
Henry II of Champagne.jpg 1166年7月29日
シャンパーニュ
シャンパーニュ伯アンリ1世マリー・ド・フランスの息子
イザベル1世
1192年5月6日
2人の娘を儲ける
1197年9月10日
アッコ, エルサレム王国
31歳没
アモーリー2世
1198年–1205年
イザベル1世と共同統治
- 1145年
ユーグ8世・ド・リュジニャン英語版とブルゴーニュ・ド・ランソンの息子
エシーヴ・ディブラン英語版(1160–1196)
1174年10月29日以前
6人の子を儲ける

イザベル1世
1198年1月
3人の子を儲ける
1205年4月1日
アッコ, エルサレム王国
60歳没
マリーア
1205年–1212年
1210年までジャン1世と共同統治
JanBrienne.jpg 1192年
コンラート1世イザベル1世の娘
ジャン・ド・ブリエンヌ
1210年9月14日
1人娘を儲ける
1212年
20歳没
ジャン1世
1210年–1212年
マリーアと共同統治
1170年
エラール2世・ド・ブリエンヌ英語版とアニェス・ド・モンフォーコンの息子
マリーア
1210年9月14日
1人娘を儲ける

アルメニア公女ステファニー
子を儲けず

レオン王女ベレンガリア英語版
1224年
4人子を儲ける
1237年3月27日
約67歳没
イザベル2世
ないし ヨランダと呼ばれる
1212年–1228年
DeathofYolande-Isabella.jpg 1212年
ジャン1世マリーアの娘
神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世
1225年8月
2人の子を儲ける
1228年4月25日
アンドリア, 神聖ローマ帝国
16歳没
コンラート2世
1228年–1254年
Conrad IV of Germany.jpg 1228年4月25日
アンドリア, 神聖ローマ帝国
フリードリヒ2世イザベル2世の息子
エリーザベト・フォン・バイエルン英語版
1246年9月1日
1人息子を儲ける
1254年5月21日
ラヴェロ, 神聖ローマ帝国
26歳没
コンラート3世
1254年–1268年
Konradin.jpg 1252年3月25日
ヴォルフシュタイン城, ランツフート, バイエルン
コンラート2世エリーザベト・フォン・バイエルン英語版の息子
未婚 1268年10月29日
カステルデッローボ(卵城)英語版, ナポリ
16歳没
ユーグ英語版
1268年–1284年
- 1235年
アンティオキア公子アンリ英語版キプロス王女イザベラ英語版の息子
イザベラ・ディブラン英語版
1255年1月25日以降
11人の子を儲ける
1284年3月24日
ニコシア, キプロス
49歳没
ジャン2世
1284年–1285年
- 1259/1267年
ユーグイザベラ・ディブラン英語版の息子
未婚 1285年5月20日
ニコシア, キプロス
17 ないし26歳没
アンリ2世
1285年–1324年
1291年以降は単なる称号
- ユーグイザベラ・ディブラン英語版の息子 シチリア王女コンスタンツァ
1317年10月16日
子を儲けず
1324年8月31日
ストロヴォロス英語版, キプロス
53歳没

摂政[編集]

君主は不在ないしは未成年の場合は、王国の存続のため、摂政が置かれた。

摂政 摂政する相手 君主との関係 摂政の開始 摂政の終了
ウスタシュ・グルニエ英語版, 王国の軍総司令官英語版 ボードゥアン2世 - 1123年
国王はアルトゥク朝の捕虜となった
1123年
死去
ギヨーム・ド・ビュール英語版, ガリラヤ公英語版 - 1123年
国王はアルトゥク朝の捕虜となった
1124年
国王は捕虜の身から解き放たれた
メリザンド ボードゥアン3世 母親 1154年
国王の助言者として
1161年
死去
トリポリ伯レーモン3世 ボードゥアン4世 父の従兄弟 1174年
国王の少数派
1176年
国王の多数派
ギー・ド・リュジニャン 姉の夫 1182年
病気の国王によって任命される
1184
国王によって追われる
トリポリ伯レーモン3世 ボードゥアン5世 一等親離れた従兄弟 1185
国王の多数派
1186年
国王の死
ベイルート領主ジャン・ディブラン英語版 マリーア 母の異父弟 1205年
女王の多数派
1210年
女王の多数派
ジャン1世 イザベル2世 父親 1212年
女王の多数派
1225年
女王の結婚
フリードリヒ2世 コンラート2世 父親 1228年
国王の少数派
1243年
国王の多数派
エルサレム王女アリス英語版
(キプロス王ユーグ1世の未亡人)
(エルサレム女王イザベル1世の娘)
半叔母 1243年
国王の不在
1246年
死去
キプロス王アンリ1世 半従兄弟 1246年
国王の不在
1253年
死去
アンティオキア公女プレザンス英語版
(キプロス王アンリ1世の未亡人)
(アンティオキア公ボエモン5世の娘)
義理の半従兄妹 1253
国王の不在/少数派
1261年
死去
コンラート3世 一等親離れた義理の半従兄弟
キプロス王女イザベラ英語版
(キプロス王ユーグ1世の娘)
一等親離れた半従兄弟 1261
国王の少数派
1264年
死去
ユーグ3世 (キプロス王)英語版
(後のキプロス王ユーグ3世)
二等親離れた従兄弟 1264年
国王の少数派
1268年
国王の死去により君主の地位につく

系図[編集]

 
 
 
ウスタシュ1世
ブローニュ伯
 
マティルダ
(ルーヴァン伯
ランベール1世娘)
 
ゴットフリート2世
ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウスタシュ2世
ブローニュ伯
 
 
 
イーダ
 
 
 
 
ルテル伯
 
 
 
 
 
 
 
ギー1世・ド・モンレリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メアリー
(スコットランド王マルカム3世娘)
 
ウスタシュ3世
ブローニュ伯
 
ゴドフロワ・ド・ブイヨン
 
ボードゥアン1世
 
 
 
ユーグ1世
ルテル伯
 
メリザンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イザベラ
 
ジョスラン・ド・クルトネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
=イングランド王スティーブン
 
ジェルヴェ
ルテル伯
 
モルフィア
メリテネ領主ガブリエル娘)
 
ボードゥアン2世
 
 
 
マティルド
ルテル女伯
=ウード・ド・ヴィトリ
 
エリブラン2世
イエルジュ領主
 
オディエルヌ
 
セシル
 
ルッジェーロ
サレルノ伯
アンティオキア摂政
オートヴィル家
 
ベアトリス
=アルメニア王レヴォン1世
 
エデッサ伯家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フルク5世
アンジュー伯
 
メリザンド
 
アリックス
=アンティオキア公ボエモン2世
 
オディエルヌ
=トリポリ伯レーモン2世
 
イヴェット
ベタニアの聖マリア・聖マルタ修道院長
 
ルテル伯
 
 
 
マナセ・ド・イエルジュ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルヴィーズ・ド・ラムラ
 
バリサン・ディブラン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン3世
 
テオドラ・コムネナ
(ビザンツ帝マヌエル1世姪)
 
 
 
 
 
レーモン3世
トリポリ伯
エルサレム摂政
 
アニェス・ド・クルトネー
(エデッサ伯ジョスラン2世娘)
 
 
 
アモーリー1世
 
 
 
 
 
マリア・コムネナ
(ビザンツ帝マヌエル1世甥の娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バリアン・ディブラン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリエルモ・デル・モンフェラート
 
シビーユ
 
ギー・ド・リュジニャン
キプロス王
 
ボードゥアン4世
 
オンフロワ4世・ド・トロン
 
イザベル1世
 
 
 
 
 
エメリー・ド・リュジニャン
キプロス王
 
ジャン・ディブラン
ベイルート領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン5世
 
 
 
 
 
 
 
コンラート1世
モンフェラート侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ2世
シャンパーニュ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベレンガリア
(レオン王アルフォンソ9世娘)
 
 
 
ジャン・ド・ブリエンヌ
 
 
 
 
 
マリーア
 
アリス
=キプロス王ユーグ1世
 
フィリパ
=エラール・ド・ブリエンヌ
 
シビーユ
=アルメニア王レヴォン2世
 
ボエモン4世
アンティオキア公
 
メリザンド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリーア
=ラテン帝ボードゥアン2世
 
フリードリヒ2世
神聖ローマ皇帝
 
イザベル2世
 
マリー
=ブリエンヌ伯ゴーティエ4世
 
アンリ1世
キプロス王
 
プレザンス
(アンティオキア公ボエモン5世娘)
 
イザベラ
 
アンリ
 
マリー
シャルル・ダンジューに王位請求権を譲渡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート2世
神聖ローマ皇帝(4世)
 
 
 
ユーグ1世
ブリエンヌ伯
 
 
 
ユーグ2世
キプロス王
 
 
 
 
 
ユーグ3世
キプロス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート3世
シチリア王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャン
キプロス王
 
アンリ2世
キプロス王
 
エメリー
 
イザベラ
(アルメニア王レヴォン3世娘)
 
ギー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルメニア王家
 
 
 
キプロス王家

:エルサレム王

エルサレム王位請求者 (1291年から今日まで)[編集]

王位請求の起源[編集]

1291年の王国滅亡後も多くのヨーロッパの支配者達がエルサレム王位請求の正当な相続人として主張してきた。

幾つかの請求権の継承ライン[編集]

個々にイタリック文字で示された者については自身ではエルサレム国王の称号を用いてはいない。

キプロス王家による請求[編集]

リュジニャン家

1459年に従姉弟のルドヴィーコ・ディ・サヴォイア (1482年死去)と結婚。1460年にシャルロットは庶弟のジャック2世によってキプロスを追われた。しかしながらシャルロットは1485年まで請求権を保持し、その年に一等親離れた従姉弟で正当な相続人であるサヴォイア公 カルロ1世(シャルロットの最初の従姉弟であるサヴォイア公アメデーオ9世の息子)に譲った。


サヴォイア家: サヴォイア家による嫡流の請求者

リュジニャン家: リュジニャン家による庶流の請求者及び実質的なキプロス王位:

1489年にカトリーヌは自身の権利をヴェネツィア共和国 に譲った。

カルロ2世が死ぬとサヴォイア公位は大叔父で男性相続人であるフィリッポ2世(アメデーオ9世の兄弟)に渡った。カルロ2世の姉妹である ヨランダ・ルイーズ英語版は女性であるがためにサヴォイア公位を継承しなかったが、 全般的なカルロ2世の相続人であり、カルロ2世からキプロス及びエルサレム王位の請求権を継承したと見做されている。サヴォイア公はエルサレム王位請求権を主張し続けたが、ハプスブルク家ブルボン家と言ったヨーロッパの主要な王家との継承権の争いを避けるために称号のリストに意味不明瞭な"&c."[1]を付けてサヴォイア家による請求を隠した。

フィリッポ2世の子孫
サヴォイア家:

1632年のみ"キプロス王" の称号を騙る
1713年に自身が短期間の統治者であったシチリア王と共に王位を騙る

アメデーオ9世の子孫

一等親離れた従姉弟であるフィリベルト2世(アメデーオ9世の甥)と結婚。子孫を残さず。夫のフィリベルト2世はキプロス及びエルサレムの王号を使い続けたが、ヨランダの後継者は叔母アンナとナポリ王フェデリーコ1世の唯一の生き延びた娘である従姉妹のカルロッタ[要リンク修正][要曖昧さ回避]であった[2]
ルイージ3世の子孫は父が死ぬとキプロス及びエルサレム王位の請求権を継承した。ナポリ王フェデリーコ1世の子孫として同時にナポリ王位(及びエルサレム王位)請求権も引き継ぎ[3][4]、更には1672年に遠縁のポーランド国王ヤン2世・カジミェシュが死ぬと彼が保持していたブリエンヌ家によるエルサレム王位請求権も引き継いだことでブリエンヌ家とキプロス王家のde jureによりエルサレムの王冠は統一された[5]

ナポリ王家による請求[編集]

女王イザベル1世とその四番目の夫であるアモーリー2世の娘のメリザンド・ド・キプロス英語版は、アンティオキア侯ボヘモンド4世英語版とその二番目の妻であった。メリザンドの娘であるマリー・ド・アンティオキア英語版は、女王イザベル1世の孫であり、コンラート3世 の死亡時に、マリーは女王イザベル1世の孫では、唯一の存命者となっていた。

そのため、1269年から1277年 まで、マリーは血縁関係英語版を根拠にエルサレム王位を請求し続けた。しかし、王位請求権を有力者会議英語版に否定されるとマリーはローマに行き、その権利を1277年に教皇から祝福を得て、承認されたシャルル・ダンジューに売り渡した。これ以降、エルサレム王国に対するこの請求は同時に、ナポリの王冠に付属するものとして、相続よりも遺言ないしは征服によって請求権者がしばしば変わった。

アンジュー=シチリア家

王位請求権を1277年に獲得、ローマ教皇より承認される。
三男だが存命の年長男子であり、長兄に代わり、ナポリ王位を継承した。
ジョヴァンナ1世は遺言で以前に自らの後継者と見做したハンガリー国王 ラヨシュ1世に自身の王国を託したが、同族のカルロ3世によって追放されて絞殺された。

アンジュー=ドゥラツォ家: アンジュー家の嫡流による請求 :

ジョヴァンナ2世は遺言で自身の王国を庶流のルネ・ダンジューに託した。

ヴァロワ=アンジュー家: アンジュー家の庶流による請求 :

ヴァロワ=アンジュー家

ルネはアンジュー家による嫡流と庶流の請求権を統合した。しかしながら1441年、ジョヴァンナ2世が以前に養子とし(その後に縁を切った)、アラゴン国王兼シチリア国王アルフォンソ5世はナポリに進撃してこれを占領した。そのため、これ以降アルフォンソ5世もエルサレム王位を請求した。
ルネの孫のルネ2世バール公領を相続する一方、甥のシャルル5世・ダンジューがシチリア及びエルサレム王位請求権を引き継ぎ、その後、従兄弟のフランス王ルイ11世に託された。

アラゴン王家による請求:

アンジュー=ロレーヌ家による請求: ヴァロワ=アンジュー家

ロレーヌ家

1493年まで称号を採用せず。

ハプスブルク=ロートリンゲン家

フランス王家による請求: ヴァロワ=アンジュー家

ルネの男子相続人、名ばかりにエルサレム及びシチリア王

ヴァロワ家

一等親の従兄弟、遺言による。
1494年に シャルル8世はルイ2世・ダンジューの曾孫としてナポリ及びエルサレム王位を請求して進軍した。1495年にナポリを征服して国王として戴冠した。

ヴァロワ=オルレアン家

ルイ12世は請求権を得たが、ナポリ王家の近縁の子孫であるという点が欠けていた(ルイ12世はカルロ2世の長女の子孫)。ルイ12世は1500年–1504年まで征服したナポリの一部を継承した。しかし他のフランス王でエルサレム王の称号を用いた者はいなかった[5]
シャルル8世により短期間王位を失う。
叔父、統治期間中にナポリは継承権を主張するルイ12世とフェルディナンド2世(1504年までフェデリーコ1世とルイ12世の両方を追放して継承の同盟軍に侵入された。
(征服と教皇の封土下賜状による) - コンスタンサ・デ・シシリアペドロ3世の原アラゴン王家の請求の相続人

スペイン・ブルボン家による請求:

(遺言による) 統治期間中にスペイン王位請求者カルロス3世によって1707年にナポリを、同じくエルサレム王の称号を与えられたヴィットーリオ・アメデーオ2世(上記を参照のこと)によってシチリア(後にサルディーニャ島に交換)をそれぞれ奪われた。フェリペ5世はそれにも係わらず両シチリア及びエルサレム王の称号を用い続け、それは以後も全てのブルボン家のスペイン王によって使用された。
1734年以降は両シチリア王の称号を使用。

ハプスブルク家による請求 :

フェリペ5世に対抗してスペイン王位を請求、1734年に後のカルロス3世 に対してナポリ王国及び自身が所持していたナポリ及びエルサレム王位の称号を放棄した。

両シチリア王家による請求 :

カルロス3世は条約でスペインと両シチリアを合同しないことを義務付けられ、息子のフェルディナンド1世に両シチリアの統治を委ねた。しかしながらスペイン王は両シチリア及びエルサレム王の称号を使用し続けた。
両シチリア王国は1860年に新イタリア王国に征服され吸収された。フランチェスコ2世及びその後継者は両シチリア及びエルサレム王の称号を用い続けた。

長系 :

次系:

ブリエンヌ家による請求[編集]

  • ブリエンヌ伯ユーグ英語版 とその後継者は王国の相続人の家長を代表していたが、有力者会議によって拒絶された後、この一族は請求を全面に押し出してはいない。1672年にブリエンヌ家とキプロス王家によるエルサレムの王冠の後継は統一された。

現在の可能性のある王位請求者[編集]

ここに称号の相続に基づく(対立も含む)現在の可能性のある幾つかの王位請求者を挙げる。彼等の誰もが以前の王国の区域の何らかの力を有してはいない。

その他の歴史的請求者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Scott, John Beldon (2003) Architecture for the shroud: relic and ritual in Turin, University of Chicago Press
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]
  5. ^ [4]
  6. ^ Evgenii Petrovich Karnovich (1823-1885) Rodovye prozvaniya I tituly v Rossii (Family Names and Titles in Russia) St Peterburgh 1886
  7. ^ Cecil R. Humphery-Smith, Princes of Lusignan page 5 The Institute of Heraldic and Genealogical Studies 2004.
  8. ^ In the issue No. 180 of the Peterburgskiy Listok (Petersburg List) Newspaper July 3–15, 1884, a list of deceased in St Petersburg between 11 June and 18 June was found. There was a record for Louis Christian de Lusignan, colonel (retired). In the same newspaper issue No. 172 June 25-July 7, 1884, the following article was published: "The deceased who was buried thereby on Smolensk graveyard on 23 July, was a titled King of Cyprus and Jerusalem and Armenia, descendant of one of the protector of God's Casket, colonel of the Russian service, Louis de Lusignan."

参考文献[編集]

  • Steven Runciman, A History of the Crusades Vol.II, Cambridge University Press, 1954.
  • Steven Runciman, A History of the Crusades Vol.III, Cambridge University Press, 1954.
  • John L.la Monte, Feudal Monarchy in the Latin Kingdom of Jersalem, 1100 to 1291, Kraus Reprint Co., 1970.

関連項目[編集]