イザベル1世 (エルサレム女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イザベル1世
Isabelle Ire de Jérusalem
エルサレム女王
Humphrey IV of Toron Isabela.jpg
イザベルと夫オンフロワ4世・ド・トロン
在位 1190/92年 - 1205年
出生 1172年
ナーブルス
死去 1205年4月5日
アッコン
配偶者 オンフロワ4世・ド・トロン英語版
  コンラート1世
  アンリ2世
  エメリー・ド・リュジニャン
王家 ガティネ家
父親 アモーリー1世
母親 マリア・コムネナ英語版
テンプレートを表示

イザベル1世(Isabelle I, 1172年 - 1205年4月5日)はエルサレム女王(在位:1190/92年 - 1205年)。エルサレム王アモーリー1世とその二度目の妻のビザンツ帝国皇女マリア・コムネナ英語版との間の娘[1]。異母兄姉にボードゥアン4世シビーユがいる。

生涯[編集]

異母兄ボードゥアン4世はハンセン病であり、後継者ができないことがわかっていたため[2]、1183年には異母姉シビーユの子ボードゥアン5世英語版が王位継承者となっていた[3]。イザベルは同年、前アンティオキア公ルノー・ド・シャティヨンの義理の息子にあたるオンフロワ4世・ド・トロン英語版と結婚した。このときサラディンは結婚式を行っているカラク城を襲撃している。1186年、ボードゥアン4世の死後王位についたボードゥアン5世が即位1年で死去し、異母姉シビーユとその夫ギー・ド・リュジニャンがエルサレム王位に就いた[4]。しかし1190年秋にはシビーユおよびギーとの間の娘2人が相次いで死去し[5]、異母妹のイザベルが王位継承者となった。モンフェラート侯コンラート1世は、バリアン・ディブラン (Balian d'Ibelin) と再婚していたイザベルの母マリア・コムネナの協力を得て、イザベルとオンフロワとの結婚の無効を認めさせ[5]、1190年11月[6]にイザベルと結婚しエルサレム王位継承を主張した(ただし正式には王位についていない)。エルサレム王位を失ったギーは1192年にイングランド王リチャード1世によってキプロス王となっている[7]

1192年、コンラートは正式に王位に就く直前に、暗殺教団によりティールで暗殺された[8]。このときイザベルは妊娠していたが、リチャード1世の提案により、リチャード1世の甥にあたるシャンパーニュ伯アンリ2世と結婚した[7]。イザベルは結婚後、のちにエルサレム女王となるマリーアを産んだ。1197年9月にアンリがアッコンで窓から落ちて死去すると、イザベルはキプロス王エメリー・ド・リュジニャンと四度目の結婚をした[9]。エメリーはギー・ド・リュジニャンの兄にあたり、1194年には弟ギーの死によりキプロス王となっていたが、この結婚によりエルサレム王を兼ねることとなった(エルサレム王アモーリー2世ともいわれる)[9]

1205年、イザベルは死去し、娘のマリーアがエルサレム女王となった。

子女[編集]

1183年、オンフロワ4世・ド・トロン英語版と結婚したが、のち解消された。二人の間に子はなかった。

1190年、モンフェラート侯コンラート1世と結婚した。

  • マリーア(1192年 - 1212年) - エルサレム女王(在位:1205年 - 1212年)

1192年、シャンパーニュ伯アンリ2世と結婚した。

1197年、キプロス王エメリー・ド・リュジニャンと結婚した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ A.ジョティンシュキー, p. 440-441
  2. ^ A.ジョティンシュキー、p. 152
  3. ^ A.ジョティンシュキー、p. 157
  4. ^ A.ジョティンシュキー、p. 159
  5. ^ a b A.ジョティンシュキー、p. 249
  6. ^ A.ジョティンシュキー、p. 255
  7. ^ a b A.ジョティンシュキー、p. 255
  8. ^ A.ジョティンシュキー、p. 251
  9. ^ a b A.ジョティンシュキー、p. 279

参考文献[編集]

  • A.ジョティンシュキー『十字軍の歴史』刀水書房、2013年
  • アシル・リッシェール 『フランス中世の社会 フィリップ=オーギュストの時代』 東京書籍、1990年

関連項目[編集]