ウィメン・イン・レッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィメン・イン・レッド
Women in Red
ウィメン・イン・レッドのロゴ
略称 WiR
設立 2015年 (6年前) (2015)
設立者
目的 ウィキペディアの性別格差の是正
組織的方法 エディタソン
ウェブサイト WikiProject Women in Red(英語)
テンプレートを表示

ウィメン・イン・レッド (: Women in Red、略: WiR) はジェンダーギャップ(性別格差)の橋渡しに取り組むプロジェクトで、ボランティアが編集する電子百科事典「ウィキペディア」にあるウィキプロジェクトのひとつである。ウィキペディアは閲覧した時点で未掲載の人名や組織名を赤色のハイパーリンクで示し、それらに記事が作られるとリンクの表示色がブルーに変わる。このプロジェクトは「(ハイパーリンクが)赤の女性」(Women in Red)に注目し、記事を書いてブルーに変える活動を進めてきた。

沿革[編集]

ウィメン・イン・レッド (WiR) を紹介する創設者ロジャー・バムキン(ウィキマニア2017)

ウィメン・イン・レッドは2015年、ウィキペディアのボランティア編集者ロジャー・バムキンが発案し、その直後にボランティア編集者のロージー・スティーブンソン・グッドナイトが参加して始まった。当初、プロジェクト名はバムキン案では「プロジェクトXX」(染色体の型) だったものの覆され、ウィキプロジェクト・ウィメン・イン・レッドが採用された[1]

プロジェクトが走り出すとボランティア編集者のエミリー・テンプル=ウッドが参加を表明。自分がボランティアで編集した記事に嫌がらせを受けるたび、それまで載っていなかった女性科学者の記事を1件、ウィキペディアに新規に執筆するという信条をここでも発揮した[1]

2001年にウィキペディアを共同で設立したジミー・ウェールズは、2016年のウィキマニア (会場:イタリア、エージノ・ラーリオ) で年間ウィキペディアンを発表、直近の12ヵ月に性別格差を埋める努力をしたとしてスティーブンソン・グッドナイトとテンプル=ウッドが選ばれた[1]

展開の方法[編集]

WiR エディタソン(ニューハム大学、2017年)
国際女性デー2017 にWiRエディタソンを主催。記念の缶バッジ。

ウィメン・イン・レッドはこれまで、世界のさまざまな都市でウィキペディアのエディタソンを開き、ウェブ版も継続的に主催してきた[2]。目標は注目に値する女性を扱ったコンテンツを増やしてウィキペディアにおける性別格差をせばめることに置き、参加者は性別を問わない。対面型のイベントでは、編集初学者の集中トレーニングにまるまる1日を費やす[3]

第2の目標として女性編集者の数的増加を狙っている。ウィキペディアは「誰でも編集できるフリーな百科事典」をうたいながら、2015年の女性編集者は全体のおよそ10%にとどまる[4][注釈 1][7]。2017年の統計でウェブサイト訪問者数第5位のウィキペディアは、英語版ウィキペディアの記事数5.5万件、世界の265の言語版の記事の総計は4000万件超、世界の月間閲覧数は160億ページビューである[3]

ウィメン・イン・レッドの参加者は女性に関する赤リンク記事の作業一覧を150本作り、未掲載記事を探しやすくしてきた[8]。2016年12月22日時点でウィメン・イン・レッドのボランティア編集者が新規に立項した記事は4万5,000件超であり、英語版ウィキペディアの人物伝に占める女性の割合は、2015年7月時点の15%から微増し16.8%[9]である。

この数値は2021年10月11日時点で19.10%に達するが、ウィキデータを見ると、ウィキペディアの 人物伝の項目は合計185万44件、その男女比を言語別にまとめた統計 Humaniki [注釈 2]によると、主題が女性の人物伝の項目は35万3303件にとどまっている[11][注釈 3]英語版ウィキペディアの記事に表れた性別格差(英語)(日本語版記事「ウィキペディアにおけるジェンダーバイアス」)を一種の構造的偏り英語版という課題として把握し、WiR はこれをウィキメディアの共有価値に照らして肯定的に是正を提唱している。

参考資料[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 統計値はウィキメディア財団のウィキペディア編集者調査から2011年4月度 (2011年4月) [5]ならびに2011年11月度調査 (2017年11月25日閲覧)(英語)[6]に基づく。
  2. ^ Wikidata Human Gender Indicators (WHGI) と Denelezh という 旧来のWikimedia プロジェクト2件を合併、性別格差の統計に特化した Humaniki を開設した[10]
  3. ^ 日本語版ウィキペディアの人物伝の男女比をWikidata Human Gender Indicators (WHGI) 統計に照らすと、2020年2月17日 - 3月2日の期間が14.53パーセントで150言語中90位(女性286件/合計1968件)。2021年10月18日時点の累計は26.798パーセント(女性4万5768件/17万787件[12])。

出典[編集]

  1. ^ a b c Redden「ガーディアン」 2016.
  2. ^ The Royal Society of Chemistry (2017年8月18日). “Improving gender balance on Wikipedia(ウィキペディアの性別比率を改善)” (英語). www.rsc.org. 2017年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月25日閲覧。
  3. ^ a b Gordon「ヒューストン・クロニクル」 2017.
  4. ^ Lih「ニューヨーク・タイムズ」 2015.
  5. ^ Editor Survey Report - April 2011(編集者調査報告 - 2011年4月度)” (英語). 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ Research:Wikipedia Editors Survey November 2011(Research:ウィキペディアの編集者調査2011年11月度)”. 2016年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月25日閲覧。
  7. ^ Hill、Shaw、Sánchez「PLoS ONE」 2013, p. e65782.
  8. ^ Stein「ABCニュース」 2016.
  9. ^ Kessenides、Chafkin「ブルームバーグ」 2016.
  10. ^ Sek2016 (2020年9月15日). “Humaniki: Wikimedia Diversity Data Tools”. Diff. 2021年10月19日閲覧。
  11. ^ Humaniki”. 2021年10月19日閲覧。
  12. ^ Gender Gap By Country” (英語). Humaniki (2021年10月11日). 2021年10月19日閲覧。(時間はUTC)

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ウィメン・イン・レッドに関するカテゴリがあります。