ウィキペディアの健康情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキペディアの健康情報(ウィキペディアのけんこうじょうほう、英語: Health information on Wikipedia)とは、インターネット百科事典であるウィキペディアに掲載されている健康医療についての情報のことである。ウィキペディアは2000年代2000年 - 2009年)の後半以降、非専門家はもちろんのこと、多くの場合において、医療従事者にとっても、健康に関する情報についての人気のある情報源として広く使われてきた。ウィキペディアにおける健康関連の記事はしばしば、検索エンジン検索結果ページ英語版からアクセスされる。検索結果ページはしばしば、ウィキペディアの記事へのリンクを表示しているのである[1]。これまでに、多数の独立した研究において、ウィキペディアに健康に関係する情報を求めている人の数と、彼らの人口統計学的な特徴、ウィキペディアにおいて健康情報がどのような観点から書かれているか、そしてウィキペディアにおける健康情報の質についての考察がなされている[2]

ウィキペディア英語版においては、2014年現在でおよそ2万5000本の、健康に関連する主題の記事が存在していると推定された[3]。全言語版のウィキペディアを通算すると、健康に関係する分野の記事はおよそ15万5000件存在し、延べ95万件の出典を参照している。これらの記事を合計すると、2013年には延べおよそ48億のページビューを集めたことになる[4]。これほど大量のアクセスを受けているウィキペディアは、世界中でも最も参照されている健康についての情報源の一つになっている[4]

なお、58言語版のウィキペディアには医療に関する免責事項がある。たとえば日本語版では、正確性が保証されておらず患者それぞれの症状に対してあてはまるとは限らないとして、「ウィキペディアは医学的助言を提供しません」との文言が示されている。

健康についての内容の量[編集]

2013年の終わりの段階で、ウィキペディア英語版には2万9072件の医療についての記事が存在し、全言語版のウィキペディアを通してみると、全部で15万5805件、医療についての記事が存在している[4]2017年3月の時点では、ウィキペディア英語版に存在する記事の数は3万件に、全言語版の合計では16万4000件まで増加している[5]。2017年の段階で、英語版ウィキペディアにはおよそ6000件の、解剖学についての記事が存在し[6]、これらはウィキペディアにおける記事のカテゴリにおいて、「医療についての記事」には分類されていないことから、これらは上の3万件という数字には含まれていない[4]

学術的研究[編集]

正確性、便益性[編集]

2007年の研究では、アメリカ合衆国において最もよく行われている手術の手順についてのウィキペディアの記事のサンプルについての検証が行われた。その結果、85.7パーセントのサンプルについて、患者にとって適切なものであることが示され、さらにこれらの記事は「特筆すべきほど高いレベルの内部妥当性英語版」を持っていることが明らかになった[7]。しかし、同じ研究では、ウィキペディアの完全性について問題があるという問題を提起し、検証が行われた記事のうち62.9パーセントしか「危機的な遺漏」の存在から解放されていないことを示した[7]。明くる2008年に行われた研究では、ウィキペディアにおける医薬品についての情報は、伝統的な方法で編集されているインターネット上のデータベースであるメドスケープ英語版において提供されている同じ薬品についての情報に比べ、記事で示されている観点は狭く、完成度は低く、そしてより多くの不合理な遺漏を含んでいることを指摘した[8]。その後、2010年に行われた研究では、ウィキペディアの骨肉腫についての記事は見苦しくないほどの質を保っているが、アメリカ国立がん研究所 (NCI)のページの方がよりよかったことが明らかになっている。この論文の著者は、ウィキペディアはより高品質な情報源への外部リンクを含んでいるべきであると結論付けた[9]

2011年には、ウィキペディアの50本の医療についての記事についての評価が行われた。それによると、これらの記事で参照されている情報源の56パーセントが高い評価を受けているものであるとみなすことができ、平均すれば、各記事は29の高く評価できる情報源を参照している[10]。同年には、スタチンについての5本の記事についての検証を行った研究が発表された。この研究は、これらの記事には、不正確もしくは誤解を与えるような情報は含まれていないものの、医薬品の効用や、服用する上での禁忌についての情報が書かれていないことがしばしばあると結論付けた[11]。さらに、同じ2011年には、最もよく承認されている20種類の医薬品についてのウィキペディアの記事についての検証を行ったという内容の研究が発表された。この研究においては、20件の記事のうち7件は他の情報編を全く参照していないことが明らかになり、「ウィキペディアは一貫して、正確かつ完全であり、さらには他の情報源を参照して書かれている、投薬についての情報を提供していない」と結論付けられた[12]

年が明けて2012年になると、サプリメントについての記事の評価が行われ、その結果、ウィキペディアの記事はしばしば不完全であり、記事の質は様々であり、時にはサプリメントについての高品質の情報源を参照していない場合もあると結論付けられた[13]

次の2013年には、「Journal of Medical Internet Research英語版」に投稿された、洞察的な考察において、ウィキペディアと、その他の誰でも編集に参加できるウィキサイトの使用についての存在する証拠を要約した。それによれば、ウィキサイトから利用可能な情報源は、まず初めに結論が書いてある場所を探さなければならない可能性があるような、一次資料である研究論文よりは、観察調査を行った論文であることが多いことが判明した[14]

さらにその翌年、2014年には、代替医薬品(CAM)に関するウィキペディアの記事全97件についての検証を行ったとする論文が発表された。当該論文によれば、97件の記事のうち4パーセントが良質な記事として認定されており、ウィキペディアにおける代替医薬品についての記事は、従来の治療法英語版についての記事と比べて、特筆すべきほど記事が短い傾向にあることが判明した[15]。同年5月に「The Journal of the American Osteopathic Association英語版」に掲載された論文によれば、アメリカ合衆国において、最も医療費がかかっている10の疾患についてのウィキペディアの記事のほとんどが、査読を受けている標準的な情報源と比べて、多くの間違いを含んでいることが判明した[16][17]。この論文が発表されたのに続いて、他の多くのマスメディアによって、読者はウィキペディアに掲載されている医学についての情報を信頼すべきではないと報道された[18][19][20][21]。しかし、これらの健康についての項目に貢献しているウィキペディアンはウィキペディアを擁護し、この研究を批判した[22]。彼らは、この研究において示されている結論が、論文内で示されているデータによって証明されていないなどの、初歩的な方法論的欠陥を深刻に抱えていると主張した[23]

さらに、同じ2014年の研究では、FDAが医薬品についての新たな安全性の警告を発表した際には、検証が行われたウィキペディアの記事の41パーセントで、発表から2週間以内にそれらの医薬品についての記事が更新され、新しい安全性の情報が反映されていることが明らかになった[24]。また、23パーセントのウィキペディアの医薬品についての記事は、安全性についての新しい情報を反映するまでに平均しておよそ40日以内しかかかっていないものの、残る36パーセントの記事では1年以内に安全性についての新しい情報が更新されていないことも明らかになった[24]。同年には、薬理学の教科書に掲載されている医薬品についての情報と、ウィキペディア英語版とウィキペディアドイツ語版に掲載されている比較可能な情報を選び出して行われた研究の結果が公表された。それによると、ウィキペディアにおける医薬品の記事は、薬理学を専攻する大学院生にとって必須な情報の大部分を網羅しており、しかも正確であることが判明した[25]

年が明けて2015年に入ると、MMRワクチン自閉症の関係についての論争英語版を取り扱ったいくつかのウェブサイトは、ウィキペディアの記事は多くがワクチン接種賛成派の観点から記述されていることを明らかにした。研究では、ワクチンは非常に物議を醸している主題であるとしたうえで、このようなワクチン推進の姿勢は学術的な参考文献を記事に掲載することを厳しく要求している熟練した編集者を惹きつけていることが要因として挙げられるとしている[26]。翌2016年の研究においては、ウィキペディアに掲載されている医薬品についての情報は、医学の情報源を提供するウェブサイトであるTruven Health Analytics英語版の運営するウェブサイトである「Micromedex」と比較し、正確性、網羅性ともに低いことが明らかになった[27]。さらに次の2017年に行われた研究においては、最も人気のある33の医薬品についての、投薬法についての説明が記載されているウィキペディアの記事の正確性を、医薬品の添付文書の正確性と比較した。この研究においては、ウィキペディアの記事は医薬品の添付文書と比べて、正確性は一般的に低いことが明らかになった[28]

可読性[編集]

2012年には、ウィキペディアのうつ病統合失調症についての記事が、『ブリタニカ国際大百科事典』の記事並びに精神医学の教科書における記述と比較され、正確性、最新の情報を反映しているかどうか、網羅性、情報源の参照、そして信頼性の観点から評価された。その結果、ウィキペディアは可読性を除くすべての部門で上位にランクインした[29]

2013年に行われた、ウィキペディアの腎臓学についての項目についての考察では、ウィキペディアの腎臓学の項目は大卒レベルの読み書き能力を持つ腎臓病の患者にとって、有益かつ非常に信頼できる腎臓学についての医学的な情報源になりうることを結論付けた[30]

翌2014年に行われた研究では、ウィキペディアのパーキンソン病についての記事は、フレッシュ=キンケード可読性試験英語版の点数が30.31点であり、読みにくいと判定されるレベルであることが明らかになった[31]

てんかんについてのウィキペディアの記事の可読性は低いと評価されていることが明らかになっており、それはその記事が読みにくいことを意味している[32]。別の研究では、ウィキペディアにおける神経病についての記述は、アメリカ神経学会英語版の患者パンフレットや、メイヨー・クリニックのウェブサイト、MedlinePlusより、可読性は特筆すべきほど低いことが明らかになっている[33]。2015年に行われた別の研究は、サミー・アゼル英語版によって行われたものであるが、ウィキペディアは呼吸器学を専攻している学生によって、それに関連する概念を学習するために使われるべきではないことを示している[34]。アゼルによって同年に行われたさらに別の研究では、ウィキペディアの心血管疾患についての項目は医学を学んでいる人に向いたものではなく、書くべき情報が欠けていることが多いために、ほとんどが不正確なものになっていると指摘された[35]

その翌年、2016年に行われた研究では、一般的な内科学の診断についてのウィキペディアの情報が、比較した他のNIH、WebMD、メイヨークリニック、診断学に特化したウェブサイトの4つのウェブサイトのいずれよりも、高い学年のレベルで書かれていることが明らかになった[36]。これとは対照的に、同年に発表された別の研究では、医学部の学生に、まだ学習していない3つの疾患についてのAccessMedicineの記事を読ませた。その後、ウィキペディアを読んだ学生は、同じ疾患についてのUpToDateの記事を読んだ学生より、心理的な負担が少なくて済むことが判明した[37]

さらに明くる2017年には、自己免疫疾患についてのウィキペディアの記事134件を評価するという研究が行われ、その結果、それらの記事は大変読みにくく、最低でも大学卒業レベルの読解能力が要求されることが明らかになった。この研究の著者は、ウィキペディアの可読性の低さに問題を提起した。なぜなら、自己免疫疾患の患者はしばしば、自身の状態について調査するためにウィキペディアを使用するためである[38]

その次の年、2018年には、脳神経外科学についての55本のウィキペディアの記事を評価した研究が発表された。それによると、脳神経外科学についてのウィキペディアの記事と米国脳神経外科医協会英語版(AANS)の患者向けの情報記事とは、どちらも大学レベルの読解レベルを要求しているが、ウィキペディアの記事はAANSの記事より特筆すべきほど可読性が低いことが明らかになった[39]

その他の観点[編集]

ウィキペディアの共同設立者であるジミー・ウェールズはこれまでに、健康についての情報の不足は、エマージング・マーケットにおいての防ぎうる死を増加させ、ウィキペディアから得た健康についての情報は共同体の構成員の健康を増進するきっかけになることができると主張してきた[40]。ウェールズは、Wikipedia Zeroの計画は、人々がインターネット上の情報にアクセスするのに困難を抱えている場所の人々に健康についての情報を提供する手段の一つになるであろうと主張した[40]

2014年の西アフリカエボラ出血熱流行への一般大衆の関心の結果として、ウィキペディアはエボラ出血熱についての人気のある情報源の一つとなった[41]。ウィキペディアへの寄稿者でもある医師は、ウィキペディアの記事の質が、ウィキペディアを役に立つものにしていると主張した[41]

2021年ハーバード大学の研究では、ウィキペディアなどの健康情報が正しい診断につながることがあることが示唆されている。 症状と重篤な病気との関連付けを誤ると、多くのストレスにつながる可能性があるが、情報源を確認し、信頼できるものに固執すれば、健康に役立つ[42]

代替医療[編集]

代替医療を推進している人々は、ウィキペディアがエネルギー療法EFT思考場療法タパス指圧法英語版などの、総体的健康に関する治療について、否定的に言及しているとの主張を続けている[43]。これに対してウェールズは、「もしあなたが自分の論文を信頼できる学術論文誌に投稿して発表することができたなら、すなわち、あなたが再検証可能な科学実験を通じて証拠を得ることができたなら、そのあとにウィキペディアはその内容を適切に採録することになるであろう」と主張してきた[43][44][45]。これとよく似た問題提起が、ホメオパシーについてのウィキペディアにおける網羅性をどう考えるかについてもなされている[46]

ウィキペディアにおいては、「人間の健康に関係することが合理的に知覚されうる」記事には、科学を基盤にしたウィキペディア英語版のガイドライン(日本語版では草案)が適用されることが定められている。

利用[編集]

アメリカ合衆国においては、インターネットを健康に関する情報源として用いている人々が多数派となっている[47]。健康や医療についての情報を調べることは、インターネット上で情報を調査する際に、3番目に多くとられている動作である[48]。2013年に行われた研究においては、健康維持についてのインターネット上における検索の22パーセントにおいて、検索結果から直接ウィキペディアにアクセスしていることが推測された[49]

2014年に論文誌『IMS Institute for Healthcare Informatics』に投稿された論文では、ウィキペディアは患者並びに健康維持の専門家の両方にとって主導的な、健康維持についての情報源であると説明されている[50]。同じ論文によれば、アメリカ合衆国で、専門的な用途にインターネットを利用している医師の50パーセントは、情報にアクセスするためにウィキペディアを利用していることが明らかになっている。これらの事実は『IMS Institute for Healthcare Informatics』に投稿された同じ論文の17ページの、「ソーシャルメディアにとって魅力的な患者」という章において参照されている。この章においては、主要なマスメディアに発表されている研究の概略と、査読を経た論文を繰り返し深く参照している。このIMSの論文においては、マンハッタン・リサーチ英語版の、日付が記されていない、「脈をとる」ことについての研究への参照が提供されている。マンハッタン・リサーチの論文は、ほとんどの図書館のデータベースでは利用できない。

同じ年の7月については、ウィキペディアの医学に関する記事の閲覧数の全言語版での合計は、アメリカ国立衛生研究所WebMD英語版メイヨー・クリニック国民保健サービス世界保健機関UpToDateを含め、 他のどの人気な健康維持についてのウェブサイトの閲覧数をも上回った[4][51]。何人かの医者はすでに、自身のウィキペディアの使用は「秘密の禁じ手」であると表現している[52]

一般大衆[編集]

2015年の研究では、最も一般的な10の神経症についての記事の人気について、2014年4月から2014年7月までの90日間にわたっての比較が行われた。その結果、各々の神経症について、発生数や有病率と、その神経症についてのウィキペディアの記事が閲覧された回数の合計との間に、総監は全くいられなかったことが明らかになった。例えば、ウィキペディアの多発性硬化症についての記事は、多発性硬化症の有病率が、より一般的な神経症である片頭痛てんかん、あるいは脳卒中といったものより低いのにもかかわらず、それらについての記事よりずっと多くの閲覧数を集めていた。この論文の著者は、このような結果は核磁気共鳴画像法(MRI)の有病率の増加により、高信号域英語版の意図せざる発見が増加していることが一因にあるかもしれないと、理論立てて説明している。これらの高信号域のほとんどは複数の硬化症の存在を示しているわけではないものの、患者やその親戚、時には医者までもが、インターネットで「複数の硬化症」と検索することにつながり、その検索結果から多くの人々がウィキペディアの記事にアクセスしているかもしれないのである[53]

医療系の学生[編集]

ウィキペディアにおける健康についての情報は「我々の次の世代の医師が医学をどのようにして学ぶかを体現している」と表現されてきた[54]。健康教育についての様々なコメンテーターは、ウィキペディアは医療系の学生にとって、人気でしかも便利であると述べてきている[55]

2013年に、オーストラリアにある医科大学で行われた研究によれば、学生の97パーセントが医学を勉強するのにウィキペディアを利用していることが示され、その最も大きな理由はアクセスのしやすさと、理解のしやすさであることが明らかになった。学生の医学部での学年と、その学生のウィキペディアの使用との間に因果関係は見いだせないものの、成績が優秀な医学部の学生は、ウィキペディアを最初に参照する情報源、唯一の情報源、あるいは最もよく使う情報源として使っている割合が低いことが明らかになった。彼らは、ウィキペディアが信頼できない情報源であるとみなす割合が高いことも明らかになっている[56]

同じ2013年には、カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部英語版は、医学科の4年生の学生に対し、ウィキペディアの健康関連の記事を改善させることをその内容とする1か月間の選択科目を開講した。2013年から2015年までの間に、43人の学生がこの選択科目を受講し、各自が、改善させたいウィキペディアの健康関連の記事を1つ選んだ。カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部の学部学生によるこの取り組みについての研究によれば、学生らは自身の選んだ記事を加筆したり、高品質の情報源を追加したり、低品質の情報源を除去したり、可読性を向上させたりした。この研究の著者は、医学部は、その学生に対してウィキペディアに貢献するように促すべきであると主張し、その根拠として、ウィキペディアの記事の品質を向上させることができること、学生にとっても、よりよい、健康維持についての教師になることができることを挙げた[57]

同じく2013年に行われた、獣医学部の学生の特定の集団を対象とした研究においても、生徒の大多数が、ウィキペディアに医学についての情報源を求め、そして見つけていることが明らかになった[58]

2年後の2015年には、ヨーロッパの医科大学5校を対象とした研究が行われ、一般的な情報を得るのにウィキペディアを使っている学生は、医学についての情報を見つけるのにもよりウィキペディアを使っている傾向が強いことが明らかになった。学生の16パーセントは一般的な情報を得るのにしばしばウィキペディアを使っており、時々使っているのは60パーセントで、残る24パーセントは滅多に使っていなかった。また、学生の12パーセントは、医学についての情報を得るのにしばしばウィキペディアを使用しており、55パーセントは時々利用しており、残りの33パーセントは滅多に利用していなかった。全体の97パーセント、すなわちほとんど全ての学生は最低でも1回、ウィキペディア上で不正確な情報を見つけたことがあったが、それを修正したのは彼らの20パーセント未満に過ぎなかった[59]

同じく2015年にはカナダノヴァスコシア州にあるダルハウジー大学医学部の学生を対象とした研究が発表され、彼らはグーグルとウィキペディアを、そのアクセスしやすさ、理解しやすさ、役に立つ度合いで高く評価したが、正確性と信頼性についてはそれらよりPubMedを高く評価したことが明らかになった[60]

2年後の2017年には、オーストラリアメルボルン大学医学・歯学・健康科学部英語版医学科の1年生による、インターネット上の情報源の使用についての研究結果が発表された。それによると、学生が最もよく使っていた情報源は、毎日使用されていた大学のオンライン学習用のプラットフォームで、グーグルとウィキペディアはそれよりわずかに使用頻度が低かったが、やはりほぼ毎日使われていた。また、学生は、大学のオンライン学習用のプラットフォームを最も役に立つとみなしたが、次に役に立つとみなしたものはグーグルとウィキペディアであったが、それらはオンライン学習用のプラットフォームよりわずかに役に立たないというだけで、フェイスブックGoogle scholarと比べればはるかに役に立つとみなしている。学生らはまた、大学のオンライン学習用プラットフォームを最も信頼できるとみなし、g-グルやウィキペディアはそれに比べて圧倒的に信頼性は低いとみなした。それでも、学生は、情報を見つける際の出発点として、両方のウェブサイトを頻繁に利用していた[61]

同じ2017年には、フロリダ大学医学部英語版医学科の一般的な手術のクリニカルクラークシップ英語版中の学生を対象とした研究が行われた。それによれば、復習のための本が、最も一般的に使われていた学習のための情報源であり、その次に使われていたのがインターネットであった。ウィキペディアは3番目によく使われている情報源であり、インターネット上の情報源としては最もよく使われていた。この研究では、学生が使用している情報源の種類と、その学生の国立医療試験審議会英語版における外科の試験における成績との間に、相関は一切見いだせなかった[62]

住民[編集]

2009年のイギリスの35人のジュニアドクター英語版に対する、インターネットの使用調査では、医療についての情報を見つけるために、対象者の80パーセントがグーグルを最低でも週に1回使用しており、70パーセントがウィキペディアを週に1回以上利用していたが、PubMedを使用しているのは30パーセントにすぎないことが明らかになった。グーグルとウィキペディアが主に利用されていたのは背景の理解においてであり、PubMedやその他の最高の証拠となりうるウェブサイトは、臨床上の診断作成において、特定の疑問への答えを得るために使われていた[63]

2015年にハーヴァード大学医学大学院の精神医学専攻の学生を対象に行われた調査では、彼らはインターネット上の情報源を、印刷された情報源のおよそ2倍の頻度で使用していたことが明らかになった。最も一般に使用されていた3つの情報源は、UpToDate、PubMed、そしてウィキペディアであった。UpToDateは最も使われていた情報源であり、最も信頼できる情報源でもあるとみなされていたが、PubMedも2番目によく使われていた情報源であり、個人的な学習の情報源として高く評価されていた。一方でウィキペディアは、3番目によく使われていた情報源であり、使いやすさでは高い評価を受けていたが、信頼性については最も低いとみなされていた[64]

医師・その他の健康の専門家[編集]

2013年に、ヨーロッパの500人の医師を対象に行われた調査では、ほとんどの対象者がオーストリアまたはスイスの出身であったが、インターネット上の医療についての情報源として最も使われていた情報源の種類はグーグルのような一般検索エンジンであり、次によく使われていたのがPubMedのような医学研究のデータベースであり、そして3番目によく使われていたのがウィキペディアであることが明らかになった。訓練中の医師のうち56パーセントはウィキペディアを使用していると報告したが、これに対し訓練を完了した医師でウィキペディアを使用しているのは37パーセントにすぎなかった[65]

翌2014年には、スペインの259人の健康の専門家を対象とした調査の結果が発表された。その結果、全体の53パーセントがウィキペディアスペイン語版を仕事中に医学についての情報を調べるのに使っていたのに対し、その情報を信頼できるものとみなしたのはそのうち3パーセントにすぎず、記事の内容を自身の患者に勧めたのも16パーセントにすぎなかった。ウィキペディアの記事を編集したことがあったのは16パーセントにすぎず、編集しない理由については、51パーセントが「自分が専門家だとは思わなかったから」、21パーセントが「ブログを書いたり、査読付きの記事を投稿したりすることを優先していたから」、17パーセントが「誰かが自分のした編集を全て差し戻してしまうかもしれないのが問題だと思ったから」と回答している[66]

学術的な参照[編集]

ウィキペディアは多くの健康科学についての学術誌で、権威のある情報源として不適切に参照されてきた[67][68]

心理学的な実験の影響[編集]

2009年には、医師でウィキペディアの編集者でもあるジェームズ・ハイルマン英語版は、ロールシャッハ・テストパブリックドメインの画像をウィキペディアに移入した[69]。心理学者はこれらのテストが臨床上の実用性を低下させているのにもかかわらず、このテストが大衆に広まる機会が増えることによって、結果的に一般大衆の健康が害されることを懸念している[69]

貢献者の特徴[編集]

2014年のインタビュー研究では、ウィキペディア英語版において健康に関連する記事を編集している者のおよそ半分は健康ケアの専門家であり、残りの半分には医学部の学生もいくらか含まれていることが明らかになった[3]。この論文の著者は、この結果がウェブサイトの信頼性に安心を与えていると結論付けた[3]。この研究では、「熱心な編集者の共同体」も発見された。彼らは人数にすればわずか300人ほどにすぎないが、ウィキペディアの健康に関係する記事を活発に監視し編集しており、ウィキペディアにおける健康関連の機序の編集の大半はこの「熱心な編集者」によって行われていることが判明した[70]。同じ研究においては、それまでのところ、これらの主題に関する記事に貢献している人々が、ウィキペディアにおける健康関連の記事を編集している理由はさまざまであることも明らかになった。主な理由には、例えば、自分自身でその主題について、よりよく学習を深めるため、健康情報の記事への他者のアクセスが改善されることによる責任と喜びの両方の間隔を感じるため、などがあった[70]

2年後の2016年に行われた研究では、デザイナードラッグについてのウィキペディアの記事に貢献している編集者は違法な薬物や、承認された医薬品についての記事にも貢献を行っている可能性が最も高いことが明らかになった。これは、彼らが薬理学についての背景知識を持っていることを意味している。彼らは、神経症、精神疾患、その他の疾患、分子生物学のついての記事を編集する可能性もより高いが、大衆文化や歴史といった主題の記事を編集する可能性は最も低いことも明らかになった[71]

健康の監視についての横断的な統計[編集]

Googleインフルトレンド英語版が、「インフルエンザというキーワードでの検索と、実際の局地的なインフルエンザのアウトブレイクとに送還を見出すことができたのと同じように、インフルエンザに関連する主題のウィキペディアの記事の閲覧数は、インフルエンザの感染拡大を経験している人の数の増加に合わせて増大することが発見されている[72][73]。これはデング熱結核といった他の感染症の感染拡大も予測できる[74][75]

ウィキペディアにおける健康情報を改善する取り組み[編集]

2009年には、アメリカ国立衛生研究所は、ウィキペディアに健康についての情報を寄稿するための試験的な取り組みを開始した[76]。2011年には、王立がん研究基金英語版は、従業員のうちの数名がウィキペディアの癌に関係する記事を編集するというプログラムを開始したことが報告された[77]

カリフォルニア大学サンフランシスコ校には、ウィキペディアの健康関連の記事に貢献することを学生に促すプログラムがある[78]

コクラン共同計画とウィキペディアとの間の協定により、ウィキペディアはコクランライブラリ英語版へのアクセスを提供している。これは、コクランライブラリの査読された情報をウィキペディアの記事に反映させるためである[79]

脚注[編集]

  1. ^ Laurent, M. R.; Vickers, T. J. (2009). “Seeking Health Information Online: Does Wikipedia Matter?”. Journal of the American Medical Informatics Association 16 (4): 471–479. doi:10.1197/jamia.M3059. PMC 2705249. PMID 19390105. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2705249/. 
  2. ^ Hellman, James M; Kemmann, Eckhardt; Bonert, Michael; Chatterjee, Anwesh; Ragar, Brent; Beards, Graham M et al. (31 January 2011). “Wikipedia: A Key Tool for Global Public Health Promotion”. Journal of Medical Internet Research 13 (1): e14. doi:10.2196/jmir.1589. PMC 3221335. PMID 21282098. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3221335/. 
  3. ^ a b c Faric, Nusa (2014年12月5日). “Around half of Wikipedia's medical editors are experts”. Wikimedia Blog. 2021年5月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e Heilman, James M; West, Andrew G (2015). “Wikipedia and Medicine: Quantifying Readership, Editors, and the Significance of Natural Language”. Journal of Medical Internet Research 17 (3): e62. doi:10.2196/jmir.4069. ISSN 1438-8871. PMC 4376174. PMID 25739399. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4376174/. 
  5. ^ Shafee, Thomas; Masukume, Gwinyai; Kipersztok, Lisa; Das, Diptanshu; Häggström, Mikael; Heilman, James (November 2017). “Evolution of Wikipedia's medical content: past, present and future”. Journal of Epidemiology and Community Health 71 (11): 1122–1129. doi:10.1136/jech-2016-208601. PMC 5847101. PMID 28847845. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5847101/. 
  6. ^ Ledger, Thomas Stephen (September 2017). “Introduction to anatomy on Wikipedia”. Journal of Anatomy 231 (3): 430–432. doi:10.1111/joa.12640. PMC 5554820. PMID 28703298. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5554820/. 
  7. ^ a b Devgan, Lara; Powe, Neil; Blakey, Brittony; Makary, Martin (September 2007). “Wiki-Surgery? Internal validity of Wikipedia as a medical and surgical reference”. Journal of the American College of Surgeons 205 (3): S76–S77. doi:10.1016/j.jamcollsurg.2007.06.190. 
  8. ^ Clauson, K. A; Polen, H. H; Boulos, M. N K.; Dzenowagis, J. H (18 November 2008). “Scope, Completeness, and Accuracy of Drug Information in Wikipedia”. Annals of Pharmacotherapy 42 (12): 1814–1821. doi:10.1345/aph.1L474. PMID 19017825. 
  9. ^ “Wikipedia and osteosarcoma: a trustworthy patients' information?”. Journal of the American Medical Informatics Association 17 (4): 373–374. (July–August 2010). doi:10.1136/jamia.2010.004507. PMC 2995655. PMID 20595302. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2995655/. 
  10. ^ Haigh, CA (February 2011). “Wikipedia as an evidence source for nursing and healthcare students.”. Nurse Education Today 31 (2): 135–9. doi:10.1016/j.nedt.2010.05.004. PMID 20646799. 
  11. ^ Kupferberg, N; Protus, BM (October 2011). “Accuracy and completeness of drug information in Wikipedia: an assessment.”. Journal of the Medical Library Association 99 (4): 310–3. doi:10.3163/1536-5050.99.4.010. PMC 3193353. PMID 22022226. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3193353/. 
  12. ^ Lavsa, Stacey M.; Corman, Shelby L.; Culley, Colleen M.; Pummer, Tara L. (April 2011). “Reliability of Wikipedia as a medication information source for pharmacy students”. Currents in Pharmacy Teaching and Learning 3 (2): 154–158. doi:10.1016/j.cptl.2011.01.007. 
  13. ^ Phillips, Jennifer; Lam, Connie; Palmisano, Lisa (2014). “Analysis of the accuracy and readability of herbal supplement information on Wikipedia”. Journal of the American Pharmacists Association 54 (4): 406–14. doi:10.1331/JAPhA.2014.13181. ISSN 1544-3191. PMID 25063262. 
  14. ^ Archambault, Patrick M; Belt, Tom H van de; III, Francisco J Grajales; Faber, Marjan J; Kuziemsky, Craig E; Gagnon, Susie; Bilodeau, Andrea; Rioux, Simon et al. (8 October 2013). “Wikis and Collaborative Writing Applications in Health Care: A Scoping Review”. Journal of Medical Internet Research 15 (10): e210. doi:10.2196/jmir.2787. PMC 3929050. PMID 24103318. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3929050/. 
  15. ^ Koo, Malcolm (2014). “Complementary and Alternative Medicine on Wikipedia: Opportunities for Improvement”. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine 2014: 105186. doi:10.1155/2014/105186. PMC 4016830. PMID 24864148. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4016830/. 
  16. ^ Hasty, Robert; Garvalosa, Ryan; Barbato, Vincenzo; Valdes, Pedro; Powers, David; Hernandez, Emmanuel et al. (2014). “Wikipedia vs Peer-Reviewed Medical Literature for Information About the 10 Most Costly Medical Conditions”. The Journal of the American Osteopathic Association 114 (5): 368–373. doi:10.7556/jaoa.2014.035. ISSN 0098-6151. PMID 24778001. 
  17. ^ Hasty, Robert (2014年5月8日). “Dr. Robert Hasty - Wikipedia vs. Peer-Reviewed Medical Articles”. youtube.com. 2014年6月4日閲覧。
  18. ^ Stephens, Pippa (2014年5月28日). “Trust your doctor, not Wikipedia, say scientists”. bbc.com. https://www.bbc.com/news/health-27586356 2014年6月4日閲覧。 
  19. ^ Kedmey, Dan (2014年5月27日). “Don't Trust Wikipedia When It Comes to Your Health, Study Says”. time.com. 2014年6月4日閲覧。
  20. ^ Gagnon, Tiffany (2014年5月28日). “Are Wikipedia Health Tips Making You Sick?”. Men's Fitness. 2014年6月4日閲覧。
  21. ^ Dillner, Luisa (2014年6月1日). “Is Wikipedia a reliable source for medical advice?”. theguardian.com. https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2014/jun/01/is-wikipedia-reliable-for-medical-advice 2014年6月4日閲覧。 
  22. ^ Is Wikipedia's medical content really 90% wrong?”. cochrane.org (2014年6月23日). 2014年6月23日閲覧。
  23. ^ Pippa Stephens – Health reporter – BBC News – 28 May 2014 Trust your doctor, not Wikipedia, say scientists (2017年3月14日閲覧)
  24. ^ a b Hwang, Thomas J.; Bourgeois, Florence T.; Seeger, John D. (2014). “Drug Safety in the Digital Age”. New England Journal of Medicine 370 (26): 2460–2462. doi:10.1056/NEJMp1401767. ISSN 0028-4793. PMID 24963564. 
  25. ^ Kräenbring, Jona; Monzon Penza, Tika; Gutmann, Joanna; Muehlich, Susanne; Zolk, Oliver; Wojnowski, Leszek; Maas, Renke; Engelhardt, Stefan et al. (24 September 2014). “Accuracy and Completeness of Drug Information in Wikipedia: A Comparison with Standard Textbooks of Pharmacology”. PLOS ONE 9 (9): e106930. Bibcode2014PLoSO...9j6930K. doi:10.1371/journal.pone.0106930. PMC 4174509. PMID 25250889. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4174509/.  オープンアクセス
  26. ^ Venkatraman, Anand; Garg, Neetika (2015). “Greater freedom of speech on Web 2.0 correlates with dominance of views linking vaccines to autism”. Vaccines 17 (33): 1422–1425. doi:10.1016/j.vaccine.2015.01.078. PMID 25665960. 
  27. ^ Reilly, Timothy; Jackson, William; Berger, Victoria; Candelario, Danielle (November 2016). “Accuracy and completeness of drug information in Wikipedia medication monographs”. Journal of the American Pharmacists Association 57 (2): 193–196.e1. doi:10.1016/j.japh.2016.10.007. PMID 27866956. 
  28. ^ Candelario, Danielle M.; Vazquez, Victoria; Jackson, William; Reilly, Timothy (January 2017). “Completeness, accuracy, and readability of Wikipedia as a reference for patient medication information”. Journal of the American Pharmacists Association 57 (2): 197–200.e1. doi:10.1016/j.japh.2016.12.063. PMID 28139458. 
  29. ^ Reavley, N. J.; Mackinnon, A. J.; Morgan, A. J.; Alvarez-Jimenez, M.; Hetrick, S. E.; Killackey, E.; Nelson, B.; Purcell, R. et al. (2012). “Quality of information sources about mental disorders: a comparison of Wikipedia with centrally controlled web and printed sources” (英語). Psychological Medicine 42 (8): 1753–1762. doi:10.1017/S003329171100287X. ISSN 0033-2917. PMID 22166182. 
  30. ^ Thomas, G. R.; Eng, L.; De Wolff, J. F.; Grover, S. C. (2013). “An Evaluation of Wikipedia as a Resource for Patient Education in Nephrology”. Seminars in Dialysis 26 (2): 159–63. doi:10.1111/sdi.12059. PMID 23432369. 
  31. ^ Brigo, F; Erro, R (18 January 2015). “The readability of the English Wikipedia article on Parkinson's disease”. Neurological Sciences 36 (6): 1045–6. doi:10.1007/s10072-015-2077-5. PMID 25596713. 
  32. ^ Brigo, F; Otte, WM; Igwe, SC; Tezzon, F; Nardone, R (16 January 2015). “Clearly written, easily comprehended? The readability of websites providing information on epilepsy.”. Epilepsy & Behavior 44C: 35–39. doi:10.1016/j.yebeh.2014.12.029. PMID 25601720. 
  33. ^ Punia, Vineet; Dagar, Anjali; Agarwal, Nitin; He, Wenzhuan; Hillen, Machteld (December 2014). “Comparison of neurological healthcare oriented educational resources for patients on the internet”. Journal of Clinical Neuroscience 21 (12): 2179–2183. doi:10.1016/j.jocn.2014.05.043. PMID 25194822. 
  34. ^ Azer, Samy A. (2015). “Is Wikipedia a reliable learning resource for medical students? Evaluating respiratory topics”. Advances in Physiology Education 39 (1): 5–14±. doi:10.1152/advan.00110.2014. ISSN 1043-4046. PMID 25727464. 
  35. ^ Azer, SA; AlSwaidan, NM; Alshwairikh, LA; AlShammari, JM (6 October 2015). “Accuracy and readability of cardiovascular entries on Wikipedia: are they reliable learning resources for medical students?”. BMJ Open 5 (10): e008187. doi:10.1136/bmjopen-2015-008187. PMC 4606442. PMID 26443650. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4606442/.  オープンアクセス
  36. ^ Hutchinson, N; Baird, GL; Garg, M (29 January 2016). “Examining the reading level of Internet medical information for common Internal Medicine diagnoses”. The American Journal of Medicine 129 (6): 637–9. doi:10.1016/j.amjmed.2016.01.008. PMID 26829438. 
  37. ^ Saparova, D; Nolan, NS (January 2016). “Evaluating the appropriateness of electronic information resources for learning.”. Journal of the Medical Library Association 104 (1): 24–32. doi:10.3163/1536-5050.104.1.004. PMC 4722638. PMID 26807049. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4722638/. 
  38. ^ Watad, Abdulla; Bragazzi, Nicola Luigi; Brigo, Francesco; Sharif, Kassem; Amital, Howard; McGonagle, Dennis; Shoenfeld, Yehuda; Adawi, Mohammad (2017). “Readability of Wikipedia Pages on Autoimmune Disorders: Systematic Quantitative Assessment”. Journal of Medical Internet Research 19 (7): e260. doi:10.2196/jmir.8225. PMC 5539385. PMID 28720555. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5539385/. 
  39. ^ Modiria, Omen; Guhab, Daipayan; Alotaibib, Naif M.; Ibrahim, George M.; Lipsmanb, Nor; Fallahc, Aria (2018). “Readability and quality of wikipedia pages on neurosurgical topics”. Clinical Neurology and Neurosurgery 166: 66–70. doi:10.1016/j.clineuro.2018.01.021. PMID 29408776. 
  40. ^ a b Williams-Grut, Oscar (2014年10月3日). “Wikipedia founder Jimmy Wales: 'Free Wiki could save thousands of lives'”. The Independent (London: INM). ISSN 0951-9467. OCLC 185201487. https://www.independent.co.uk/news/business/news/wikipedia-founder-jimmy-wales-free-wiki-could-save-thousands-of-lives-9773559.html 2014年10月7日閲覧。 
  41. ^ a b Cohen, Noam (2014年10月26日). “Wikipedia Emerges as Trusted Internet Source for Ebola Information”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2014/10/27/business/media/wikipedia-is-emerging-as-trusted-internet-source-for-information-on-ebola-.html? 2014年10月27日閲覧。 
  42. ^ Godman, Heidi (2021年7月1日). “Harvard study: Internet searches sometimes lead to the right diagnosis” (英語). Harvard Health. 2021年6月27日閲覧。
  43. ^ a b Sifferlin, Alexandra (2014年3月25日). “Wikipedia Founder Sticks It To 'Lunatic' Holistic Healers”. Time. 2014年3月26日閲覧。
  44. ^ Hay Newman, Lily (27 March 2014) Jimmy Wales Gets Real, and Sassy, About Wikipedia's Holistic Healing Coverage, Slate (magazine) Retrieved 23 November 2014
  45. ^ ACEP's Position Statement on Wikipedia energypsych.org Retrieved 23 November 2014
  46. ^ Ullman, Dana (2014年10月10日). “Dysfunction at Wikipedia on Homeopathic Medicine”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/dana-ullman/dysfunction-at-wikipedia-_b_5924226.html 2014年11月23日閲覧。 
  47. ^ The social life of health information” (2009年6月11日). 2015年10月12日閲覧。
  48. ^ Health Fact Sheet”. Pew Research Center: Internet Research (2013年). 2021年5月9日閲覧。
  49. ^ Makovsky Health (2013年9月9日). “Online Health Research Eclipsing Patient-Doctor Conversations – Makovsky”. makovsky.com. 2013年10月2日閲覧。
  50. ^ 注意:リンク先の一部は認証を必要としている。 IMS Health (2014). “The use of Wikipedia in Health Care”. Engaging patients through social media Is healthcare ready for empowered and digitally demanding patients?. IMS Health. pp. 16–26. http://www.imshealth.com/portal/site/imshealth/menuitem.762a961826aad98f53c753c71ad8c22a/?vgnextoid=505cde0fdbc73410VgnVCM10000076192ca2RCRD&vgnextchannel=736de5fda6370410VgnVCM10000076192ca2RCRD&vgnextfmt=default 2014年1月22日閲覧。 さらに、この論文は以下の情報源を参考にしている。
  51. ^ Laurent, M. R.; Vickers, T. J. (1 July 2009). “Seeking Health Information Online: Does Wikipedia Matter?”. Journal of the American Medical Informatics Association 16 (4): 471–479. doi:10.1197/jamia.M3059. PMC 2705249. PMID 19390105. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2705249/. 
  52. ^ Godlee, F. (27 March 2014). “Unethical, a guilty secret, and still crazy after all these years”. BMJ 348 (mar27 1): g2396. doi:10.1136/bmj.g2396. 
  53. ^ Brigo, Francesco; Igwe, Stanley C.; Nardone, Raffaele; Lochner, Piergiorgio; Tezzon, Frediano; Otte, Willem M. (July 2015). “Wikipedia and neurological disorders”. Journal of Clinical Neuroscience 22 (7): 1170–1172. doi:10.1016/j.jocn.2015.02.006. PMID 25890773. 
  54. ^ Morris, Nathaniel P. (2013年11月18日). “Wikipedia's role in medical education brings awesome promise — and a few risks”. bostonglobe.com. 2013年11月21日閲覧。
  55. ^ Teunis, Teun (March 2013). “The Wikipedia Guide to Medicine Could the Online Encyclopaedia Provide the Basis for a New Medical School Curriculum?”. Student BMJ 21: 16–17. doi:10.1136/sbmj.f1091. http://student.bmj.com/student/view-article.html?id=sbmj.f1091. 
  56. ^ Allahwala, Usaid K.; Nadkarni, Aniket; Sebaratnam, Deshan F. (2013). “Wikipedia use amongst medical students – New insights into the digital revolution”. Medical Teacher 35 (4): 337. doi:10.3109/0142159X.2012.737064. ISSN 0142-159X. PMID 23137251. 
  57. ^ Azzam, A; Bresler, D; Leon, A; Maggio, L; Whitaker, E; Heilman, J; Orlowitz, J; Swisher, V et al. (February 2017). “Why Medical Schools Should Embrace Wikipedia: Final-Year Medical Student Contributions to Wikipedia Articles for Academic Credit at One School.”. Academic Medicine 92 (2): 194–200. doi:10.1097/ACM.0000000000001381. PMC 5265689. PMID 27627633. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5265689/. 
  58. ^ Kolski, D; Arlt, S; Birk, S; Heuwieser, W (2013). “Use and acceptance of Wiki systems for students of veterinary medicine”. GMS Zeitschrift für Medizinische Ausbildung 30 (1): Doc10. doi:10.3205/zma000853. PMC 3589678. PMID 23467415. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3589678/. 
  59. ^ Herbert, Verena G.; Frings, Andreas; Rehatschek, Herwig; Richard, Gilbert; Leithner, Andreas (2015). “Wikipedia – challenges and new horizons in enhancing medical education”. BMC Medical Education 15 (32): 32. doi:10.1186/s12909-015-0309-2. PMC 4384304. PMID 25879421. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4384304/. 
  60. ^ “Information-Seeking Behaviors of Medical Students: A Cross-Sectional Web-Based Survey”. JMIR Medical Education 1 (1): E4. (June 2015). doi:10.2196/mededu.4267. PMC 5041342. PMID 27731842. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5041342/. 
  61. ^ Judd, Terry; Elliott, Kristine (2017). “Selection and Use of Online Learning Resources by First-Year Medical Students: Cross-Sectional Study”. JMIR Medical Education 3 (2): e17. doi:10.2196/mededu.7382. PMC 5643842. PMID 28970187. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5643842/. 
  62. ^ Taylor, Janice A.; Shaw, Christiana M.; Tan, Sanda A.; Falcone, John L. (2017). “Are the kids alright? Review books and the internet as the most common study resources for the general surgery clerkship”. The American Journal of Surgery 215 (1): 191–195. doi:10.1016/j.amjsurg.2017.01.036. PMID 28237045. 
  63. ^ Hughes, Benjamin; Joshi, Indra; Lemonde, Hugh; Wareham, Jonathan (October 2009). “Junior physician's use of Web 2.0 for information seeking and medical education: A qualitative study”. International Journal of Medical Informatics 78 (10): 645–655. doi:10.1016/j.ijmedinf.2009.04.008. PMID 19501017. 
  64. ^ Torous, John; Franzen, Jamie; O’Connor, Ryan; Mathew, Ian; Keshavan, Matcher; Kitts, Robert; Boland, Robert (2015). “Psychiatry Residents' Use of Educational Websites: A Pilot Survey Study”. Academic Psychiatry 39 (6): 630–633. doi:10.1007/s40596-015-0335-8. PMID 26077007. 
  65. ^ “Utilization and Perceived Problems of Online Medical Resources and Search Tools Among Different Groups of European Physicians”. Journal of Medical Internet Research 15 (6): e122. (June 2013). doi:10.2196/jmir.2436. PMC 3713956. PMID 23803299. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3713956/. 
  66. ^ Santillán, Azucena; Máñez, Miguel Ángel; Meijome, Xose Manuel (2014). “Uso de Wikipedia por los profesionales de la salud” (スペイン語). Gaceta Sanitaria 28 (6): 522. doi:10.1016/j.gaceta.2014.04.014. PMID 25087118. 
  67. ^ Bould, M. D.; Hladkowicz, E. S.; Pigford, A.-A. E.; Ufholz, L.-A.; Postonogova, T.; Shin, E.; Boet, S. (6 March 2014). “References that anyone can edit: review of Wikipedia citations in peer reviewed health science literature”. BMJ 348 (mar05 4): g1585. doi:10.1136/bmj.g1585. PMC 3944683. PMID 24603564. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3944683/. 
  68. ^ Blackwell, Tom (2014年3月12日). “'It's against all principles of scientific reporting': Thousands of medical papers cite Wikipedia, study says”. National Post. 2014年3月13日閲覧。
  69. ^ a b
  70. ^ a b Farič, Nuša; Potts, Henry WW (2014). “Motivations for Contributing to Health-Related Articles on Wikipedia: An Interview Study”. Journal of Medical Internet Research 16 (12): e260. doi:10.2196/jmir.3569. ISSN 1438-8871. PMC 4275502. PMID 25498308. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4275502/. 
  71. ^ Dijkstra, Louis J.; Krieg, Lisa J. (2016). “From MDMA to Lady Gaga: Expertise and contribution behavior of editing communities on Wikipedia”. Procedia Computer Science 1: 96–106. arXiv:1005.5384. doi:10.1016/j.procs.2016.11.013. 
  72. ^ McIver, David J.; Brownstein, John S.; Salathé, Marcel (17 April 2014). “Wikipedia Usage Estimates Prevalence of Influenza-Like Illness in the United States in Near Real-Time”. PLOS Computational Biology 10 (4): e1003581. Bibcode2014PLSCB..10E3581M. doi:10.1371/journal.pcbi.1003581. PMC 3990502. PMID 24743682. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3990502/. 
  73. ^ How Wikipedia Data Is Revolutionizing Flu Forecasting”. MIT Technology Review (2014年11月3日). 2014年11月4日閲覧。
  74. ^ Generous, Nicholas; Fairchild, Geoffrey; Deshpande, Alina; Del Valle, Sara Y.; Priedhorsky, Reid; Salathé, Marcel (13 November 2014). “Global Disease Monitoring and Forecasting with Wikipedia”. PLOS Computational Biology 10 (11): e1003892. arXiv:1405.3612. Bibcode2014PLSCB..10E3892G. doi:10.1371/journal.pcbi.1003892. PMC 4231164. PMID 25392913. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4231164/. 
  75. ^ “Wikipedia 'foresees virus outbreaks'”. BBC News. (2014年11月13日). https://www.bbc.com/news/health-30021644 2014年11月14日閲覧。 
  76. ^ *Madrigal, Alexis (21 July 2009). “Wikipedia Teaches NIH Scientists Wiki Culture – Wired Science”. Wired. https://www.wired.com/wiredscience/2009/07/wikipedia-training-scientists-on-wiki-culture/ 2013年10月2日閲覧。. 
  77. ^ “Cancer charity 'tidies' Wikipedia”. BBC News. (2011年4月4日). https://www.bbc.com/news/health-12887075 2014年11月6日閲覧。 
  78. ^
  79. ^ Matheson, David; Matheson-Monnet, Catherine (30 September 2017). “Wikipedia as Informal Self-Education for Clinical Decision-Making in Medical Practice”. Open Medicine Journal 04 (Suppl-1, M2): 15–25. doi:10.2174/1874220301704010015. https://www.researchgate.net/publication/320188268 2017年10月13日閲覧。. 

関連項目[編集]