Deletionpedia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Deletionpedia
Deletionpedia logo.png
URL deletionpedia.org
使用言語 英語
タイプ アーカイブウィキ
営利性 商業
登録 不要
設立日 2013年12月24日 (v2)

Deletionpedia v2とは英語版ウィキペディアで削除された記事を収載しているオンラインアーカイブウィキサイトである。収載されている各記事には即時削除された理由や削除議論の場所、削除したユーザーが書かれたヘッダーが追加されている。初代Deletionpediaは2008年2月から9月まで運営されていた。2013年12月に新たな運営で再始動した[1]

初代Deletionpedia[編集]

MediaWikiを使用していて、2008年2月から9月にかけてウィキペディアで削除された記事約63,000本が収載されていて[2][3]、「ウィキモルグ」としてウィキペディアから削除された記事を自動的に収集している[4]

ウィキペディアからカテゴリを保存していることに加えて、Deletionpediaでは削除基準に基づいた独自のカテゴリも作成されている。記事が削除された月や記事を編集したユーザーの数やウィキペディアに記事が存在していた期間ごと管理されていて、例えば2000記事近くは削除されるまで1000日以上存在していた[5]

Deletionpediaは著作権侵害で削除された記事や、重大な名誉毀損問題を抱える記事、履歴が全部ウィキペディアの姉妹サイトにいまだ残っている記事や他人を攻撃するために作成された記事は保存していないと主張している[6]

収載されている記事は「特筆性がないため」から「政治的・ビジネス的に利益を得るために投稿されたため」(とされる)に至るまで幅広い理由でウィキペディアから削除されている[7]。またサイトは閲覧専用であることは、寄付を求めるmySocietyウィキメディア財団と違って自身では寄付を求めないことを意味するとしている[8]

サイトの収載中断問題[編集]

2008年4月5日に以下のメッセージが発信された:

先日の収載中断についてお詫びします。データベースの過度なロードが発生したためデータベース管理を改善しました。この1、2週間新たな記事をアップロードしなかったことに関して、その他いくつかの改善を行ってました(しかし、逐一削除されたページの保存は行っています)[9]。なるべく早く全復旧できるようにします。

Deletionpediaのメインページ、[10]

停止[編集]

最後の閲覧可能なログにて取得された記事は2012年6月14日付のアニメフェスティバル・ウィチタ英語版だった[11]

オリジナルコンテンツは現在も閲覧できる[10]

反応[編集]

ウォール・ストリート・ジャーナルは未だ存在するウィキペディアにおける削除主義と包摂主義英語版との間の文化的衝突に対する問いかけとして取り上げた[12]インダストリー・スタンダード英語版は「社会学学生がいかにして集団思考が知識の、コミュニティで構築された大要が適用されるかを勉強するのに良い研究材料になるだろう」と評した[13]。その後間もなく、インダストリー・スタンダードはウィキペディアにおける記事削除問題に関して再度Deletionpediaを取り上げ、Deletionpediaは記事が「重要性が足りない」のではなく「ウィキペディア自体への批判が認知されていることが原因」だから削除されていることが認識されていないと提言されたことで議論している[14]。また最大手のオランダ語朝刊新聞であるDe Telegraaf[15]イギリステクノロジータブロイド英語版ウェブサイトであるThe Inquirerでも取り上げられた[16]

最も中身のある批評をしたのがArs Technica[17]ウェブサイトの側面だけでなく、Deletionpedia上でのウィキペディアの記事削除に関する論争を報じている。

Deletionpedia v2として再始動[編集]

新たな管理者であるカスパー・ソウレンがウェブサイトを再登録し、2013年12月に運営を開始した[18]。2014年5月現在、4,852本の記事が収載されている[19]

その他のウィキ[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています
PrePediaのロゴ

同種のプロジェクトが英語以外の言語で行われている:

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Homepage, Deletionpedia.org, http://deletionpedia.org/en/Main_Page 2014年5月6日閲覧。 
  2. ^ Category:Deletionpedia:Pages by deletion date, from the Deletionpedia website
  3. ^ Deletionpedia statistics, Deletionpedia, http://deletionpedia.dbatley.com/w/index.php?title=Special:Statistics 2014年5月6日閲覧。 
  4. ^ Schneider, K. G. (2007年9月26日). “Wikipedia's Awkward Adolescence”. CIO magazine (International Data Group). http://www.cio.com/article/print/141650 2008年9月27日閲覧。 
  5. ^ Pages on Wikipedia for 1000 or more days, http://deletionpedia.dbatley.com/w/index.php?title=Category:Deletionpedia:Pages_on_Wikipedia_for_1000_or_more_days 
  6. ^ Deletionpedia:Archive, from the Deletionpedia website
  7. ^ Henning Steier (19 Sep 2008). Friedhof der Wikipedia-Artikel. 20 minuten. http://www.20min.ch/digital/webpage/story/Friedhof-der-Wikipedia-Artikel-23217219 
  8. ^ Deletionpedia:Donate, from the Deletionpedia website
  9. ^ Deletionpedia:Archive, from the Deletionpedia website saved article log
  10. ^ a b Deletionpedia Main Page
  11. ^ log.1.txt, Deletionpedia, http://web.archive.org/web/20120615002244/http://deletionpedia.dbatley.com/log.1.txt 2014年5月6日閲覧。 
  12. ^ Wikipedians Leave Cyberspace, Meet in Egypt, by James Gleick. The Wall Street Journal, August 8, 2008
  13. ^ Deletionpedia: Where Wikipedia entries go to die, by Cyndy Aleo-Carreira. The Industry Standard, posted September 17, 2008.
  14. ^ “A Catch 22 for Wikipedia: Should the Deletionpedia entry be deleted?” By Cyndy Aleo-Carreira. The Industry Standard, posted Sept. 19, 2008.
  15. ^ Rustplaats voor afgedankte Wiki-bijdragen (オランダ語), a September 2008 article from De Telegraaf
  16. ^ Deletionpedia: Gelöschte Wikipedia-Artikel zum Nachschlagen (ドイツ語), an 18 September 2008 article from The Inquirer.
  17. ^ Deletionpedia: where entries too trivial for Wikipedia live on an article from Ars Technica posted September 22, 2008
  18. ^ Sankin, Aaron (29 December 2013), “Archive of deleted Wikipedia articles reveals site's imperfections”, The Daily Dot, http://www.dailydot.com/lifestyle/deletionpedia-wikipedia-deleted-articles/ 2014年3月25日閲覧。 
  19. ^ Statistics, Deletionpedia.org, http://deletionpedia.org/en/Special:Statistics 2014年5月6日閲覧。 
  20. ^ (German) MARJORIE-WIKI, (26 July 2013), http://wikiindex.org/Marjorie_Wiki 
  21. ^ (German) Wikipedia:Enzyklopädie/Marjorie-Wiki, German Wikipedia, https://de.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Enzyklop%C3%A4die/Marjorie-Wiki 
  22. ^ (German) PrePedia, (26 July 2013), http://wikiindex.org/PrePedia 

外部リンク[編集]