ウィキメディアン・オブ・ザ・イヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikimedian of the Year
Jimmy Wales during his keynote speech at Wikimania 2013.jpg
ウィキマニア 2013で基調講演を行うジミー・ウェールズ
開催日 2011年8月(8年前) (2011-08
会場 慣例上ウィキマニアで授与される
授与者 ジミー・ウェールズ
行動 ウィキペディアにおける顕著な活動
報酬 9
初回 2011
最新回 2019

ウィキメディアン・オブ・ザ・イヤー英語: Wikimedian of the Year) は2011年にウィキペディアの共同創設者ジミー・ウェールズが創設した、ウィキメディア運動での顕著な活動に対して与えられる賞[1]。毎年ウィキマニアにおいて授与される[1]。2017年以前はウィキペディアン・オブ・ザ・イヤー英語: Wikipedian of the Year)という名称であった。

歴代の受賞者には、ラウアン・ケンチェハヌリ英語版 、"Demmy"、レミ・マチス英語版イーゴリ・コスチェンコエミリー・テンプル=ウッドロージー・スティーヴンソン=グッドナイトフェリックス・ナーティファルハド・ファツクリン英語版エムナ・ミズーニ英語版、そして銘記すべき(in pectore英語版)多数の無名編集者たちが含まれる。

メインの受賞者のほかに、これまでに7人に選外賞(Honorable mentions)が授与されている。

受賞者[編集]

受賞者 主に活動しているプロジェクト 特記事項
2011 Rauan Kenzhekhanuly-1.jpg ラウアン・ケンチェハヌリ英語版 カザフ語版ウィキペディア ケンチェハヌリはカザフ語版ウィキペディアの改善のために安定したコミュニティを構築した。この活動はアクティブな利用者を4人から200人以上に増やし、記事数を7000から130000まで増やした[1][2]。後にケンチェハヌリはカザフスタン政府とつながりがあることが判明し、ウェールズは批判された[3]
2012
"Demmy" ヨルバ語版ウィキペディア Demmyはボットによって、英語版の15000本の短い記事を、ナイジェリアの言語であるヨルバ語に翻訳した。
2013 Rémi Mathis - AG WMFR 2012-05-26.jpg レミ・マチス英語版 フランス語版ウィキペディア ピエール・シュール・オート軍用無線局問題に対応した[4]
2014 Ihor Kostenko 1 face.jpg イーゴリ・コスチェンコ ウクライナ語版ウィキペディア ウィキペディアの編集者としてソーシャル・ネットワーキング・サイトで参加者を募っていたコスチェンコは、ユーロマイダン抗議行動の一員でもあった。彼は抗議行動のさなか、2014年2月20日に射殺され、没後受賞[5][6][7][8]
2015
非公開 ウィキメディア・コモンズ ウェールズは、反政府抗議の写真を投稿したことで追放された、ベネズエラ出身の匿名のin pectore英語版の編集者を挙げた[9]
2016 Keilana portrait cropped.png エミリー・テンプル=ウッド 英語版ウィキペディア 最初の共同受賞者は、ウィキペディアでの女性に対するハラスメントと闘い、特筆すべき女性についての記事を増やす活動をしている2人に贈られた。テンプル=ウッドは400以上の記事を新規立項し、何百もの記事を改善した。その多くは女性科学者LGBT女性の健康英語版に関する記事などであった。スティーヴンソン=グッドナイトは3000以上の記事を改善し、新規参加者を歓迎するスペースを設置し、「ウィキ・ウーマン・ユーザー・グループ」や「ウィキプロジェクト:女性」、ウィミン・イン・レッド英語版キャンペーンなどの女性に関するアウトリーチ活動を共同創設した。
Rosie Stephenson-Goodknight.jpg ロージー・スティーヴンソン=グッドナイト 英語版ウィキペディア
2017 Felix Nartey Wiki Indaba 2017.jpg フェリックス・ナーティ 英語版ウィキペディア ナーティーは彼の祖国であるガーナに関する内容を追加し、ウィキペディアを編集することの重要性を宣伝する上でのいくつかのイニシアチブをとった[10][11]。彼は2017年にガーナのアクラで開催された第2回ウィキインダバ英語版を主導し、アフリカにおける地域コミュニティ構築の重要な役割を果たした[12]
2018 Farkhad Fatkullin.jpg ファルハド・ファツクリン英語版 タタール語版ウィキペディア ファルハドは彼の母語であるタタール語のみならず、多くのロシアの少数言語コミュニティで世話役になった。彼は英語も堪能であり、長年孤立していたこれらのコミュニティとより広範な運動との橋渡しをした[13][14]
2019 Emna Mizouni-2.jpg エムナ・ミズーニ英語版 アラビア語版ウィキペディア エムナは2013年にNGOのCarthaginaに加入した[15]。彼女はその年にWiki Loves Monumentsに参加し、ウィキメディア・プロジェクトに投稿し始めた。第1回ウィキアラビア会議の開催やウィキマニア2018のプログラム委員長を務めるなど主要なウィキメディア会議の世話人を務めた。また、2016年にアフィリエーション委員に就任し2018年にはその副議長に選ばれた。

選外賞[編集]

受賞者 主に活動しているプロジェクト 特記事項
2015 Susanna at Google Opening Reception.jpg スザンナ・ムクルチアン英語版 アルメニア語版ウィキペディア 編集キャンペーンや青年キャンプなどのオフ・ウィキ活動によって[9]
Satdeep Gill at Wikimania 2016.jpg Satdeep Gill パンジャーブ語版ウィキペディア Gillは大学の同級生にウィキペディアの編集を促し、このことがパンジャーブ語版をしてインド言語のウィキペディアの中最も急速に成長せしめた。
2016 Ahvaz edit-a-thon by Mardetanha (380).JPG Mardetanha ペルシア語版ウィキペディア ペルシア語のウィキペディア・ライブラリー英語版を創設した[5]
Open Galm 2013 Sesja III Vassia 2.jpg Vassia Atanassova ブルガリア語版ウィキペディア ウィキペディアに100日間、1日1記事を新規作成するチャレンジ「#100wikidays」を創設。
2017
Diego Gómez
学術論文をオンライン共有したために著作権侵害で起訴されたコロンビアの学生。後に無罪となった[12]
2018 Nahid Sultan at Wikimania 2018 (05).jpg Nahid Sultan ベンガル語版ウィキペディア Nahidは、法律上資金調達がほぼ不可能であるなど困難な状況に置かれていたウィキメディア・バングラデシュ英語版の成功に貢献した。彼はまたスチュワードとOTRSメンバーとしてグローバルコミュニティーに奉仕し、ウィキメディア・コモンズのFacebookアカウントなどウィキメディア運動のソーシャルメディアアカウントを共同管理した[16]
Jess Wade - 2017 (cropped).jpg Jess Wade 英語版ウィキペディア ウィキペディア上で適切に評価されていない科学者やエンジニアに関する情報を掲載する1年間のプロジェクトを開始した[17][18]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Morris, Kevin (2013年4月26日). “Winners of Wikipedia's biggest award still haven't received prize money”. The Daily Dot. 2016年6月24日閲覧。
  2. ^ Orlowski, Andrew (2014年12月22日). “What's Jimmy Wales going to do with $500k from the UAE?”. The Register. 2016年6月24日閲覧。
  3. ^ Orlowski, Andrew (2014年12月22日). “What's Jimmy Wales going to do with $500k from the UAE?”. The Register. 2016年6月24日閲覧。
  4. ^ Erhart, Ed (2016年6月24日). “Jimmy Wales names Emily Temple-Wood and Rosie Stephenson-Goodknight as Wikipedians of the Year”. Wikimedia Foundation. 2016年6月24日閲覧。
  5. ^ a b Erhart (2016年6月24日). “Jimmy Wales names Emily Temple-Wood and Rosie Stephenson-Goodknight as Wikipedians of the Year”. Wikimedia Foundation. 2016年6月24日閲覧。
  6. ^ Ukraine Today (2014年9月14日). “Ukraine Today: Ihor Kostenko given posthumous annual award (VIDEO)”. Kyiv Post. 2016年6月24日閲覧。
  7. ^ Savchuk (2014年8月15日). “Ukrainian from the Heavenly Hundred becomes Wikipedian of the Year”. KyivPost. 2017年5月20日閲覧。
  8. ^ Kozlenko (2014年2月23日). “На Майдані загинув вікіпедист Ігор Костенко” (Ukrainian). Wikimedia Ukraine. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月20日閲覧。
  9. ^ a b Sutherland (2015年7月31日). “2015 Wikipedians of the Year unveiled in Mexico”. Wikimedia Blog. Wikimedia Foundation. 2016年6月24日閲覧。
  10. ^ Mizrahi (2017年1月11日). “Writing Ghana into Wikipedia: Felix Nartey”. Wikimedia Blog. Wikimedia Foundation. 2017年8月15日閲覧。
  11. ^ Elsharbaty (2017年1月16日). “Felix Nartey named Wikimedian of the Year for 2017”. Wikimedia Blog. Wikimedia Foundation. 2017年8月18日閲覧。
  12. ^ a b Wikimania 2017 Closing Ceremony. (2017年8月13日). https://www.youtube.com/watch?v=DHQqUjESjSA 
  13. ^ Wikimania 2018 Closing Session. (2018年7月22日). https://www.youtube.com/watch?v=Jys_0QVqtPw&t=45m51s 
  14. ^ “Kazan resident bestowed honorable title Wikimedian of the Year”. russkiymir.ru. (2018年7月24日). https://russkiymir.ru/en/news/244103/ 
  15. ^ Meet Emna Mizouni, the newly minted 2019 Wikimedian of the Year”. Wikimedia Foundation (2019年8月18日). 2019年8月18日閲覧。
  16. ^ Wikimania 2018 Closing Session (English). 22 July 2018.
  17. ^ Elsharbaty, Samir (2018年7月26日). “Farkhad Fatkullin named Wikimedian of the Year for 2018” (英語). Wikimedia Blog. 2018年7月28日閲覧。
  18. ^ “A Physicist Is Writing a Wikipedia Entry Every Single Day to Promote Women in Science” (英語). ScienceAlert. (2018年7月26日). https://www.sciencealert.com/a-female-physicist-is-using-wikipedia-to-make-science-more-inclusive 

外部リンク[編集]