アート+フェミニズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アート+フェミニズム
ArtAndFeminism logo with wordmark.svg
状況 進行中
頻度 毎年
会場所在地 17ヶ国70箇所 (2015)
経年 7
初回開催 2014年2月1日 (2014-02-01)
最終開催 2020年3月 (2020-03)
来場者数 1,300 (2015)
主催 シャーン・エヴァンズ英語版
ジャクリーン・マビー
マイケル・マンディバーグ英語版
ローレル・タック英語版
ウェブサイト
https://www.artandfeminism.org

アート+フェミニズム(英語: Art+Feminism)は毎年恒例のイベントとして、世界中でウィキペディア女性芸術家関連の内容を追加していくエディタソンである。同名の利用者グループを2016年に発足した。このプロジェクトはシャーン・エヴァンズ英語版、ジャクリーン・マビー、マイケル・マンディバーグ英語版ローレル・タック英語版により創設された[1]。「記事内容も執筆者も非常に男性に偏っているウィキペディアにおける根強いバイアスを是正するための、国を越えた大きな努力」だと評されている[2]

2014年にアート+フェミニズムの立ち上げキャンペーンが行われ、30のイベントで600人のボランティアが参加した[1][2]。翌年は4大陸17ヶ国で1300人のボランティアが参加した[1]。2016年にウィキメディア財団の利用者グループに承認されて以降、1年更新で年次予算の配分を受けている。実際のイベントは現地の有志が主催する方式を継続、2020年現在、活動代表をカナダと西アフリカに展開、また各地のイベントを主催者はカイロコートジボワールサンパウロ台湾チャンディーガルニューヨークバーゼルフラッグスタッフポートランドロサンゼルスを本拠地として登録している[3][注釈 1]

沿革[編集]

アート+フェミニズムはArtstor英語版司書シャーン・エヴァンズが北米芸術図書館協会英語版のために、女性と芸術に関するプロジェクトを計画したことをきっかけに始まった[5]。エヴァンズは同僚のキュレーターであるジャクリーン・マビーに相談したが、マビーはウィキペディア寄稿者たちが組織したエイダ・ラブレスを記念するエディタソン運営に感銘を受けていた[5]。マビーはニューヨーク市立大学で授業にウィキペディアを取り入れるマイケル・マンディバーグ教授に声をかけるとマンディバーグから芸術とテクノロジーに関する非営利団体アイビーム英語版のフェローであるローレル・タックに紹介される。こうしてタックがイベント開催を手伝うことになると[5]、地元のウィキペディアンメトロポリタンニューヨーク図書館協議会英語版嘱託研究員(当時)だったドロシー・ハワード、公認利用者グループウィキメディア・ニューヨーク・シティを介してローカル支部代表のリチャード・ニッペルを招聘し[5]、エディタソンの主催者要件である3名が揃う。

アート・アンド・フェミニズムのプロジェクトが創設された理由のひとつは、ウィキペディアのカタログシステムに関してメディアが行った否定的な報道に応えるためだった[注釈 2]。このプロジェクトは、ウィキペディアにおける内容の偏りを是正し、女性の寄稿者を増やすために続けられている[8][9]。2018年にエディタソン「100women」を主催したBBCの分析では、ウィキペディアにおける特筆性のある人物記事のうち女性は17%程度だけで、ウィキペディアにおいて編集活動をする利用者のうち女性は15%くらいしかいない[10]

ウィキメディア財団の利用者グループとして2020年にキラ・ウィズニュースキ理事長を選任[11]、理事に共同創設者M・マンディバーグほかシータル・プラジャパティ(Sheetal Prajapati)スクール・オブ・ビジュアル・アーツ教授[12]、同学講師で美術展キュレーター、アイビーム理事のロドリック・「ロディー」・シュロック[13][14]が就任する。

2020年3月に予定されたエディタソンは新型コロナウイルス感染症拡大予防のため対面型の企画は中止もしくは延期、 Zoom ビデオ会議 アプリを利用し[15]オンライン開催に振り替えた[注釈 3]

イベント[編集]

アメリカ合衆国外では、2015年のイベントはオーストラリアカナダカンボジアインドニュージーランドスコットランドで報道された[16][17][18][19][20]。アメリカ合衆国内では主要開催地であるニューヨークの他、カリフォルニア州カンザス州ペンシルベニア州テキサス州ウェストヴァージニア州でも報道された[21][22][23][24][25][26][27]

日本語版[編集]

ウィキペディア日本語版では、2016年に京都のベクソン・アーツで初めて実施された[28]。2018年には東京のテンプル大学ジャパンキャンパス(国際女性デーである3月8日)と京都のベクソン・アーツ(3月10日)で実施された[29][30][31]。2019年は東アジア文化都市2019豊島の一環としてベクソン・アーツが3月9日に東池袋第四会議室にて実施した[32][33]

受容[編集]

編集イベントで参加者が寄稿した内容については、ウィキペディア上でトラッキングが行われている[34]

2014年11月、『フォーリン・ポリシー』誌はエヴァンズ、マビー、マンディバーグ、ニッペル、ハワード、タックをウィキペディアにおけるジェンダーバイアスに対応しようとする「グローバルな思索者たち」だと評した[35]

出典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2020年開催は全世界のイベント1260件に1万8千人超が参加し、改訂もしくは新規立項した記事はおよそ8万4千件であった[4]
  2. ^ ウィキペディアの性別格差に対する雑誌『Wired』の批判[6]はニューヨーク・タイムズ紙日曜版の論説欄[7]を引用している。
  3. ^ ウィキメディア・ドイツ協会、Tempelhofer Ufer、サンチアゴ・デ・カリ大学、ニューヨーク近代美術館の協賛事業ほか、世界各地でエディタソンを催す予定であった[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c Art+Feminism’s 2015 Wikipedia Edit-a-thon Adds 334 Articles on Female Artists”. ARTnews (2015年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  2. ^ a b 101 Women Artists Who Got Wikipedia Pages This Week”. ARTnews. 2016年3月11日閲覧。
  3. ^ a b Art+Feminism Event Spotlight” (英語). 2020年5月16日閲覧。
  4. ^ Chernick, Karen (2020年8月9日). “National Museum of Women in the Arts to Host Wiki Edit-a-thon Focused on Women of Color [国立女性博物館にてウィキのエディタソンを開催、主題は非白人の女性”]. ニューヨーク・オブザーバー. https://observer.com/2020/08/wikipedia-edit-a-thon-virtual-national-museum-of-women-in-the-arts/ 2020年8月11日閲覧。 
  5. ^ a b c d Mass Wikipedia Edit To Make The Internet Less Sexist”. magazine.good.is. 2018年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月28日閲覧。
  6. ^ Lapowsky, Issie (2015年3月5日). “Meet the Editors Fighting Racism and Sexism on Wikipedia”. Wired. 2015年10月17日閲覧。
  7. ^ Filipacchi, Amanda (2013年4月24日). “Wikipedia’s Sexism Toward Female Novelists”. The New York Times (New York: New York Times Company). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2013/04/28/opinion/sunday/wikipedias-sexism-toward-female-novelists.html 2015年10月17日閲覧。 
  8. ^ McGurran, Brianna (2015年2月18日). “MoMA to Host Wikipedia Edit-a-Thon to Tackle Gender Imbalance”. The New York Observer. 2015年10月18日閲覧。
  9. ^ Krasny, Michael (2015年3月13日). “Wikipedia's Gender and Race Gaps: Forum”. Forum. KQED-FM. 2015年10月18日閲覧。
  10. ^ As it happened: Wikipedia edit-a-thon”. BBC.com. 2018年2月18日閲覧。
  11. ^ Awesome Baltimore” (英語). Awsome Foundation. 2020年5月16日閲覧。
  12. ^ Sheetal Prajapati, Director of public engagement, Pioneer Works, MFA Fine Arts” (英語). School of Visual Arts. 2020年5月16日閲覧。
  13. ^ Jake Nevins (2017年6月29日). “Chelsea Manning to show exhibit of self-portraits constructed from DNA” (英語). The Guardian. 20190414時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  14. ^ Roddy Schrock, Director, Eyebeam, MA Curatorial Practice” (英語). School of Visual Arts. 2020年5月16日閲覧。
  15. ^ Landry, Katelyn (2020年5月14日). “Can a Virtual Edit-a-Thon make Wikipedia More Inclusive?” (英語). Houstonia Magazine. 2020年7月17日閲覧。
  16. ^ Ford, Clementine (2015年3月6日). “Where are all the Australian feminist writers on Wiki?”. dailylife.com.au. 2016年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月17日閲覧。
  17. ^ Botelho-Urbanski, Jessica (2015年3月9日). “Celebrating women's success? There's a wiki for that”. Winnipeg Free Press. 2015年10月17日閲覧。
  18. ^ Murray, Bennett (2015年3月7日). “Wiki activists help to write Cambodian women’s history, Post Weekend, Phnom Penh Post”. The Phnom Penh Post. 2015年10月17日閲覧。
  19. ^ Shruthi, H M (2015年3月7日). “Edit-a-thon for women to bridge Wikimedia gender gap”. Deccan Herald. 2015年10月17日閲覧。
  20. ^ O'Neil, Andrea (2015年3月6日). “Blessed are the 'geeks' shaping history | Stuff.co.nz”. stuff.co.nz. 2015年10月17日閲覧。
  21. ^ Schuessler, Jennifer (2015年3月6日). “MoMA to Host Wikipedia Editing Marathon, to Improve Coverage of Women in the Arts”. The New York Times. 2015年10月17日閲覧。
  22. ^ Bos, Sascha (2015年3月4日). “East Bay Schools to Host Art and Feminism Wikipedia Edit-A-Thons”. eastbayexpress.com. 2015年10月17日閲覧。
  23. ^ Morlan, Kinsee (2015年3月2日). “Wikipedia’s women problem”. sdcitybeat.com. 2015年10月18日閲覧。
  24. ^ Rodriguez, Lisa (2015年3月27日). “Kansas City Edit-A-Thon Aims To Close Gender Gap On Wikipedia”. kcur.org. 2015年10月18日閲覧。
  25. ^ Marshall, Amy Milgrub (2015年2月23日). “College of Arts and Architecture to host ‘Edit-a-Thon’ to improve Wikipedia Cove”. news.psu.edu. 2015年10月17日閲覧。
  26. ^ Kallus, Megan (2015年3月4日). “UT School of Information to host feminist Wikipedia Edit-a-thon”. The Daily Texan. 2015年10月17日閲覧。
  27. ^ Board, Glynis (2015年3月3日). “Wiki Gender Gap to Be Discussed in Morgantown | West Virginia Public Broadcasting”. wvpublic.org. 2015年10月18日閲覧。
  28. ^ 3月5日:2016 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon”. ベクソン・アーツ. 2018年2月18日閲覧。
  29. ^ 2018 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon”. ベクソン・アーツ. 2018年2月18日閲覧。
  30. ^ TUJ ArtAndFeminism 2018”. 2018年2月18日閲覧。
  31. ^ ウィキペディア編集で考える「アート」と「フェミニズム」。東京と京都でイベント開催”. 美術手帖 (2018年3月1日). 2018年3月4日閲覧。
  32. ^ 東アジア文化都市 2019 豊島”. 東アジア文化都市2019豊島実行委員会事務局. 2019年3月10日閲覧。
  33. ^ 3月9日:2019 Art+Feminism Wikipedia Edit-a-thon”. ベクソン・アーツ. 2019年3月10日閲覧。
  34. ^ Ghorashi, Hannah (2015年3月10日). “Art+Feminism’s 2015 Wikipedia Edit-a-thon Adds 334 Articles on Female Artists”. ARTnews. 2015年10月18日閲覧。
  35. ^ staff (2014年11月). “A World Disrupted: The Leading Global Thinkers of 2014 | Siân Evans, Jacqueline Mabey, Michael Mandiberg, Richard Knipel, Dorothy Howard, Laurel Ptak”. Foreign Policy. 2015年10月17日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]