ウィキペディアン・イン・レジデンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウィキペディアン・イン・レジデンスとコミュニティの関係。この図表では利害関係を表していて、基本的なウィキペディアン・イン・レジデンスにおいて各関係者がどのようにやりとりをしているかが分かる。

ウィキペディアン・イン・レジデンスウィキメディアン・イン・レジデンス英語: Wikipedian in residence, Wikimedian in residence, WiR)または招聘ウィキペディアン(しょうへいウィキペディアン)とは、美術館、図書館、公文書館、博物館(いわゆるGLAM)や高等教育機関(大学など)に招聘され駐在するウィキペディア編集者で、

  • 機関の使命(ミッション)に関連するウィキペディア項目の編集を手助けし、
  • 機関がオープンライセンス下で資料を公開することを促進・補助し、
  • 機関とウィキメディアコミュニティの関係構築を促進する。

GLAMと一般市民によるウィキペディア関連アウトリーチイベントの調整もほとんどの場合は支援する。

ウィキペディアン・イン・レジデンスを受け入れている機関には、大英博物館大英図書館アメリカ国立労働安全衛生研究所ノルウェー国立図書館ノルウェー語版スイス連邦公文書館フランス語版ドイツ語版、といった大手機関から、イギリスのダービー博物館・美術館ウォルソール・ニュー・アート・ギャラリー英語版のような小規模の機関もある。フランスのヴェルサイユ宮殿、スペインのピカソ美術館、アメリカ合衆国のスミソニアン博物館ジェラルド・R・フォード大統領図書館英語版アメリカ国立公文書記録管理局(米国国立公文書館)も受け入れている。

歴史[編集]

初めてウィキペディアン・イン・レジデンスになったのはオーストラリア人のリアム・ワイアットで2010年に5週間の期間で大英博物館でのボランティア活動という形で携わった[1][2]。リアムは常に最新で正確な情報を提供できるようにウィキペディアと博物館の関係を強化する必要があるとし[3]、「我々は同じことを同じ理由と人々とメディアで行っている」と述べた。インディアナポリス子供博物館も2010年にウィキペディアンのロリ・フィリップスがGLAMイベントでボランティア活動を行った後に参加するようになり[3]、2番目のウィキペディアン・イン・レジデンスになった。3番目のウィキペディアン・イン・レジデンスはブノワ・エヴェリンで、ヴェルサイユ宮殿で6ヶ月間行っている[4]。スペイン、バルセロナのピカソ美術館やイギリスのダービー博物館・美術館でも早期に実施された[5][6]

2010年、スミソニアン博物館もウィキペディアン・イン・レジデンスの招聘に興味を示し、同年7月にサラ・スティアーチが参加した[7][8][9][10]

翌年、米国国立公文書館もシモンズ・カレッジ英語版の学生で歴史とアーカイブ管理の修士を目指しているドミニク・マクデヴィット=パークスを招聘、マクデヴィット=パークスは新館で活動した[11][12]。マクデヴィット=パークスは2004年からウィキペディアの編集を行っていて、国立公文書館長官デヴィッド・フェリエロ英語版によりウィキペディアン・イン・レジデンスとして雇用された[12][13]。2011年7月、ウィキメディアUK英語版はARKiveプロジェクトの一環として2003年から編集を行っているアンディ・マベットをブリストルにある野生動物慈善団体であるワイルドスクリーン英語版の「アウトリーチ・アンバサダー・イン・レジデンス」に任命した[14]。その後マベットはウォルソール・ニュー・アート・ギャラリーと言った他の団体でウィキペディアン・イン・レジデンスを務めている[15]

2013年1月、ジェラルド・R・フォード大統領図書館がウィキペディアン・イン・レジデンスを招聘した初めての大統領図書館として、ミシガン大学の修士であるマイケル・バレラを迎えた[16]

同年9月、アメリカ国立公文書記録管理局は団体で初めてウィキペディアン・イン・レジデンスを恒久的にフルタイム雇用することにし、マクデヴィット=パークスは局内のイノベーションオフィスに配属となった[17]

国立公文書ビル英語版で行われたWikiConference USA 2015で講演するドミニク・マクデヴィット=パークス

2014年3月、ハーバード大学は求人募集でホートン図書館英語版でウィキペディアン・イン・レジデンスとして活動する人を募った[18]

2014年10月、カナダのビクトリア大学の図書館は Christian Vandendorpe が2014/2015 年度のHonorary Resident Wikipedian-in-Residence に指名されたと発表した[19]

2016年までに100名以上のウィキペディアンがこの役目を果たしてきた[20] 。ウィキペディアン・イン・レジデンスのほとんどが招聘された機関かウィキメディア関連団体から報酬を受けている。

任務[編集]

他のスタッフや一般のメンバーへのアウトリーチを含む投稿の基本的任務だけでなく、記事への投稿を行う[21]。このようなアウトリーチ任務には講習会のお膳立ても含まれる[22][23]

ウィキペディアン・イン・レジデンスの基本的役割には、

  • 所属機関とウィキメディアコミュニティ、両組織のミッションをサポートするイベントや講習の補助を通じて橋渡しの役割を果たす。
  • 任務には講習会やエディタソンの企画や指導も含まれる[24][25]
  • ウィキペディアの方針、実践について職員や一般人に説明するーたとえば「利益相反行為」に関する方針についてなど。
  • その機関の題材や目的に関連する記事の編集も行うーたとえばその機関の所蔵物の中で特筆すべき事物の記事など[26]

報酬[編集]

ウィキペディアでは有償の寄稿は推奨されず、関係を公開しないままの擁護活動は禁止されているが、ウィキペディアン・イン・レジデンスは支援機関のための広報活動やマーケティングに対する厳格なガイドラインを遵守する限りにおいて、ウィキ上の活動に対して報酬を得ることを容認されている。

評価[編集]

ウィキペディアン・イン・レジデンスに関する広報は、外部から「ウィキメディアと姉妹プロジェクトが豊かになったりリソースや知識が世界中で共有されたりするのを支援する独特的な機会」として肯定的に報道されている場合がある[21]。しかし逆に別の広報は「ファッショナブルなギミックに税金が消える」と否定的に書かれ、「1日23時間オンラインで議論に明け暮れる欲望を持つこと」など型にはまった応募要件英語版が提唱されている[22]。2013年、スコットランド国立図書館英語版での短期フルタイム募集は「スコットランドの機関とウィキメディアUKとの初の大規模提携」と報じられた[23]。これに続き、2015年12月にはエジンバラ大学でウィキメディアン・イン・レジデンスが指名されている[27]

脚注[編集]

  1. ^ Cohen, Noam (5 June 2010), Venerable British Museum Enlists in the Wikipedia Revolution, New York Times, http://www.nytimes.com/2010/06/05/arts/design/05wiki.html 2013年1月27日閲覧。 
  2. ^ Cohen, Noam (19 March 2014), “Warming Up to the Culture of Wikipedia”, New York Times, http://www.nytimes.com/2014/03/20/arts/artsspecial/warming-up-to-the-culture-of-wikipedia.html 2014年3月24日閲覧。 
  3. ^ a b Museum Hires First Wikipedian-in-Residence, Indianapolis, Indiana: Insideindianabusiness.com, (19 August 2011), http://www.insideindianabusiness.com/newsitem.asp?ID=49490#middle 2013年1月27日閲覧。 
  4. ^ GLAM Château de Versailles Project page
  5. ^ GLAM Museu Picasso Project page
  6. ^ GLAM Derby Project page
  7. ^ Cohen, Noam (12 July 2010), Success may be Wikipedia’s biggest challenge, Gdansk, Poland: Boston Globe, http://www.boston.com/business/technology/articles/2010/07/12/success_may_be_wikipedias_biggest_challenge/ 2013年1月27日閲覧。 
  8. ^ Switzer, Cody (28 July 2011), Wikipedian-in-residence helps share Smithsonian archives, The Chronicle of Philanthropy, http://philanthropy.com/blogs/social-philanthropy/wikipedian-in-residence-helps-share-smithsonian-archives/28989 2013年1月27日閲覧。 
  9. ^ Shen, Aviva (4 April 2012), How many women does it take to change Wikipedia?, Smithsonianmag.com, http://blogs.smithsonianmag.com/aroundthemall/2012/04/how-many-women-does-it-take-to-change-wikipedia/ 2013年1月27日閲覧。 
  10. ^ Paul Gallagher (10 January 2014). “Wikipedia fires editor who enhanced entries for cash”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/gadgets-and-tech/news/wikipedia-fires-editor-who-enhanced-entries-for-cash-9052308.html. 
  11. ^ Julie Baughman (13 July 2011). “National Archives hires 'Wikipedian in residence'”. The Baltimore Sun. http://articles.baltimoresun.com/2011-07-13/news/bs-md-wikipedia-archives-20110621_1_national-archives-wikipedian-archives-information 2013年4月26日閲覧。. 
  12. ^ a b Lisa Rein (2 June 2011). “National Archives hires first 'Wikipedian'”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/federal-eye/post/national-archives-hires-first-wikipedian/2011/03/23/AG63MCHH_blog.html 2013年4月26日閲覧。. 
  13. ^ “National Archives appoints a 'Wikipedian'”. Tampa Bay Times. (3 June 2011). http://www.tampabay.com/incoming/national-archives-appoints-a-wikipedian/1173507 2013年4月26日閲覧。. 
  14. ^ Zaba, Christina (2011年9月16日). “Bristol 'Wikipedians' taught to edit online encylopaedia”. Bristol24-7. オリジナル2011年10月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111002195958/http://www.bristol247.com/2011/09/16/bristol-wikipedians-taught-to-edit-online-encylopaedia-26319/ 2014年6月13日閲覧。 
  15. ^ Brown, Julie (17 June 2013), The New Art Gallery Walsall, Museums Association, http://www.museumsassociation.org/museum-practice/wikipedia/17062013-the-new-art-gallery-walsall 2014年6月13日閲覧。 
  16. ^ Kaczmarczyk, Jeffrey (17 January 2013), President Gerald R. Ford Library and Museum appoints its first Wikipedian in residence, Grand Rapids, Michigan: Michigan Live LLC, http://www.mlive.com/news/index.ssf/2013/01/president_gerald_r_ford_librar.html 2013年1月27日閲覧。 
  17. ^ Breaking New Ground Again, National Archives and Records Administration, (19 September 2013), http://blogs.archives.gov/aotus/?p=5179 
  18. ^ Wikipedian in Residence - Outreach Wiki, https://outreach.wikimedia.org/wiki/Wikipedian_in_Residence 2014年8月18日閲覧。 
  19. ^ Honorary resident Wikipedian: Professor Christian Vandendorpe - Federation for the Humanities and Social Sciences”. 2016年12月28日閲覧。
  20. ^ Wikipedian in Residence - Outreach Wiki”. 2014年8月18日閲覧。
  21. ^ a b Woods, Steve (2013年4月18日). “National Library of Scotland seeks Wikipedian in residence”. Bristol Wireless. http://www.bristolwireless.net/2013/04/national-library-of-scotland-seeks-wikipedian-in-residence/ 2013年6月19日閲覧。 
  22. ^ a b Orlowski, Andrew (2012年2月16日). “British Library seeks taxpayer-funded Wikipedia-fiddler”. The Register. http://www.theregister.co.uk/2012/02/16/british_library_wikipedian/ 2013年6月19日閲覧。 
  23. ^ a b “National Library of Scotland recruits 'Wikipedian'”. BBC News. (2013年4月24日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-22264118 2013年6月19日閲覧。 
  24. ^ Orlowski, Andrew (2012年2月16日). “British Library seeks taxpayer-funded Wikipedia-fiddler”. The Register. http://www.theregister.co.uk/2012/02/16/british_library_wikipedian/ 2013年6月19日閲覧。 
  25. ^ “National Library of Scotland recruits 'Wikipedian'”. BBC News. (2013年4月24日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-scotland-22264118 2013年6月19日閲覧。 
  26. ^ Woods, Steve (2013年4月18日). “National Library of Scotland seeks Wikipedian in residence”. Bristol Wireless. http://www.bristolwireless.net/2013/04/national-library-of-scotland-seeks-wikipedian-in-residence/ 2013年6月19日閲覧。 
  27. ^ Ho, Amanda (2015年10月13日). “University of Edinburgh to employ ‘Wikimedian in Residence’ web editor”. 2016年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]