アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ(英題)
J'accuse
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロバート・ハリス
ロマン・ポランスキー
原作 ロバート・ハリス
An Officer and a Spy
製作 イーラン・ゴールドマンフランス語版
出演者 ジャン・デュジャルダン
ルイ・ガレル
エマニュエル・セニエ
グレゴリー・ガドゥボワ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 エルヴェ・ド・リューズ
製作会社 ゴーモン
フランス2シネマ
フランス3シネマ
ライ・チネマ
Canal+
配給 フランスの旗 ゴーモン
イタリアの旗 01 Distribution
日本の旗 ロングライド
公開 フランスの旗 2019年11月13日
イタリアの旗 2019年11月19日
日本の旗 2020年
上映時間 126分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
製作費 €22,000,000[1]
興行収入 フランスの旗 $11,922,188[2]
世界の旗 $17,186,237[2]
テンプレートを表示

アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ(英題)』(原題:J'accuse)は、2019年フランスイタリア歴史映画。 監督はロマン・ポランスキー、出演はジャン・デュジャルダンルイ・ガレルなど。 19世紀末にフランスで起きた冤罪事件ドレフュス事件を基にしたロバート・ハリスの2013年の小説『An Officer and a Spy』を原作としている。

第76回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門銀獅子・審査員大賞受賞[3][4]

ストーリー[編集]

ドレフュス事件の際、軍の中で対敵情報活動を指揮するジョルジュ・ピカールフランス語版大佐が、様々な障壁に抗いながら真実を追い求める姿を描く。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、29件の評論のうち、76%にあたる22件が高く評価しており、平均して10点満点中6.78点を得ている[5]Metacriticによれば、9件の評論のうち、高評価は2件、賛否混在は7件、低評価はなく、平均して100点満点中56点を得ている[6]AlloCinéによれば、フランスのメディアによる38件の評価の平均は5点満点中4.0点である[7]

出典[編集]

  1. ^ ‘An Officer and a Spy’ Leads French Box Office Despite Roman Polanski Controversy”. Variety (2019年11月18日). 2020年1月29日閲覧。
  2. ^ a b An Officer and Spy”. Box Office Mojo. 2020年1月29日閲覧。
  3. ^ Anderson, Ariston. “Venice: Todd Phillips' 'Joker' Wins Golden Lion, Roman Polanski Wins Silver Lion”. The Hollywood Reporter. 2019年9月8日閲覧。
  4. ^ “金獅子賞は『ジョーカー』!ベネチア映画祭:第76回ベネチア国際映画祭”. シネマトゥデイ. (2019年9月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0111063 2020年2月5日閲覧。 
  5. ^ An Officer and a Spy (J'accuse) (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年6月8日閲覧。
  6. ^ An Officer and a Spy Reviews” (英語). Metacritic. 2020年6月8日閲覧。
  7. ^ Critiques Presse pour le film J'accuse” (フランス語). AlloCiné. 2020年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]