ドレフュス事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドレフュス事件の裁判

ドレフュス事件(ドレフュスじけん、: Affaire Dreyfus)とは、1894年フランスで起きた、当時フランス陸軍参謀本部勤務の大尉であったユダヤ人アルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕された冤罪事件である。

背景[編集]

普仏戦争に敗れたフランスは、急速に国力を回復しつつあった。50億フランに及んだ戦争賠償金は期限前に完済、1880年代には余剰資金を外国や植民地に投資し、資本輸出国の一員となっていった。戦争中に成立した第三共和政は共和派左翼を中心に進められていたが、しばしば右派による揺り戻しを経験した。1886年から1889年にかけて起こったブーランジェ将軍事件はその一つである[1]

概要[編集]

ドレフュス大尉の不名誉な除隊を描いた挿絵(官位剥奪式で剣を折られるドレフュス=中央左)

1894年夏、フランス陸軍省は陸軍機密文書の名が列挙された手紙を入手した。手紙はドイツ陸軍武官宛てで、フランス陸軍内部に情報漏洩者がいるのではないかと懸念された。筆跡が似ていたことから、ユダヤ人砲兵大尉アルフレド・ドレフュスが逮捕された[2]。しかし、具体的な証拠どころか、ドレフュスが金銭問題を抱えている、もしくは急に金回りが良くなったなどといった状況証拠すら欠いていたため、スパイ事件及びドレフュス逮捕の事実はすぐには公表されなかった。

ところが、この件が反ユダヤ主義の新聞に暴露されたことから、対処を余儀なくされた軍は、12月22日に終身禁固刑を言い渡した。1895年3月、ドレフュスはフランス領ギアナ沖の離島、ディアブル島に送られた[3]

1896年、フランス陸軍情報部は、情報漏洩者がフランス陸軍の少佐、フェルディナン・ヴァルザン・エステルアジであることが突き止めた。軍上層部はそれ以上の調査を禁じたが、このことがドレフュスの兄の耳に入り、兄はエステルアジを告発する手紙を陸軍大臣宛てに書いた[4]。しかしフランス陸軍大臣のシャルル・シャノワーヌは再審に反対していた[5]。国家主義、反ユダヤ主義の世論にも影響され、エステルアジは軍法会議にかけられたものの、無罪となった[6]。エステルアジはイギリスに逃亡し、そこで平穏な生涯を終えた。

エミール・ゾラ
ドレフュス事件をめぐって二分する世論を風刺した漫画。上のコマには「Surtout! ne parlons pas de l'affaire Dreyfus!」(特に!ドレフュス事件については議論しないように!)、下のコマには「…ils en ont parlé…」(議論してしまったようだ…)とキャプションされている。カラン・ダッシュ

無罪決定の2日後、1898年1月13日付の新聞に、作家エミール・ゾラは『私は告発する』と題する公開状を発表した。フェリックス・フォール大統領に宛てたこの公開状で、ゾラは軍の不正を糾弾した。発表後はユダヤ人迫害事件の一方で、ドレフュスの再審を求める動きも活発になった[7]

再審派と反対派の議論はもつれたが、1899年、大統領が反対派のフォールからエミール・ルーベに交代したことから進展を見せた。ルーベは特赦を出してドレフュスを釈放した。ドレフュスはその後も無罪を主張し、1906年に無罪判決を受けた[8]

偽証と軍事機密[編集]

ドレフュスが無罪である可能性が高まり、有罪の根拠とされた証拠の信頼性についての疑問が取り沙汰されはじめると、軍部は、「国家の安危に関わる軍事機密情報」が含まれているとして、ドレフュス有罪の根拠とされる証拠類の開示を拒んだ。

しかし、ブリッソン元首相によって、「当時首相として証拠を詳しく確認したが軍部の主張するような機密情報などはどこにも含まれていなかったはず」との声明が出され、軍部の上記主張は根拠薄弱なものとなった。元首相に開示された証拠には、ドレフュス有罪の根拠となり得るものは一切含まれていなかった。そこには、そもそも機密情報というべきものすら存在せず、含まれている内容も甚だ信頼度が低いものばかりであった。

このように、軍事機密との主張が、実際には真実を隠蔽する口実に過ぎないことが明らかとなった。そればかりか、証拠の改竄や偽造まで行って軍部が冤罪を作り出していた疑いが発覚するといった思わぬ余波も生じた。自ら作り出した冤罪の不利な証拠を隠蔽するために、軍事機密との主張を濫用して権威の維持を画策した軍部は、その権威を大いに失墜させた。

後世への影響[編集]

この事件を新聞記者として取材していたテオドール・ヘルツルは、社会のユダヤ人に対する差別・偏見を目の当たりにしたことから、ユダヤ人国家建設を目的とするシオニズムを提唱、この思想及びそれに基づく諸運動が後のイスラエル建国へと繋がっていくこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ 中山 1975, pp. 84-89.
  2. ^ 中山 1975, p. 89.
  3. ^ 中山 1975, pp. 89-90.
  4. ^ 中山 1975, pp. 90-91.
  5. ^ リチャード・シムズ『幕末・明治日仏関係史 -1854~1895年-』2010年、ミネルヴァ書房、p123
  6. ^ 中山 1975, p. 91.
  7. ^ 中山 1975, pp. 91-92.
  8. ^ 中山 1975, pp. 92-93.

関連項目[編集]

第10回アカデミー賞作品賞助演男優賞ジョセフ・シルドクラウト)・脚色賞を受賞。

参考文献[編集]

  • 大仏次郎「ドレフュス事件」(1930)のち朝日選書など - 昭和初期に事件を日本に紹介した。
  • ドレーフュス事件 ピエール・ミケル 渡辺一民訳. 白水社, 1960. 文庫クセジュ
  • ドレーフュス事件 政治体験から文学創造への道程 渡辺一民 筑摩書房, 1972.
  • われらの青春 ドレフュス事件を生きたひとびと シャルル・ペギー 磯見辰典訳. 中央出版社, 1976.
  • ドレフュス獄中記 わが生涯の五カ年 アルフレッド・ドレフュス 竹村猛訳. 中央大学出版部, 1979.11.
  • ドレフュス事件とゾラ 抵抗のジャーナリズム 稲葉三千男 青木書店, 1979.2.
  • 国家主義とドレフュス事件 モーリス・バレス 稲葉三千男 訳. 創風社, 1994.6.
  • ドレフュス革命 ジョルジュ・ソレル 稲葉三千男訳. 創風社, 1995.8.
  • ソレルのドレフュス事件 危険の思想家、民主主義の危険 川上源太郎 1996.5. 中公新書
  • ドレフュス事件とエミール・ゾラ 1897年 稲葉三千男 創風社, 1996.11.
  • ドレフュス家の一世紀 平野新介 1997.8. 朝日選書
  • ドレフュス事件の思い出 レオン・ブルム 稲葉三千男訳. 創風社, 1998.4.
  • ドレフュス事件のなかの科学 菅野賢治 青土社, 2002.11.
  • フランス政治危機の100年-パリ・コミューンから1968年5月までミシェル・ヴィノック大嶋厚訳、吉田書店2018.10(第4章「ドレフュス事件」を参照)
  • 鈴木重周「19世紀末フランスにおける反ユダヤ主義の拡散とジャーナリズム」『ユダヤ・イスラエル研究』第28巻0、日本ユダヤ学会、2014年、 12-23頁、 NAID 130005568052
  • レオン・ポリアコフ『反ユダヤ主義の歴史 第4巻 自殺に向かうヨーロッパ』菅野賢治、小幡谷友二 、 宮崎海子、合田 正人、高橋博美、筑摩書房、2006年7月。ISBN 978-4480861245
  • 『世界の歴史 13 帝国主義の時代』中山治一、中央公論社〈中公文庫〉、1975年。ISBN 4-12-200218-4