アムルビシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アムルビシン
Amrubicin.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 IV
識別
CAS番号
110267-81-7 × 110311-30-3(塩酸塩)
ATCコード L01DB10 (WHO)
PubChem CID: 178149
ChemSpider 2299344 チェック
UNII 93N13LB4Z2 チェック
KEGG D08854  チェック
ChEMBL CHEMBL1186894 ×
化学的データ
化学式 C25H25NO9
分子量 483.46 g/mol
テンプレートを表示

アムルビシン(Amrubicin、開発コードSM-5887)は、肺癌の治療に用いられるアントラサイクリン抗悪性腫瘍剤の一つである[1]。アムルビシンは全合成された最初のアントラサイクリンであり、1989年に日本から報告された[2]。商品名カルセド

効能・効果[編集]

非小細胞肺癌、小細胞肺癌。

膀胱癌[3]や胃癌[4]への応用も検討されていた。

副作用[編集]

重大な副作用に挙げられているものは、

  • 骨髄抑制(汎血球減少(頻度不明)、白血球減少(90%以上)、好中球減少(発熱性好中球減少症を含む)(90%以上)、貧血(80%以上)、血小板減少(40%以上)等)、
  • 間質性肺炎(0.1〜5%未満)、
  • 胃・十二指腸潰瘍(吐血(0.1〜5%未満)、下血、穿孔)

である[5]。その他5%以上に

  • 心電図異常(T波平低化、QT延長心房細動、心室性期外収縮、上室性期外収縮、ST低下等)、
  • ALT(GPT)上昇(20%以上)、AST(GOT)上昇(10%以上)、LDH上昇(10%以上)、ALP上昇、総ビリルビン上昇、
  • 食欲不振(60%以上)、悪心・嘔吐(50%以上)、口内炎(10%以上)、下痢(10%以上)、
  • 脱毛(70%以上)、発熱(20%以上)、白血球分画異常(30%以上)、血清総蛋白低下(20%以上)、血沈亢進(20%以上)、血清アルブミン低下(10%以上)、A/G比異常(10%以上)、電解質異常(Na、K、Cl、Ca)、尿潜血

が発生する。

作用機序[編集]

本剤およびその代謝物によるDNA切断作用、ラジカル産生により抗悪性腫瘍効果を表す。トポイソメラーゼII阻害効果を持つ。トポイソメラーゼI阻害効果を持つトポテカン英語版と比較されている[6][7]

出典[編集]

  1. ^ “[New anthracycline analogues in the treatment of lung cancer]” (Japanese). Gan To Kagaku Ryoho 19 (13): 2146–9. (November 1992). PMID 1332624. 
  2. ^ Hanada M. Amrubicin, Chapter 6 in Case Studies in Modern Drug Discovery and Development. Eds. Huang X and Aslanian RG. John Wiley & Sons, 2012 ISBN 9780470601815 P 106
  3. ^ “[Experimental studies on intravesical instillation of SM-5887, a novel anthracycline derivative for treatment of bladder carcinoma]” (Japanese). Gan To Kagaku Ryoho 23 (5): 601–6. (April 1996). PMID 8678519. 
  4. ^ “[A phase II study of SM-5887 for advanced gastric cancer]” (Japanese). Gan To Kagaku Ryoho 18 (7): 1151–4. (June 1991). PMID 1647150. 
  5. ^ カルセド注射用20mg/カルセド注射用50mg 添付文書” (2014年8月). 2016年6月5日閲覧。
  6. ^ Celgene Corporation (2008年). “Amrubicin(R) Receives FDA Orphan Drug Designation for the Treatment of Small Cell Lung Cancer”. 2009年7月10日閲覧。
  7. ^ Medical News Today (2007年). “Pharmion's Amrubicin Shows Encouraging Results Compared To Standard Of Care In Second Line Treatment Of Small Cell Lung Cancer”. 2009年7月10日閲覧。