ダウノルビシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Daunorubicin2DACS.svg
Daunorubicin ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Cerubidine, others
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682289
胎児危険度分類
法的規制
投与方法 Exclusively intravenous. Causes severe necrosis if administered intramuscularly or subcutaneously
薬物動態データ
代謝 Liver
半減期 26.7 hours (metabolite)
排泄 Biliary and urinary
識別
CAS番号
20830-81-3 チェック
ATCコード L01DB02 (WHO)
PubChem CID: 30323
IUPHAR/BPS 7063
DrugBank DB00694 チェック
ChemSpider 28163 チェック
UNII ZS7284E0ZP チェック
KEGG C01907  チェック
ChEBI CHEBI:41977 チェック
ChEMBL CHEMBL178 チェック
化学的データ
化学式 C27H29NO10
分子量 527.52 g/mol
563.99 g/mol (HCl salt)

ダウノルビシン(daunorubicin)はダウノマイシン(daunomycin)とも呼ばれる、がんの治療に化学療法薬として用いられる薬剤である[1]。具体的には急性骨髄性白血病(AML)、急性リンパ性白血病(ALL)、慢性骨髄性白血病(CML)、カポジ肉腫の治療に用いられる[1]。投与法は静脈注射である[1]リポソーム化製剤であるリポソームダウノルビシン(liposome daunorubicin)も存在する[1]

主な副作用は、脱毛、嘔吐、 骨髄抑制、口内の炎症などである[1]。その他の重度の副作用には心血管疾患、投与患部の壊死 などがあげられる[1]妊娠中のヒトへの投与は胎児に害を与えるそれがある[1]。ダウノルビシンは、アントラサイクリンに属する薬剤である[2]。作用機序はII型トポイソメラーゼの働きを阻害することで効果がある[1]

ダウノルビシンが米国で薬剤として承認されたのは1979年である[1]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度に必要とされる医薬品である[3]開発途上国での卸売価格は20mgのバイアル1本につき約$5.79~$37.18米ドルである[4]。英国の国民保健サービスにかかる費用は20mgバイアル1本につき約£55.00ポンドである[2]。もとはストレプトマイセス属から分離した細菌である[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i daunorubicin hydrochloride”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2017年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  2. ^ a b British national formulary : BNF 69 (69 ed.). British Medical Association. (2015). pp. 581–583. ISBN 9780857111562. 
  3. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  4. ^ Daunorubicin”. International Drug Price Indicator Guide. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ Lin, Guo-Qiang; You, Qi-Dong; Cheng, Jie-Fei (2011) (英語). Chiral Drugs: Chemistry and Biological Action. John Wiley & Sons. p. 120. ISBN 9781118075630. オリジナルの2016-12-21時点によるアーカイブ。. https://books.google.ca/books?id=Zgx13oMZaYUC&pg=PA120.